カテゴリー別アーカイブ: その他

北海道受講生の看護師さんより

真菰のクッションが届きました!!

診療室は真菰のよい香りが立ち込めていて心地よいです。

大中小の3種類

大 ー6000円、中ー3500円、小ー1700円です。

ご希望の方は受付までどうぞ!

 

北海道で気診講座受講中の看護師さんがFBにアップしてくださいました。

皆様にもご紹介します。

 

西洋医学の中にいるわたし。
だからこそ、感じることがある。

いままでは、
東洋医学にもいけない
西洋医学にもいけない
中途半端な自分に悶々。

今日やっと、糸口見えた来たよおな。(^w^)

西洋医学と東洋医学の美味しいとこどりしたらええやん!って。

—————————————————
今日は、1日中講座。
東京から【気診】の講師
小倉先生からたくさん学んで吸収。

五行は、いままで
苦手意識強かったけど
気診の切り口からだと
納得。
というか
府に落ちた

アトピー、
喘息、
アレルギー
のあるわたしは
気診のとおり

『金』

そんなわたしが、元気になる色は

「白」

白って毎日の白衣じゃんって。

わたしに必要なもの
毎日着てる。
わたしの味方。

そう、捉えたら
明日から白衣は最強のパートナー。

わたしの、周りのひとをもっと元気に笑顔に。
そのための手段はなんだっていい。

未来のビジョンを、
キラキラした目と笑顔で話す
小倉先生と話して
また一つ前にすすんだ。

自己養生
 わたし流に変換
ずぼら体操

どこでもできるから、やり続けテコ

*************

気診がわかる医療関係者増えてほしいなあと思います。

気血水

以前は五臓について書きました。

今回は身体の中に流れている気・血・水について書いてみたいと思います。

血は血液、水は血以外の液体です。

気だけは目に見えず、西洋医学の概念にないです。

気診では、この目に見えない気を捉え、改善しています。

 

しかし人間がセンサーになっていますので、残念ながらデータ重視の西洋医学ではなかなか理解されません。

今は結果を見て頂くこと、また気が変化した結果として脳波が変化したり自律神経測定装置で変化が捉えられること、患者さん自身の自覚の変化で見て頂いています。

この気が見える化できるかが、今後気診が評価されるかのカギになるでしょう。

気血水の異常には、足りないと滞っているという状態があります。

気診で一体気血水の何に問題があり、それが足りないのか滞っているかを判断して、漢方を決めたり、食事の指導をしています。

以下のように分類されています。

 

気の異常ー気虚と気滞

水の異常ー陰虚と水毒(滞)

血の異常ー血虚と瘀血

 

次回からはひとつずつについて書いていきます。

 

沖縄で初講座

人生で初めて沖縄に行くことになりました!

10月26日(木)

午前はアーユルヴェーダビューティカレッジの新倉亜希先生とコラボ講座(後日お知らせ)

 

午後は『元気になる“気診”養生講座』

とってもお得な1講座で5つの自然療法を学べる講座です。

その場で元気になることを請け合いです!

 

内容は

☆養生:身体が緩んで気の巡りがよくなる「顎ゆるマッサージ」

☆食養生:陰陽五行でみる食事

☆ツボ:五臓が元気になるツボ

☆漢方:気血水を調える漢方

☆気診:自分の身体に合うもの、合わないものがわかる気の診断

 

今回は沖縄で初めての講座ということで銀座では18000円の講座が、今回に限り特別価格になっております。

お知り合いがいらっしゃいましたらお知らせ下さいね!!

 

日時:10月26日(木)14:30~17:30(受付開始14:15~)

場所:てぃるる 2階 会議室3

受講料:5000円(当日お支払い下さい)

お申込:銀座漢方 天クリニック

TEL 03-6574-6501 メール amaclinic@ama-jissen.com

 

お待ちしております!

 

 

 

いい加減

いい加減というとあまりよくないイメージがありますが、実は「よい加減」は重要なんです。

いい加減

 

患者さんのお話を伺っていても、

「○○しないといけないんです」

「○○は明日までなんです」

「○○に会わないと・・・」

 

こちらが息苦しくなるくらい、「・・・せねばならぬ」にとらわれているんですね。

でも今具合が悪いんだから、良くなってからすればいいですよ~

というと、ほっとした顔をされます。

「そうですよね」

何でそんなに追い詰められているのでしょう??

 

“いい加減”というと、テキトーなどあまりよいイメージはありませんが、もう少しご自分を緩やかに縛りを少なくした方が、早くよくなりますよ。

緊張して固まっていたら気も巡りませんから。

力を抜いて生きましょう!!

**********

再度のお知らせです。

9月28日(木)14時~16時半

衆議院第一議員会館の国際会議場にて

東京大学名誉教授の環境問題の第一人者、山本良一先生のご講演

「地球生命の運命は私たちの手中にあり!」

小倉もリレートークに参加します。

今回は女性の皆様を募集しております。

チケットは3000円です。銀座漢方 天クリニック(小倉まで)

この機会に是非どうぞ!

 

 

 

 

 

“場”

以前どこかに書いたのですが、私は3つのことをすると言われたことがあります。

私もその自覚があるのですが。

 

ひとつは、気診を伝えること

ふたつめは、気を医療に入れること

三つめはおそらく“場”を作ることだろうと考えています。

すでに最初のふたつはスタートしています。

 

皆さんはどんな場があったら嬉しいですか?

そこにいたら元気になる所

元気になる本当の情報を教えてくれる所

一人ではできないけど、チームになればできるかもしれないことが実現する場

今困っている人を応援できる場

・・・・・・

今回の山形米沢行きは、某所を活用しませんか~?というお話でした。

あくまでもまだお話。

一番難しいのは、どうやって運営していくかなんですね。

あとはお仲間ですね。

同じ方向性の志を持ち、自分のことだけじゃなくてまわりのことも考えられる方々と一緒ならできるかな??

現在色々な可能性と発想を無い所からひねり出しています(笑)

 

さあ~どうなるでしょうか??

 

小町川温泉

 

 

上杉神社

 

米沢駅

 

 

 

国際生命情報科学会 ご報告

毎年夏に合宿で国際生命情報科学会が行われます。

年に1度、ワークショップか発表で参加させて頂いております。

今年は伊豆長岡。

国際がん予知予防センターの医師、小林常雄先生の「細胞を通して生命の謎に迫る!癌の遺伝子説の間違いと生命の進化と文化にミトコンドリアとHSP(ヒートショックプロテイン)が関与」が圧巻でした。

私の中でたくさんのことが腑に落ちました。

もうアメリカでは、癌の研究が進み遺伝子説をとる先生方が減って、ミトコンドリア説に変わってきているそうです。先生のお話では約4割のドクターがそのような考え方になっているそうです。

ところが日本は0・5%もいるかどうかとのこと。

ミトコンドリアの活性をしていくという考え方は、呼吸や食事指導をして自然治癒力をアップしていくという考え方と同じ方向性だと感じました。

 

 

そして和歌山、西本クリニックの西本先生。

「癌に対する低分子フコイダンを中心とした統合医療の臨床改善報告」

先生はご自身のご病気を治されてこの方向で診療されています。

 

動物を眠らせることでよくテレビにお出になってる神沢先生

今回は実習も受けて、自分が緩むのを感じました。

脳に影響があると思った次第です。

お写真がなく残念です。

続いて天クリニックでもお世話になっている朝日舞先生。

やはりご自身の実体験から気功を始められて、心と気を体を元気にするセラピーをされています。

次にHPS心理センター&カウンセリングアカデミーのよしだひろこ先生。

先生は不思議な体験をたくさんされていました。

お父様のお葬式で、お骨が燃えたりとか・・・、

肉体だけでない魂の存在を思わせるお話でした。

最後はこの会の理事でもある河野貴美子先生。先生は脳波研究の先生です。

今回は「表皮と感覚、そして脳の機能」ということで例えば気が脳に作用するにしてもその手前に入口がある、その入口になるのが皮膚ではないかと考えられています。

気を見える化するためには段階を追った研究が必要です。

でも皮膚かな??と私は思っています。

身体全体で感じる気の感覚はどこで感じているのでしょう?

皮膚というより空間。

空間に見えない身体があるとすればそこにもセンサーがあるのでしょうね。

まだまだ長い道のりです!

 

沢山の学びのある学会でした!

 

 

 

 

手がセンサー

気診では、手の平や指先をセンサーとして対象者の気を捉え、胸鎖乳突筋(首の筋肉)で判定していきます。

気を捉える、気をキャッチする所を1か所にすることで、身体全体で気を受けることを避けているようにも思います。

身体で受けてしまうと結構疲れます。

先日、久々に見えた方の気を診るために手をかざしたところ、センサーとなっている右手の肘あたりまで痛みを感じました。久しぶりの感覚です。

患者さんに

「お身体痛いですか?」

と尋ねると

「はい、特に足の方が痛いです」

 

患者さんの痛みがこちらまでやっていきます。

だから特に気を付けないと自分の身体が参ってしまいます。

 

どう気をつけるかというと、

ひとつは自分の気を落とさないようにしっかりと呼吸法をして気を充実させていくこと。

もうひとつは、情をかけないこと。

 

気持ちの部分が相手に移動してしまうと、エアポケットに落ちるように自分の気が落ちてしまいます。

冷たいようですが、感情は入れずにみていきます。

 

これが結構難しく、修行がいることです!

エシカルな生活セミナーのお知らせ

今日は、天クリニックの入るデイムビルの斜め向かいにある風月堂で、ドラマ「黒革の手帳」の撮影が行われています。

着物姿の綺麗な女優さんがスタンバイされていました。

お顔はちょっとわからなかったですが・・・。

 

さて9月28日(木)14時~16時半

新宿NSブル26階第一研修室にて

環境問題の第一人者、東京大学名誉教授、山本良一先生のご講演とリレートークを行います。

 

私も世話人の一人として、リレートークに参加させて頂く予定です。

地球の環境と人間の健康は密接に繋がっていると考えています。

只今構想中の、身体が元気になる「場」

これは医療ではなく養生です。

きれいな空気を吸って、身体に優しい食事を取って、自然の中でお仕事をする。

そんな環境なら、気が調って自然に元気になることでしょう!

そこに環境貢献プログラムを組み合わせられたらよいと思っています。

短時間ではありますが、そんなお話をさせて頂こうと思っております。

 

ご都合よろしい方は是非ご参加下さい!

会費:3000円(チケットは小倉まで)

 

そしてその主催者のお一人である日本経済人懇話会の神谷光徳会長の自伝が8月中旬発刊されます。

一足お先に読ませて頂いたのですが、一晩で読み切ってしまいました。

心に響くキラキラとした言葉が散りばめられたご著書です。

綺麗ごとではない本物の言葉です。

「感動は人生の成功を呼ぶ」神谷光徳著  KKロングセラーズ  (1500円税込)

オススメです!こちらにお申込も受付中です。