カテゴリー別アーカイブ: 養生

来年の予定

「今年もお世話になりました。

変調があるたびに先生からご指導いただき、色々学ぶことが出来ました。

あわてたり不安に思うことも前よりずっと少なくなり嬉しく思っています。

来年も更に精進していこうと思っています。

本当にありがとうございます。」

 

年末に嬉しいお便りでした。

 

本日で年内の診療は終了です。

来年は1月8日(火)から診療始まります。

 

来年の主な予定をお知らせ致します。

2月3日(日)東方医学会

 

2月24日(日) 天クリニックのチャリティイベント

チャリティご参加の皆様のお陰でこちらの冊子ができました!

 

皆様よいお年をお迎え下さいませ。

 

 

自然治癒力アップ(27)まとめ

昨日は天クリニックの忘年会。

今回は10階の銀座サロンでオリーブの天ぷら会を致しました。

私が一番好きなのは、じゃがいもを屋久島のハーブ塩か雪塩で頂くもの。

昨日は初お目見えの大根と無農薬みかんの皮もやってみました。

びっくり!美味しかったです!

そしてお陰様でアマゾンの森支援のオリーブオイル、天クリニック担当分200本完売致しました。

皆様ありがとうございました!

サポートジャングルクラブの方では購入できますのでどうぞ!

 

さて26回にわたり書いて参りました天クリニックで行っている「自然治癒力アップ」

今回がまとめです!

 

まずは問診、不調の根本原因を知る重要な項目です。

そして気診、ここで気の異常反応を捉えて、今どんな状態かそして何が問題か探していきます。

次に問題を更に明確にするために漢方を気診で決めていきます。

一般的には風邪(ふうじゃ)をとるものと、気血水を調えるもの2種類です。

 

次は養生=セルフケアです。

肩の力を抜くところから。

そして一番重要な「顎ゆるマッサージ」

湯気を吸ったり深呼吸をしたり。

五臓を元気にする食養生。

サプリメントの選択

 

カウンセリング

運動療法

身体のケア

気診を習う

そして心の持ち方を変える

 

ほとんどが覚えてしまえばご自身でできることです!

やれることはたくさんあります!

 

ご自分の身体の声に耳をすませて、心地よい選択をして元気になってくださいね!

 

 

自然治癒力アップ(26)心の持ち方

南米アマゾンの森を守りつなげるサポートジャングルクラブの情報誌「COPAIBA」に気診+養生を紹介して頂きました!

2018冬号です!

サイトはこちら→ http://marimari-shop.jp/

 

さて自然治癒力アップ、何か大事なことが抜けていると思い考えておりました。

そこでブログの記事を読み直してみてわかりました。

患者さんご自身の心境についてです。

これが一番大切なことなのではないかと感じています。

 

◎心が静かであるか。

以前にも書きましたが、感情に振り回せれている方はなかなかよくなっていきません。

自分の現状を見つめ、受け入れ、そしてどうしていこうかと冷静に見られる自分になる必要があると感じています。

 

◎時を知る

物事にはタイミングがあります。色々やっているのによくならない・・・。

角度を変えてみるのも大切です。

以前私が体調を壊した時、「もう復活できなのではないか」と思いました。

でも漢方に出会い、早々に元気になりました。

それで漢方を勉強し、今の天クリニックのスタイルができました。

その時の状況は漢方を勉強するためだったのだなと今は思っています。

 

◎楽しむ

いかなる状況においても楽しめている方は強いなあと感じています。

楽しむ気持ちを持つと、まわりに対する感謝の気持ちも湧いてきます。

辛くてもほんの少しの余裕を持つということが必要なのではないでしょうか。

 

焦らず心穏やかに過ごして頂ければと思います。

お屠蘇

日曜日、今年最後の講座が終了してひと段落です。

 

12月にお越しの患者さんや受講生の皆様に「お屠蘇」をお配りしています。

「病、未だ病まざるうちに是を治す」

山椒、桂皮、みかんの皮、桔梗、浜防風、おけらの茎葉という生薬が入っています。

ティーパックになっているので一晩、お酒かみりんにつけて元旦の朝から3日か5日まで頂きます。

子供の頃、母方の祖父の家で漆器の器で頂きました。

年少の者から飲むという習わしがあり、子供たちから頂いていました。

舐める程度でしたが(笑)

 

新陳代謝を身体を抑止、清建にして長寿をはかるという意味で処方されたと言います。

健胃の効果もあり、初期の風邪にもよいとのこと。

身体が温まるので、冬にはよいのでしょうね。

母は薄めて飲んでいます。

 

悪鬼を屠るという説など諸説があります。

平安時代からの習わし、新年に気持ちを新たにする儀式ですね。

 

来年皆様が健康でありますようにとの祈りを込めて!!

 

自然治癒力アップ(25)本来が輝く

今日は午前中、雑誌の取材を受けました。

噛みしめが全身に及ぼす影響

いかに顎が大切か

顎を弛める養生法

漢方など自然療法で元気になる

そして気診という気の診断方法があり、気を調えることで自分の自然治癒力をアップすること

そんなお話をさせて頂きました。

雑誌が出るのは来春。ちょっと先ですが楽しみにお待ちください。

 

さて自然治癒力アップ。「自分の本来が輝く」としました。

時々、患者さんや受講生の方の気がキラキラ光るのが見えることがあります。

「あっ!よくなるなあ」と思います。

何かが腑に落ちた、本来の自分に出会った、魂が喜んだ・・・

どんな表現がしっくりくるかは人それぞれかもしれません。

でも何かがご自身の中で変わった瞬間に、身体の周りの気がとても綺麗に輝くのです。

そしてそうなった時、自然治癒力がとてもよく働くと考えています。

何かに夢中になっている時、好きなことをしている時、楽しんでいる時・・・

そんな時間を大切にして頂くようにお話しています!

自然治癒力アップ(20)身体のケア

気診で気を調えることは身体に直接触れることはありません。

私の中では、「見える身体×見えない身体」というふうに両方へのケアが必要と考えています。

 

そこで世界の自然療法の専門家である友人たちにお願いして、ご希望の患者さんの身体へのケアをメニューに入れました。

鍼灸

カイロプラクティック

アロマテラピー

ロルフィング

酸素オイルセラピー

タイ古式

アーユルヴェーダ

ライブセラピー

その中から患者さんのご希望や気診で選んでいます。

 

天クリニックのHPに詳細があるのでご覧になってください。

https://ama-jissen.com/staff.html

 

他にも各地にケアをされる方々と連携もしています。

 

同じ方向性で、見えない身体も大切にする施術者の方々とこれからも繋がっていきたいと思っております。

お知らせ&自然治癒力アップ(18)サプリメント選択

オリーブオイルの到着は今月末になりました。

もう少しお待ちくださいね!

 

それから大人気しじみの「肝助」のキャンペーンのお知らせです。

しじみをお料理するのはちょっとという方におススメ。

気診でみると腎を元気にしてくれます。

肝助特別価格のお知らせ

期間は12月30日までです。

肝助 1瓶200粒 通常価格12960円
特別価格9100円

肝助 6粒×30袋 通常価格11664円
特別価格8700円

送料無料・代引手数料サービスです。
インターネット申込み対象外
TEL0120-28-4438

お電話のみです!

 

さて自然治癒力アップは「サプリメント選択」です。

この世にはどれほどのサプリメントがあるのでしょうか。

本当にたくさんありますね。

その中でご自身に必要なものわかりますか?

 

気診の学校1年生で、身体に合うものと合わないものの選択をしています。

ご自分に合わないものを取り続ければ、気は“がた崩れ”です!

そこでサプリを飲んでいらっしゃる方にはお持ち頂いて調べます。

 

合う、合わないもそうですが、量も確認していきます。

たいていは一般的に元気な方を対象に量が決められていると思うので、天クリニックにいらっしゃるような敏感な方々には多すぎます。

必要であっても量が多ければ、気は崩れます。

身体が必要とした時に、合うものを必要な量だけ摂取する、それがよいと思っています!

自然治癒力アップ(17)食養生

長野行ってきました!色々勉強になりました。

またご報告します!

初めて聞いた絵解き(えとき)のお話。

お寺の本堂での講座でした。

 

さて食養生もうひとつ、重要なこと。

甘いものです。甘いものがかなり体調に影響します。

甘いものは、お菓子を想像されると思いますが、主食となるお米や小麦、イモ類、野菜類、果物などかなり多くのものが甘いものに入ります。

全食品の7割とも言われています。

なのでお菓子の甘いものは多分余分なんですね。

残念ながら・・・。

 

おやつはお芋を蒸かしたものやナッツ、果物などがよいのだと思います。

甘いものは木火土金水の五行でいうと「土剋水」で腎を攻撃します。

甘いものを食べると冷えるのはこの所以です。

甘いものと共にお塩をなめることをおススメしています。

 

すいかに塩をかけるように、おしるこに少し塩がはいっているように、ぜんざいに塩昆布がついているように・・・。

甘いもので攻撃される腎を守るのは「塩」です。

昔の方は体感でわかったのでしょうか??

 

でも甘いものは美味しいですものね。

甘いものもゼロじゃ悲しいので、合うものを気が崩れない程度にとお伝えしています。

または崩れた気が戻る程度に。

気が崩れた時は、足が冷たい、腰が重い、どこか痛い・・・そんな症状が出ます。

そんな症状が取れる程度に召し上がってくださいね!