カテゴリー別アーカイブ: その他

手の冷えの養生法

別のクリニックで気診をさせて頂いている時のこと。

先生から「冷えているから養生法指導お願い!」

拝見してみると手が赤紫色。

もう何年もそんな状態とか。

「お辛いですね~」と手に触れてみると正に氷のように冷たいです。

 

そこでまずは顎ゆるマッサージ。

噛みしめていると手足の先に気が巡りません。

そして次に大切なのが呼吸法なんです。

気を動かすのは呼吸です。

息を吐くときに手の先、足の先に気が流れるとイメージしながら呼吸法をします。

2,3分呼吸法したでしょうか。

手の色が赤紫から薄く変わってきました。

ご本人もびっくり!

「毎日してくださいね」とお伝えしました。

その場で変わるということは、続けていけば必ず改善していきます。

養生は継続が力です!

お試しを!!

 

花粉症の養生法

昨日雨が降ってよかったですね。

こんなにも雨が恋しいのは久しぶりでした。

 

1月中旬くらいからもう花粉を感じていらっしゃる方がいました!

そこで花粉症の養生法。

まず花粉症の方を気診するとこんな感じ。

花粉症気診CCF20190201

風邪(ふうじゃ)が被って、胃のところに水毒がたくさん溜まっています。

全体に冷えています!(熱がこもっている方は養生法が別です)

まずは風邪(ふうじゃ)を取るのに「湯気を吸う」をおススメしています。

東洋医学では肺と鼻が関連していて、鼻を通すのに湯気を吸って頂きます。

辛いものを食べてもよいかも。

鼻が通ると肺が元気になって呼吸が深くできるようになります!

呼吸法も致しましょう。

 

次に胃の中に溜まっている水毒を取ります。

ひとつは身体を温めることで巡ります。

もうひとつは呼吸法をして気の巡りをよくすると、水の巡りもよくなります。

冷たいものを避けて、胃に優しいものを頂きましょう。

白菜や大根、キャベツ、昆布やしじみなど水の巡りをよくします。

そろそろ立春なので春の食材もでてくることと思います。

 

こうして気の巡りをよくすることで、症状も改善していきます。

「病は気から」

気の巡りをよくしてみてくださいね!

メルマガ

大阪行ってきました!

とても寒かったです。京都と大阪の間では雪が舞っていましたよ。

来年度大阪3年生開催も決定し、また大阪行きの楽しみができました。

 

さて毎月1回、第二週の週末に「気診メルマガ」をご縁のあった皆様にお送りしています。

それがこのところ、なぜか突然届かなくなってしまう方がいらっしゃいます。

ちゃんと送っておりますので、そのような方はまず、迷惑メールの方に入っていないかご確認下さいませ。

そこにもなかったら天クリニックにご連絡下さいませ。

個別にお送りさせて頂いております。

現在第95号です!

直観を磨く

バリの仏教寺院の菩提樹と仏陀

バリ舞踊の三木さんから送られてきました(合掌)

三木さんは天クリニックでタイ古式の施術をして頂いています。

 

さて頭で考えることを控えて、心を静かにしていくと直感が冴えてきます。

同じ気の状態をみても、そこから広げて「なぜそうなったか?」「どこに元があるのか?」

「どんな心持ちがこの状態を招いているか?」などなど様々なことに繋げていく必要があります。

例えば、肝のところに反応があるとします。

肝は自律神経の反映と言われています。

ストレスがかかったり不安があったり、怒りがあったりすると反応がでてきます。

いつもは肝の反応がないのに、たまたまあると「何かあったのかな?」と思うわけです。

そこを見逃すと気は巡りません。

 

「何かあった?」と伺うようにしています。

肝は他にも目を酷使しても、お酒を飲み過ぎても、筋肉使い過ぎても反応がでてきます。

原因がはっきりわかることなら心配ありません。

少し休めば復活します。

精神的なことが関わっている時はお話を伺って肝の気が流れるようにアドバイスします。

 

話すだけでもすっきりしますし、何かストレス解消になることをして頂いてもいいですし・・・。

 

その方の雰囲気をキャッチすることも大切です!

五感を超えて

気診に出会って20年になります。

歯の痛みが取れにくい人は身体の調子が悪いなあと思ったのが、全身のエネルギー(気)への興味に向かうきっかけです。

最初の頃の7か月、小田一先生のクリニックで毎日6時間見学させて頂きました。

ただただ見ているだけ。

でもこの経験がなければ、気診を続けていなかったかもしれません。

私の中にしっかりと「気診の気」の基礎が根付いたように感じます。

 

そこから約10年間、年に5回の研究会に京都や神戸まで通いました。

その前後の日にはまたクリニックで見学です。

 

見えない世界の技術は、知識や単に真似ての練習ではできるようになりません。

同じ空間で気を感じ、気を身体に覚えさせて掴んでいくしかないのです。

 

ある時上の先生に言われました。

「あなたは小田先生の話を聴く時、目を閉じますね」

それはつまり視覚などの五感ではなく、気を感じながら先生のお話を頭ではなく、肌で(今思えば気で)捉えていたようです。

 

今「気診の学校」では、一緒に座禅をして気を掴んで頂き、同じ空間で気を捉え気を調える練習をしています。

最初はバラバラだった気が月を追うごとに揃ってきます。

自宅でもどこでも一人でできるようになるのが、その先の目標です。

来年の予定

「今年もお世話になりました。

変調があるたびに先生からご指導いただき、色々学ぶことが出来ました。

あわてたり不安に思うことも前よりずっと少なくなり嬉しく思っています。

来年も更に精進していこうと思っています。

本当にありがとうございます。」

 

年末に嬉しいお便りでした。

 

本日で年内の診療は終了です。

来年は1月8日(火)から診療始まります。

 

来年の主な予定をお知らせ致します。

2月3日(日)東方医学会

 

2月24日(日) 天クリニックのチャリティイベント

チャリティご参加の皆様のお陰でこちらの冊子ができました!

 

皆様よいお年をお迎え下さいませ。

 

 

地球のこと

今年は何度も地球環境の問題についてお話を伺う機会がありました。

11月は東京大学名誉教授の山本良一先生

地球の資源は有限。

世界ではダイベストメントが始まっている。

ダイベストメントとは、投資撤退。

化石燃料関連会社への投資を撤退しているそうです。

再生可能なエネルギーで地球に負担をかけないようにという動きが世界は加速しているようです。

 

そして先日は国立環境研究所の江守正多先生

「気候変動の現状と卒炭素への道」

2050年の天気予報を見せて頂きました。

https://www.youtube.com/watch?v=NCqVbJwmyuo

 

今年は2050年の天気に近い状態でしたね。

 

適応策として社会を温暖化に合わせていこうという流れ。

そして再生可能エネルギーを増やすこと。

そして社会の大転換が起こらないと変わらない。

人々の世界観の変化、つまり常識が変わり

持続可能な社会への変化が必要とのお話でした。

 

環境と健康は関連しあっています。

来年も両方の勉強を進めていきたいと思います!

 

 

 

 

 

自然治癒力アップ(27)まとめ

昨日は天クリニックの忘年会。

今回は10階の銀座サロンでオリーブの天ぷら会を致しました。

私が一番好きなのは、じゃがいもを屋久島のハーブ塩か雪塩で頂くもの。

昨日は初お目見えの大根と無農薬みかんの皮もやってみました。

びっくり!美味しかったです!

そしてお陰様でアマゾンの森支援のオリーブオイル、天クリニック担当分200本完売致しました。

皆様ありがとうございました!

サポートジャングルクラブの方では購入できますのでどうぞ!

 

さて26回にわたり書いて参りました天クリニックで行っている「自然治癒力アップ」

今回がまとめです!

 

まずは問診、不調の根本原因を知る重要な項目です。

そして気診、ここで気の異常反応を捉えて、今どんな状態かそして何が問題か探していきます。

次に問題を更に明確にするために漢方を気診で決めていきます。

一般的には風邪(ふうじゃ)をとるものと、気血水を調えるもの2種類です。

 

次は養生=セルフケアです。

肩の力を抜くところから。

そして一番重要な「顎ゆるマッサージ」

湯気を吸ったり深呼吸をしたり。

五臓を元気にする食養生。

サプリメントの選択

 

カウンセリング

運動療法

身体のケア

気診を習う

そして心の持ち方を変える

 

ほとんどが覚えてしまえばご自身でできることです!

やれることはたくさんあります!

 

ご自分の身体の声に耳をすませて、心地よい選択をして元気になってくださいね!