カテゴリー別アーカイブ: その他

魂の医療

先日、覚醒医療研究会に参加してきました。

今回のテーマは「宇宙(自然)に生かされている自分」-伝統医療に学び身体の素晴らしさ、本当の自分に目覚めよう!」

講師は覚醒医療研究会の米田晃先生と、アーユルヴェーダビューティカレッジの新倉亜希先生。

米田先生は「古代の医療を見直す」ということで世界各国の古代の医療をご紹介頂きました。

その中で霊的な障害で具合の悪い方が多いというお話でした。

確かに気診の小田先生もそのようなお話をよくされていましたが、今気診をしていると「風邪」の方が多く影響しているなあと後から思いました。状況は同じようになるので角度を変えれば霊的なものに見えることも多いかもしれません。

いずれにしろ気の領域を医療にいれなければそのあたりのことは解明されないでしょうね!

 

続いて新倉先生は「アーユルヴェーダの本質を知る」ということで長寿の知恵であるアーユルヴェーダをどういかしていくかがテーマでした。

体質チェックは10歳の頃の自分を思い出しながら行います。

今の状況は体質ではなく体調。

体質を知った上でいかに現在をよくしていくかそれがテーマです。

情報が多い現代だから自分を知ることで選択ができるとのことです。

 

お二人の先生に理想の医療を伺ってみました。

体と心だけでなく魂も救われる医療を!とおっしゃっていました。

いずれ誰でも命が尽きるのです。

いかに自分らしく生きるか、まわりがそして医療がその応援をできるかかもしれないですね。

 

覚醒医療ネットワークの情報はこちらから ↓

http://kakuseinet.com/?page_id=11094

 

 

 

お知らせ

29日の満月です。この日はとてもエネルギーのある満月だったそうです!

なのでお裾分け。

 

いくつかお知らせです!

【シャワーヘッド月光浴】

とっても柔らかいお湯でご好評のシャワーヘッド「月光浴」昨年12月にご購入頂きました皆様、来月がフィルター交換時期です!

天クリニックにご用意してありますので受付までお声かけ下さいね!(1個2000円)

 

【浄水器NOA】

そして自然本来の浄化システムが働く浄水器NOA、蛇口に装着ができるかお試しされたい方にお貸し出しをしております。

こちらもお声かけくださいね。

先日付けた方が、お野菜がとても美味しくて感動した!とおっしゃっていました!

 

【こどものみらい古本募金

天クリニックではこどものみらい古本募金に参加しております。

お家に余っている、処分に困っている本などございましたら講座、診療の時にお持ち下さいませ。

株式会社バリューブックスを通して収益金が子供たちに寄り添って活動している団体様に寄付されます。

(本の背表紙にISBNがある本が扱えます)

湿気が多い時期ですが深呼吸してお過ごしくださいね!

 

 

腸内細菌⑥

腸内細菌のお話に戻ります。

私たちはお野菜をよく食べます。

野菜は身体によいという認識ですね。

でも野菜を分解するセルロース分解酵素はすべて腸にいるセルロース分解菌群が出しているのだそうです。ということはそれがいなかったら分解も吸収もできないということで、そのまま出ていくわけです。

腸内細菌のバランスがいかに大切かということですね。

色々気をつけて養生してもなかなかアップしない方は、腸内細菌の状況が影響しているのかもと思った次第です。

そしてここからが本題です。

保存料や消毒剤、抗生物質は腸内細菌を抑えたり殺したりします。

バランスは崩れてしまいますね。

分解ができなければ吸収もできないわけです。

私が「腸内細菌のベストバランスが病気にならない体をつくる」を読んで意識が変わったのはここです。

宿主を健康にするために、腸内細菌は宿主の身体中で必要な物質を提供する。これが共生関係とこの本には書いてあります。

本当のことは何か?それを是非ご自身で考えてほしいと思います。

ご自身の感覚を大事にして、ご自分にとって大切なことを見つけてくださいね。(つづく)

意識の使い方

昨日は月に一度の日本経済人懇話会。

個人的にはお目にかかれないような方のお話を伺います。

昨日は旺季志ずか(おおぎ しずか)さん

脚本家、小説家、演出家です。

「特命係長 只野仁」「佐賀のがばいばあちゃん」などのシナリオを書いています。

大ヒットを飛ばす前は、ド貧乏で50種類も仕事をしていたそうです。

それが今は意識の使い方を覚えて、ワクワクの楽しい成功人生を送っているそうです。

 

その意識の使い方を昨日教えて頂きました!

「自分の心がワクワクすることがあなたにとっての真実。心がほっとすることを選択しましょう」

「今この瞬間のエネルギーを整えましょう」

 

とにかく夢中になって自分の中をみていると、色んなことが繋がっていくとのこと。

わかる!わかる!と思いました。

 

現実のスクリーンに映し出されていることに埋没しないように!

こうなりたい未来を生きることがポイントだそうです。

今この瞬間を幸せにしてみてくださいね!

ご著書もたくさんあるようなので1冊読んでみるといいかも。

これは身体がよくなるにもとっても重要なことなんです。

なぜかっていうといつも自分の悪い状態をみているので、なかなか良くならない方がいるのです。

私にはオーラがきれいに見えても、「あれまだ具合悪いの?」と思います。

自分で戻ってしまうんですね。

この意識の使い方を覚えると改善が早くなると思います!

 

楽しんでいきましょう!!

 

 

イベントお知らせ

ご案内です!

明日5月12日(土)14:00~17:00 神田にて

以下イベントあります。

1.開催日時 平成30年5月12日(土)14時 ~ 17時

2.当日のプログラム
14:00 ~ 開会の挨拶 神谷光徳会長
14:10 ~ 15:10 NHKスペシャル”脱炭素革命の衝撃” 上映
15:10 ~ 16:10   橋本靖治先生のご講演
“東北大震災による双葉町のご経験と今後の展望”
16:10 ~ 16:40           質疑応答、追加ご講演
参加者との意見交換
16:40  ~ 16:50         主催者のまとめと今後の活動予定
16:50 ~ 閉会の挨拶 終了

3.会場までのアクセス
エッサム神田2号館 6階中会議室

双葉町秘書広報課 橋本様より以下のコメントを頂いております。

当日は、
■東日本大震災・原発事故により双葉町民はどのような避難生活を
強いられたのか。
■震災から7年経った今、町民はどのような避難生活を過ごしているのか。
■今後、町はどのような計画で帰還を目指しているのか。
■再生可能エネルギーの導入について、どのような計画を策定したのか。
などについて説明させていただきます。
説明後、質疑応答や意見交換をさせていただければと思います。

当日参加もお待ちしております!

***************

そして6月30日~7月2日 伊勢志摩リトリート

ご予約の都合上、5月25日までのお申込とさせて頂きます。

お早めにどうぞ!!(それ以降のお申込はご自身で新幹線、お宿をお取り頂くようになります)

伊勢志摩リトリート1

伊勢志摩リトリート2

何でも修行!

毎朝、上甲晃さんの塾長一日一語を頂いて、もう数年になります。

今日のメールは『困難に耐えるもの』

人は、逆境を避けて通ることはできない。まして、挑戦的に生きれば生きるほど、失敗や挫折は、つきものである。

何もしなければ失敗はしない。それでは、この世に生を受けた意味がない。高い目標に挑めば挑むほど、逆境は待ち受けている。

登山の時、「是が非でもこの頂上に立つのだ」との強い思いがあれば、途中で遭遇するあらゆる困難に耐えうる。

頂上を、人生の『志』と考えたらいい。途中で遭遇するあらゆる困難を、逆境と捉えるとしたら、まさに『志』は、逆境に耐え、逆境に育てられるための必須条件とも言えよう。

『志』に生きる人生の出発点になることを祈って。

色んなことを自分が磨かれる修行だと思えば、嫌にならずにありがたいと思えます。

またなかなか道が切り開かれなくても、その先にある光を見ることができます。

長い年月がかかってもやりたいことができることは幸せなのだと思うこの頃です!

 

講座に出ると元気になる!

4月新しい講座が次々スタートしています!

先日の臨床研究会。

気診の学校を卒業された皆さんが毎月1回勉強しております。

 

今年の春は何かが違うようで、いつもの調整ではうまくいかない方が何名か。

でも皆さん、講座に来れば解決できると研究会にいらっしゃいます。

症例1

頭上に気の異常反応。これに押しつぶされています。

腰の痛みが出てました。

風邪(ふうじゃ)を取らないといけません。

合わせてみると「葛根湯」

気を入れると身体が伸びていきます。

でも腰から下に冷えが残ります。

この場合は腎虚。六味丸で取れます。

この時周囲の人たちもみんなスッキリ!

影響はまわりの方にも及んでました(笑)

繋がっているんですね!

 

症例2

全体調子が悪い。

ここで今年の春の影響が何やら違う。

70香蘇散・・・ここがいつもの春と違います。

それに肝と腎と瘀血。

その異常を取ったら、「あ~目が覚めてきたあ~」

と復活。

 

こんな感じで講座に来ると元気になって帰って頂けます!

季節の変わり目は、変化があるのでなかなかわかりにくいので、調整が必要ですね。

ちなみに食材はキャベツの方が多かったです。

春キャベツ!旬ですね!!

1万時間の法則

桜が満開のようですね!

お花見予定が追いつきません(笑)

 

先日、出版プロデューサーの吉田浩さんのお話を伺ってきました。

 「出版業界のジャイアン」と呼ばれています。
 29年間で1500冊の本を出版プロデュースされた方です。

その方がおっしゃっていること。

どんなど素人でも1万時間を費やして修行したり、研鑽を積めば「プロ」になれるということです。

1万時間!

毎日3時間で1年で1000時間、10年で1万時間。

毎日6時間で5年ですね。

気診もそうだなあと思った次第です。

私が自分でも流れるようにスムーズに気診ができるようになったのは10年を超えてからです!

ここ3,4年でようやく納得がいく感じがしています。

ここまで約20年。

まだまだ極めた感覚はありませんので、さらに進化する予感はしております。

皆様も極めるところまで行きたい方は是非、このことを頭に入れておかれるとよいと思います!

 

吉田浩さんの「本を出したい人の教科書」講談社を読んでみられるとよいです!