作成者別アーカイブ: 気診で元気

環境に配慮した消費に関する勉強会

9月28日(木)14時~16時半(13時半開場)

場所は衆議院第一議員会館

東京大学名誉教授の山本良一先生のご講演があります。

「地球生命の運命は私たちの手中にあり」

 

その後のリレートークでは私も「環境と健康」ということで東洋医学のお話をさせて頂く予定です。

環境というと自分には関係ないかもと思う方も多いかもしれませんが、自然環境が自分の健康に影響があるとなれば少しは興味がわくことと思います。

環境を環境だけの問題にせずに、多くの方が自分のこととして捉えるようになれば、意識が変わるのではないでしょうか?

今年の夏も異常気象でした。

また9月が始まったばかりというのに、気温が低くなっています。

 

今回の会で何をどうしたらよいのか、考えるきっかけにしませんか?

 

会費:3000円

チケットは銀座漢方 天クリニック 小倉まで。

 

こんなにすごいお部屋でお話致します。

 

 

 

“場”

以前どこかに書いたのですが、私は3つのことをすると言われたことがあります。

私もその自覚があるのですが。

 

ひとつは、気診を伝えること

ふたつめは、気を医療に入れること

三つめはおそらく“場”を作ることだろうと考えています。

すでに最初のふたつはスタートしています。

 

皆さんはどんな場があったら嬉しいですか?

そこにいたら元気になる所

元気になる本当の情報を教えてくれる所

一人ではできないけど、チームになればできるかもしれないことが実現する場

今困っている人を応援できる場

・・・・・・

今回の山形米沢行きは、某所を活用しませんか~?というお話でした。

あくまでもまだお話。

一番難しいのは、どうやって運営していくかなんですね。

あとはお仲間ですね。

同じ方向性の志を持ち、自分のことだけじゃなくてまわりのことも考えられる方々と一緒ならできるかな??

現在色々な可能性と発想を無い所からひねり出しています(笑)

 

さあ~どうなるでしょうか??

 

小町川温泉

 

 

上杉神社

 

米沢駅

 

 

 

場のエネルギー

伊豆長岡での合宿を終えて東京に向かう途中、少し時間があったので三島で途中下車しました。

新幹線側の方で降りたら何もなかったのですが・・・。

伊豆半島ジオパークの案内看板がありました。

 

2000~1000万年前、伊豆半島は何もなく深い海での火山活動で小さな島ができていき、200~

100万年前本州への衝突が始まり、60万年前半島の原型ができ、60~20万年前ほぼ現在の伊豆半島になったとのことです。

温泉はたくさん出ているし、場のよいところも多いし、こういう経緯があったのだなと改めて思いました。

実は場のエネルギーは大事で、どのような環境にいらっしゃるかも自然治癒力に大きく影響します。

環境はもちろん自然の影響、そして住んでいる方々の意識、まわりの影響など様々なことで作られます。

エネルギーのよい場所で、心穏やかな意識を保ち、まわりの方々とよい関係を築いていくこともとても大切です。

 

場のエネルギーがよいかどうかの判断は、身体の感覚に意識を持っていきましょう。

 

☆身体が温かいですか?

☆身体が軽いですか?

☆身体に普段はない違和感はありませんか?

☆締め付けられたり、重さを感じたり、痛みを感じたりしませんか?

☆心地よいですか?

感性を高めて、ご自身で場のよしあしを判断できるようになりましょう!!

 

伊豆半島オススメスポットも出ていましたのでこちらもどうぞ!

国際生命情報科学会 ご報告

毎年夏に合宿で国際生命情報科学会が行われます。

年に1度、ワークショップか発表で参加させて頂いております。

今年は伊豆長岡。

国際がん予知予防センターの医師、小林常雄先生の「細胞を通して生命の謎に迫る!癌の遺伝子説の間違いと生命の進化と文化にミトコンドリアとHSP(ヒートショックプロテイン)が関与」が圧巻でした。

私の中でたくさんのことが腑に落ちました。

もうアメリカでは、癌の研究が進み遺伝子説をとる先生方が減って、ミトコンドリア説に変わってきているそうです。先生のお話では約4割のドクターがそのような考え方になっているそうです。

ところが日本は0・5%もいるかどうかとのこと。

ミトコンドリアの活性をしていくという考え方は、呼吸や食事指導をして自然治癒力をアップしていくという考え方と同じ方向性だと感じました。

 

 

そして和歌山、西本クリニックの西本先生。

「癌に対する低分子フコイダンを中心とした統合医療の臨床改善報告」

先生はご自身のご病気を治されてこの方向で診療されています。

 

動物を眠らせることでよくテレビにお出になってる神沢先生

今回は実習も受けて、自分が緩むのを感じました。

脳に影響があると思った次第です。

お写真がなく残念です。

続いて天クリニックでもお世話になっている朝日舞先生。

やはりご自身の実体験から気功を始められて、心と気を体を元気にするセラピーをされています。

次にHPS心理センター&カウンセリングアカデミーのよしだひろこ先生。

先生は不思議な体験をたくさんされていました。

お父様のお葬式で、お骨が燃えたりとか・・・、

肉体だけでない魂の存在を思わせるお話でした。

最後はこの会の理事でもある河野貴美子先生。先生は脳波研究の先生です。

今回は「表皮と感覚、そして脳の機能」ということで例えば気が脳に作用するにしてもその手前に入口がある、その入口になるのが皮膚ではないかと考えられています。

気を見える化するためには段階を追った研究が必要です。

でも皮膚かな??と私は思っています。

身体全体で感じる気の感覚はどこで感じているのでしょう?

皮膚というより空間。

空間に見えない身体があるとすればそこにもセンサーがあるのでしょうね。

まだまだ長い道のりです!

 

沢山の学びのある学会でした!

 

 

 

 

梅干し作り

伊豆~山形行って参りました!

その報告はまた後日致します。

 

6月から知り合いの農家さんにお願いして、“気診”梅干しを作って頂いています。

どこが気診なのかというと

まず「塩」を気診で選びました。

それから定期的に気を送っています。

 

 

こうして気の反応をみながら作った梅干しが遂に干すところまでできました!

 

 

今回は白干しというこのままにします。

このまま1年くらい寝かせるのもあり、このまま食べてもOKということで楽しみにしています。

 

今年は試作品です。

 

なんだかとっても可愛くて愛おしい梅干しです。

 

物事の捉え方

信州サラスターファームから真菰茶(まこもちゃ)が届きました。

真菰は古くから不思議な薬効があることが知られていて、お釈迦さまもお使いになっていたそうです。

抗酸化作用が強く免疫力の向上があったという実験結果が出ています。

ご興味ある方は気診で合うか調べますのでお声かけくださいね!

 

さて物事の捉え方ひとつで、気の改善が大きく異なります。

そして何度も書いておりますように感情が気の状態に大きく作用しますので、感情の起伏が激しいと気も安定せず、病の治りも悪くなります。

例えば、どこかが痛かった場合、

「あー冷えているというお知らせなんだ!気を付けよう。ありがたい身体のサインなんだ」

と思うか

「痛くて痛くて仕方ない!嫌だ~」

としか思わないかで改善は大きく違うわけです。

 

この記事にもそのことがよくわかる内容が書いてあります。

よかったら読んでみてくださいね!

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170824-00010009-jisin-ent

 

これから伊豆長岡でのシンポジウムに向かいます。

ステキな週末を!!

9月の予定

8月も後半、時の流れが早いですね!

 

今週末~来週にかけて、伊豆長岡~ISLIS、山形~コミュニティ候補地見学という強行軍になりました。

理想を追求し、形にするのは本当に大変です。

試行錯誤の連続です。

 

では9月の予定です。

 

〇9日 11:00~11:30 気診体験講座(無料)

久々に小倉が担当致します。

そしてそのまま大阪へ。9日~10日は大阪講座です。

 

〇9日 14:00~15:00 顎ゆるマッサージ&プチ気診講座

養生法と気診のセットのお得な講座です。初めての方どうぞ!!

担当 春乃美輝

費用 3000円

 

〇28日(木)エシカルな生活セミナー

14:00~16:30 講演&リレートーク

地球にも人にもよいものを選ぶ、一人一人が心がけることで私たちの子孫に未来をつなぐことができます!

「今何をすべきか?」

東京大学名誉教授 山本良一先生のご講演

実践されている方や新しい提案のリレートークがあります。

私もお話させて頂きます。

この機会に是非一度、聴いてみてください。

会費3000円(チケットは小倉まで)

女性の皆様の視点で変えていきませんか?

 

〇30日(土)~北海道行ってきます。

10月1日が北海道の1年生講座になります。

 

【元気講座の予定】

◎4日(月)14:30~16:00

『グループエクササイズ コンディショニング!』

講師:吉山明美(コンディショニングインストラクター)

 

◎9日(土)11:30~13:00

『心と体と気がきれいになる!“音と眠り瘀ヨガ”』

講師:三木須弥子(ヨガインストラクター)

 

◎15日(金)14:30~16:00 (第3金曜に変更になりました)

『楽々呼吸体操で、今すぐ体ポカポカに!』

講師:森嶋みす美(美人的少林寺気功代表)

 

◎16日(土)14:30~16:00

『呼吸養生/元気アップ体操』

講師:鳴澤千陽(フィットネスインストラクター)

 

 

詳細はこちら⇒ http://school.ama-jissen.com/lecture.html

 

お待ちしております!!

 

 

大阪から戻りました! & シンポジウム感想文

暑い大阪から戻ってきました。

東京があまりに涼しかったので、暑さが身に沁みました(笑)

でもそんな中補講も含め、4本の講座をこなして参りました。

皆さん本当に敏感であっという間に捉えていかれます。

どんどんスピードアップしているのでしょうね!

今後の大阪が楽しみです。

 

さて先日のシンポジウムに参加してくださった友人から感想文が届きましたのでシェアさせて頂きます。ご参考までに!!

 

第2回「覚醒医療ネットワーク」シンポジウムに参加した感想

 

心と身体と気を元気にする気診研究所メールマガジン-第76回で紹介された、上記シンポジウムに参加してきました。

私は、科学の最先端の大企業に永年、技術を中心に勤める傍ら、様々な人々と接する中で、病に倒れていく人そうでない人、また西洋医学、対処療法だけでは克服できない限界に気づかされてきました。

 

今回、初めてのこのシンポジウムの参加でしたが、生命の本質から病気→医療を根底から見直すことを示唆した有意義なシンポジウムでした。

 

中でも、小倉先生の「気診」のプレゼンは、全体の構成がとても分かりやすくまとめられており、何を伝えて何を理解してもらいたいかが、シンプルにまとめられていること、また実践もあり「顎ゆるマッサージ」では、重鎮の先生方を始め会場の方も全員参加するなど伝え方がとても良かったです。何故ならば、どんなに素晴らしいものでも聞く側に、内容の決定権があるからです。

 

特筆すべきは、患者さんそのものが、主体性を持ち、前向きに向かうことによって病に負けることなく自ら持っている自己治癒力を高めていく本質のところと、病によって人が成長していくことの気づきを得ること、それは、病んでいる患者さんに、容易に伝わるものでもないのですが、小倉先生の人間性を含めた総合力により患者さんが理解していくところが大きいと思います。またそれらのエビデンスが、実際の患者さんの声により反映されて更に説得力を増して伝わり、素晴らしい内容となりました。

 

余談ですが、後日、書斎にあった小倉先生著「気診で元気」を読み直しましたら、身体にす~っと入ってきました。サボり屋の私自身の意識も変わったのでしょうか?

 

末筆ながら、「気診」を通して、多くの人々が、幸せを取り戻せるよう祈願しています。

ありがとうございました。

 

 

元国立大学講師  H.K

 

Kさんありがとうございます!

気診が多くの方のお役に立てたら嬉しいです。