カテゴリー別アーカイブ: ブログ

黄耆建中湯

 今年のブログのテーマは漢方に致します。

 クリニックでの経験を書いてみたいと思います。

 また気診の皆さまの体験談も織り込んでいきたいと思いますので、体験談もお寄せ下さいませ。


 今日は黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)


 身体虚弱で疲労しやすい方の次の諸証

 虚弱体質・病後の衰弱・ねあせ


 構成生薬は

 芍薬・大棗・黄耆・甘草・桂皮・生姜


 出典は金匱要略(きんきようりゃく)


 とっても弱っているかたには、ものすごく効果がありまして、疲労困憊で動きたくない位の方が何人もこれでエネルギーが復活しています。

 気虚というエネルギー不足の状態によいのですね。


 そしてこれが合わなくなると元気が出てきたということで、六君子湯に変わったり、当帰芍薬散に変わったりします。


 漢方のパワーは本当にすごいです!



 さてもうひとつ、現在気診を学んでいるお医者さんは3名になりました!!

そのお一人シンスケ先生が、ブログで口呼吸について書いていらっしゃいますのでご紹介致します。ご参考までに!

 

シンスケ先生のブログ

仕事始め

 謹賀新年

 皆様、今年もよろしくお願い致します。


 お正月いかがお過ごしでしょうか?

 東京はお天気はよいものの、寒い日が続いております。


 私は今日から仕事始めです。

 年末年始は実家でゆっくり。今年も父と成田山に初詣に行きました。


 今年一年の計画を考えておりました。

 今年もやりたいことはたくさんあります。

 でも考えていることが実際に動き出すのにいつも時間がかかります。

 その時、風が吹いたと感じるんですね。

 時間がかかってもやりたいことは何とか実行に移しています。


 今年もどの風が吹くのか楽しみにして、目の前のことをしていきたいと思います。


 ではまず今月のお知らせからです!


 1月17日(木) 1月19日(土)からスペシャリスト養成基礎講座(10期生)がスタートします。まだ枠が空いておりますので、気診スペシャリストを目指される方は是非どうぞ!!


 詳細は社)心と身体と気を元気にする気診研究所 HPをどうぞ!


 スペシャリスト養成基礎講座


 

 今年から新たにスタートするコラボ講座、コラボ講演会。

 第1弾はパナセアの碧メンバーで、アロマプラスの金さだこさんとのコラボレーションです。

 ロルフィングと気診のコラボです。

 両方体験できる貴重な機会です。

 詳細はこちらをどうぞ!


 コラボ講演


 

 今月の日暮里 QI鍼灸院は22日(火)15:00~18:00

 成田 小倉医院は28日(月)です。


 いずれも完全予約制となりますのでご連絡下さいね。


 そして無料講演会は17日(木)18:00~19:00


 2月2日(土)13:00~14:00にもあります。


 今年も気診で、皆様に元気をお届け致しますね!!

 

 中村勘三郎さんが亡くなったことは結構な驚きでした。

 闘病中は知っておりましたが、亡くなるとは・・・。

 そう思われた方も多かったのではないでしょうか。

 まだ57歳。まだまだ活躍して頂きたかったです。


 命とは、死とはと考えますね。

 少し参考になるかもしれないので、下記のリンクをご紹介します。


 科学と宗教


 それにつけても気の医療が広く浸透すること、望みます。

 気(エネルギー)が無くなるのが死と考えています。

 気を補いながらの治療、また気が減ってしまった時にはエネルギーを奪う治療は控えるなどの医療体制ができると救われる人が多くなるのではないかと思っております。


 ご冥福をお祈り致します。


 

年内の予定

 11月も半ばになりました。早いですね!


 1月スタートの「スペシャリスト養成基礎講座」 募集開始致しました。



また年内の主な予定は下記です。

 ご参加、ご来院お待ちしております(完全予約制です)


11月

 15日(木) 18:00~19:00 気診無料講演会(お席まだあります)


 19日(月) 9:00~12:00、15:00~16:30 成田小倉医院にて気診


 25日(日)  岡山気診講座


 27日〈火) 15:00~18:00(17:30最終アポイント)

        ひぐらし整形外科内科となりQI鍼灸院にて気診


  

12月

 2日〈日) 福島応援チャリティイベント in マルタ

      (17:00以降に空きがあります)


 15日(土)~16日〈日) 福島いわき市にて

     無料講演会&気診初級講座(3回分を1日で行います)現在募集中

     詳細は yukihide_yamamoto@zacoba.co.jp (山本までどうぞ)


 20日(木) 18:00~19:00 気診無料講演会in パナセアの碧


 22日(土) 14:30~15:30 こころとからだと気の健康チェック

     クリスマス企画in 国際和合医療学会


 25日(火)15:00~18:00(17:30最終アポイント)

 

 お問い合わせは info@kisin-kenko.com までどうぞ!!

 

     

 

 





水曜日・金曜日は高輪クリニックにて気診

  毎週木曜日は銀座にて気診講座



 

 

        ひぐらし整形外科内科となりQI鍼灸院にて気診


「統合医療」のあり方

 9月になってもまだまだ暑いですね。

 さて先日の議員連盟、統合医療のお話の続きです。


 まずはその背景から。


近代西洋医学は急性疾患に対して多大な貢献があったが、慢性疾患に関しては限界が生じています。臓器別に細分化が進んで全体が見えない、そして医療費が増大しることも課題です。



 また最近の科学の方向性として、全体を複雑系として捉える事の重要性が指摘されています。近代西洋医学と統合医療を対立的に捉えるのではなく、新しい医療の在り方として捉える考えもあります。




 統合医療の内容は、社団法人日本統合医療学会によると「さまざまな医療を融合し患者中心の医療を行うもの・・・伝統医学と相補・代替医療、さらには経験的な伝統・民族医学や民間療法なども広く検討」



 その特徴は、1患者中心の医療 2身体のみならず精神・社会(家族や環境)さらにはスピリチュアルな面も含めた全人的医療 3個人の自然治癒力の促進により、治療のみならず、むしろ増進を目標とする病気の予防や健康が挙げられる。




 米国衛生研究所相補代替医療センター(NCCAM)の定義では

 従来の医学と、安全性と有効性についての質の高いエビデンスが得られている相補・代替医療を統合した医療とされています。




 世界保健機構(WHO)では

「伝統医学」について「それぞれの文化に根付いた理論、信心、経験に基づく知見、技術、実践の総合であり、健康を保持し、心身の病気を予防、診断、改善、治療することを目的としてる」としています。


 最終的には、あまりにも厳密に定義することなく、大まかな理解で捉えるべきとしています。


 次に「統合医療」について、現時点においてどの程度の科学的知見が得られていると言えるか?
 


 現状の分析では評価は困難であるとしています。

 

 そして統合医療に含まれるものとその認知度については、

 マッサージ、漢方薬、サプリメントの順に多く、ホメオパシー、アーユルベーダ、温熱療法に関してはわかってないが多いです。


 そして相補、代替医療などを利用する際の参考にすることは、体験談、研究結果の提示、効果を示す文句で、エビデンスが優先されてはいない結果です。価格は安価なものが選ばれています。



「統合医療」の安全性や有効性はどのように評価したらよいか?

 

 統合医療を推進していくためには、安全性や有効性に関する知見を集積し、それらを評価することが非常に重要としていました。


 相補・代替医療と言われている療法として資料に載っていたものは以下のものです。


 はり・灸、各種マッサージ(台湾式・タイ式・足つぼなど)

 骨つぎ・接骨、整体、カイロプラクティック、食事療法

 断食療法、サプリメント・健康食品(ハーブを含む)

 アロマテラピー、温熱療法、磁気療法、温泉療法、音楽療法

 森林セラピー、ホメオパシー、アーユルベーダ、ヨガ、気功、

 漢方・生薬


 まだまだたくさんの療法があるでしょうね。

 これらがどのように効果があって、どのような人に合うかなど調べていては、いつまでたっても統合医療はできないでしょうね。

 道は本当に遠いです。


 次回は各国の統合医療事情についてご報告します。


 

高輪クリニック

 高輪クリニックに就職して約半年。クリニックのHPがリニューアルされて私も登場致しました。ご連下さいませ!!


 高輪クリニック


 こちらのクリニックは、歯科・内科です。

 全身的に何らかの愁訴がある方がいらしています。


 歯科の初診は、保険が効きます。3割負担でしたら3200円位。初診のみ高輪クリニックの全身的な検査もサービスで行っています。


 その後は、ご希望に応じて歯科の治療。金属が全身に与える影響からノンメタル治療になります(金属を外して、セラミックに代える)

 こちらは自費診療になります。


 私はこちらで、気診のみを担当させて頂いています。

 全身的に愁訴のある方の気の調整、微量漢方の診断、そして養生法指導です。気診のコースは内容によって1万円~2万円です。

 詳細はHPをご覧くださいませ。


 またかみ合わせの悪い方には、時々咬合調整も対応致します。

 何かお困りの方はお越し下さいませ。

 ご予約時に気診も希望と言って頂ければ、私の居る日に予約がお取りできます。


 また高輪メディカルステーションにて気診講座も予定しております。

 日程が決まりましたらご連絡致します!!


 そして陰山先生の国会議事堂での講演会。

 鳩山由紀夫さんのオフィシャルページに掲載されました!


 こちらもどうぞご覧くださいませ。


「統合医療を普及・促進する議員連盟」第11回勉強会









 


 


 


 

歯を離す ハー

 実家に帰ったら、あちこちに、「歯を離す ハー」の貼り紙が!?


 母が先月「ためしてガッテン」の木野先生のお話を聴いて、各ドアの所に紙を貼っていました。


 かみしめてはだめよ~と何年も前から母には伝えて、顎マッサージも毎日していますが、テレビを見て、すっかり納得したようです。


 かみしめていることが、身体にどれだけの負担をかけているかは測り知れないものがあります。

 気の流れは止まり、身体は緊張してかたまっていく・・・。


 色々な病気の根本的な原因のひとつであろうと私は考えております。

 その証明は難しいかもしれませんが、かみしめを改善することで、症状が改善すれば、かみしめが原因である可能性は高くなります。


 しかし、テレビの影響は大きいですね~!!

 詳細は下記,HPご覧くださいね。


木野先生

新・気診で元気!ブログ

 旧ブログ の復活をしたいと思っていましたが、ついに諦め、新しいブログに移行することと致しました!


 こちらもよろしくお願いします!!


 今日は七夕。でも雨ですね。ちょっと残念ですね。


 さて先日の「気診症例発表会&東京薬科大学、名誉教授、志田信男先生のご講演」はとてもよかったです!


 皆様着実に成長されていました!

 ぎっくり腰の症例や、遠隔気診の効果を調べた先生、初級講座を担当したその報告、ご自身の体験や遠隔気功症例、禁煙体験などバラエティーに富んでいました。


 また志田先生のお話は、とても高尚なお話でした。一部ご紹介しましょう。

 「実存的」とは何か?


 「がん」は人間として生物としての「人」の「生き方」「存在の仕方」に直接関わる病気である。

  性格、「気」の持ち方、「元気」-根源的なエネルギーに関わる。


 人間は単なる機械としての存在ではない。

  intelligent design (英知による設計)


 物質・身体・精神の相関はますます明らか


 とすればガンは特定病院によらない


 ガンは必ずしも死にいたる病ではない


 ガンに対する対処法ー患者は高度の自己決断を迫られる


  自分で自分の生き方を決める!


 1) 西洋医学の標準治療のみを選ぶか?

 2) 1)に代替医療を加えるか?

 3) pyysical mental, spiritual な面から全人的統合医療を探るか?

 4) 何もしないか?


 ガンは命の根源としての元「気」とエネルギーとしての「気」の相互に深くかかわっている。「気」には可能性と限界を含め、今後さらに研究を深めていく必要がある。



 気診でのご講演にぴったりの「内容にして頂きました!

 志田先生、ありがとうございました!!