その他」カテゴリーアーカイブ

今後のお知らせ

全身がんから生還された刀根健さんの本が出版されました。

おススメです!

私もちょこっと登場します。

 

さてメルマガではお知らせしたのですが、2020年1月末で天クリニックを閉院することになりました。

色々な方に喜んで頂けたのは私の財産です。

しばらく仕事のペースを落として、実家のヘルプをしたいと思っています。

講座および個別気診は、木曜午後、金曜、土曜午前に天クリニックと同じビル10階の銀座サロン(お部屋使用中の時は水天宮サロン)で行います。

遠隔気功はいつでもご依頼ください。

2月以降は漢方をお出しできなくなりますのでご了承ください。

(薬局、クリニックご紹介いたします)

物販は予約制にしたいと思います。

ご不便おかけしますがどうぞよろしくお願い致します。

12月は26日(木)午後、27日(金)28日(土)が診療日です!

 

 

2020年春 「気診の学校」 チラシができました!

「気診の学校」は、2021年11月にビルの建て直しのため銀座デイムビルでの講座はラストの募集にになります。

こちらが予定です!

3年生食養生、漢方、講師養成が日程変わりましたのでご注意の上、ご検討くださいね。

お申込お待ちしております。

 

気診講座にて~ふうじゃ取り~

人間の身体は目に見える肉体と、目に見えない気の身体でできていることはまだ医療の常識ではありません。

でも気診では目に見えない気の身体を対象に、気を調えることがメインです。

風邪(ふうじゃ)が付いていると、目に見えない気の部分が乱れてきます。

気診でまず大切なのは「ふうじゃ取り」

上手に取れればすっきりするし、もやもやが残れば何だかすっきりしません。

そのふうじゃ取りに活躍するのが、気診必須グッズの「宇田博士健康ふりかけ」

 

講座の中で、皆さんふりかけを自分の気にかけてます。

傍から見たら面白い画面ですが、皆さん真剣です!

寒くなりました。

ふうじゃが中に入らないように早めの対処をしましょうね!!

いのち輝く時代

先週土曜日、覚醒医療ネットワークシンポジウム。

興味深い先生方のお話を伺ってきました。

帯津先生は「ナイス・エイジングのすすめ」

「人生の幸せは後半にあり」

老化も死も受け入れて好きなものを食べ、ときめいて、生と死を統合していく生き方を目指しているとおっしゃっていました。

 

ゼロリセットの中川角司先生は「本質に目覚め、自分を生きる」~生命力に働きかけるネットワーク~

ソースという全体に繋がっている部分から分御霊として今生に生まれ、様々なことを学びながら自我に目覚めるというお話がとても興味深かったです。

 

そしてスペシャルゲストの慶応義塾大学大学院教授である前野隆司先生のお話はとっても面白かったです!

心って何?というお話から、幸せの4つのポイントをお話頂きました。

ご本が出ているので是非おススメです!

 

アーユルヴェーダの新倉亜希先生。

スライドもバージョンアップしてとてもわかりやすかったです。

日々の養生、体質別のおススメの食材の違いなど、日常に活かせるお話です。

講座があったので最後までは聞けなかったのですが、色々勉強になりました!

 

そして今回ホロニックマガジン「INOCHI」の創刊0号がプレゼントされました。

冊子ではなく本です!!

これから楽しみに読んでみます。

お知らせ

台風の影響ひどかったですね。

私の実家も停電でしたが解消されました。

断水と停電の所は本当に大変だと思います。

早期の復旧お祈りしています。

 

さて昨年テストで作り大好評だったPOWER酵素水米「ゆめおいびと」が長野で順調に育っていますというお知らせが届きました!

ご希望の方は下記HPからどうぞ!

(株)グリーンウインド 森本様

 

もうひとつ

ニュージーランドからマヌカはニーとピーナッツと塩だけで作ったピーナッツバター

現在講座で気診中ですがよい反応です!

ご予約受付中。

気診講座にて~鏡~

台風すごかったですね。

皆様のところは大丈夫でしたでしょうか?

 

さて気診講座で必須のもののひとつ「鏡」

その鏡の前で自分のことを気診するとなぜか気がわかりやすい。

そのお部屋全体の気が調っているのでわかりやすくなるのだと思っています。

先日ふと思ったのです。

鏡に映し出す自分の気を調えること。

それは本来の自分になるのではないかと。

 

重くのしかかるような雲を払い、本来の輝きを取り戻しているように捉えられます。

頭では何も考えずに行うとうまくできます。

 

私も時々ではありますが、自己調身をした瞬間その方の周囲の気が光るのが見えます。

気診の目標は、「己の仏性に目覚めること」と創始者の小田一先生は本に書かれています。

きらりと光る瞬間は、その目標の状態になっているのではないかと思う今日この頃です。