カテゴリー別アーカイブ: クリニック

伴走者

最近のクリニック

人生相談所のようになっています。皆さん噛みしめて力が入っています!

職場でいじめにあったという人

ご主人に何も言えずに30年も我慢した人

失恋の痛みを抱えて気が詰まっている人

会社がうまくいっていない経営者の方

家族関係で悩んでいる方

自分を表現するのが苦手な方

治療法の選択に悩んでいる方・・・

皆さんの気や身体にそれらがすべて現れてきます。

でも西洋医学的には何の問題もありません。

気の滞りや水毒などは数字には表れないんですね。

気を診ながらお話を伺って、気の異常を改善していく方法をお伝えしています。

またどんな風に捉えたらいいか、考えたらいいかなど私にできる範囲でお伝えしていきます。

人に話すと楽になるんですよね!また状態がわかってくれる人がいるというのも安心なのかもしれません。

一通りお話をして、養生法をアドバイスして、診療が終わるころには肩の力が抜けて顔が明るくなっています。

「いらした時より少し楽になったでしょ?」

「はい」

とほっとしたように答えて頂けると、こちらも安心です。

同じ状況であっても、気持ちが変わります。

または勇気をもって次の行動に移れます。

私たち伴走者。必要とされる間だけ色んなアドバイスと気を送りながら隣を歩いていくんだなあとつくづく感じる今日この頃です。

歯がしみる方、身体が冷えていませんか?

明日2月4日朝7:30~テレビ東京の番組に友人の谷山さんが出演します。

谷山さんは長崎に無人島をお持ちでそちらに田んぼを作ったり、畑を作ったりしています。3年ほど前にまだまだ整備される前ですが無人島に伺わせて頂きました。

iphon 209

番組では無人島の活用法などをお話されるそうです!よかったらご覧くださいね。

 

さて今日は『知覚過敏症』のお話。

冷たいお水で歯がしみる

この時期辛いですよね!

身体をひとつと考える東洋医学では、歯または歯の神経だけが問題とは考えないのです。

すべてがつながっていると考えますので、歯がしみると言えども全身の問題と考えるわけです。

知覚過敏症の方を気診してみると

「冷えている!」

ですから歯に知覚過敏症のお薬を塗るだけではなく

①身体を温める

②噛みしめないように顎マッサージをする

③しみる歯の根元をマッサージする

こんな養生法をお伝えしたら歯がしみる方の50名中48名が改善したのです。

まずは身体を温めることおススメです!

今なら漢方もお勧めです!

2月のお知らせ

遠隔気功でお世話になっています少林寺気功の秦西平先生がテレビに出ます。よかったら見て下さいね!

http://www.shourinji.net/

 

さて2月の各科の先生の診療日です。じっくりご相談できます!

1日 皮膚科  沖田英久先生

16日 眼科  高橋浩子先生

20日午後 婦人科 佐々木綾先生

22日 内科 横田俊平先生(線維筋痛症、リウマチなど膠原病の専門家です)

 

1月30日(土)は休診です。

2月11日(木祝)は診療しております。

 

お知らせ~1月30日(土)は休診です~

先日のチャリティイベントに参加された皆様から次々嬉しいコメントが届いています。

イベント準備は大変なのですが、これを見るといつもやってよかったなあと思います!

いくつかご紹介します。

滅多に体験できない施術を受けることができ得した気分です。特に難波先生の酸素オイルバランスで患部治療をしていただいたことに感謝です。左肩の傷み(50肩痛)がいまだに引かず、早速酸素オイルマッサージ。20分足らずでしたが、随分楽になりました。小倉先生がその分野のスペシャリストの先生方を集められた事を体感でき、また院内の楽しい気にふれ、幸せな気分になりました。

とても楽しく有意義な時間でした。小倉先生にお会いすると本当に元気になります!

かかとの痛みが治まりました。参加してよかったです!

『幸せな気分になるクリニック』ってなかなかないですよね!!嬉しいほめ言葉頂きました。

 

さて1月30日(土)は都合により休診と致します。

よろしくお願い致します!

噛み合わせと噛みしめは違う

友人から「噛みしめ」改善って言われると、歯並びを治すのかなと思ったと言われました。

歯の噛み合わせは多くの歯医者さんで治療されています。

咬合調整と言って歯や被せた冠を少し削って調整したり、

補綴といって冠を被せたり、

矯正といって装置を入れて歯を動かしたりする方法があります。

 

天クリニックの治療は「噛み合わせ」の治療ではありません!

 

もし、顎が左右どちらかにずれている状態で歯の治療をしたら出来上がってから上手に噛めると思いますか?

もし顎が緊張しているためにどこかが強く当たっていたら、歯を削ってしまって大丈夫ですか?

 

天クリニックでは、歯の治療をする前、歯を削る前、矯正をする前に、顎や身体の緊張をとって、一番理想的な顎の位置になるような治療をしています。

そのことによって歯医者さんが“噛み合わせ”を決めるのが楽になるのです。

 

是非削ってしまう前に、噛み合わせの治療をする前に 「噛みしめ」を改善して下さいね!!

噛みしめ改善!

天クリニックのHPトップページが変わりました!見てくださいね。

銀座漢方 天クリニック

今年は「噛みしめ」がいかに全身に悪影響があるかということを井出デンタルクリニックの井出先生と共に発信していきます。

がんを患っている方、噛みしめていませんか?

噛みしめていたら冷えがとれないですよ。

筋肉が痛い病気の方、

噛みしめていたら身体が緊張しています。

関節が痛い方、

噛みしめ改善してみませんか?

噛みしめていたら気の巡り、血の巡りが悪くなってしまいます。

噛みしめ改善して、身体を弛めて元気を取り戻していきましょう!

 

【1月11日(月祝)】

10:00~17:00  歯科(気診)診療しております。

 

【今月の各科相談日】

19日(火) 眼科  高橋浩子先生

25日(月) 内科・小児科  横田俊平先生

 

落ち込んでいる場合ではない!

病気を宣告されると気持ちはかなり落ち込みます。

それが重病であると余計ですね。

当院には「養生を習いたい」という患者さんもお見えになります。

そういう方は様々な病を抱えていらっしゃいます。

いつもの養生法をお伝えするのですが、気持ちの部分が

「もうだめだ~」

「どうして私ばかり??」

「あの人のせいだ!」

などと思っているとなかなか気はよい状態にならないのです。

気持ちも身体を取り巻く気に大きく影響しています。

そこで私は

「今落ち込んでいる場合ではないです!!落ち込む暇があったら養生法をして下さい」

とお伝えしています。

気持ちが落ちて気が乱れると改善するものも改善しなくなるためです。

気持ちがとっても大切なのです!

一瞬落ち込んでも、やるべきことを見つけてやるようにして下さいね!

噛みしめ症候群

まずはこちらをお読みください。

井出デンタルクリニックブログ

こちらはいつも連携させて頂いている銀座の井出先生のブログです。歯科医が全国で10万人

そのうち噛みしめについて理解しているのが1000人

そしてその治療ができるのが100人?

噛みしめていることは全身に影響を及ぼしています。

噛みしめていると自覚していなくても歯と歯が当たっているだけで身体は緊張しています。

銀座漢方 天クリニックでは噛みしめを改善する様々なアプローチをしています。

噛みしめない身体作りをすることが大切です!!