カテゴリー別アーカイブ: 講座

風邪(ふうじゃ)を取る

今日は2年生2回目の東洋医学の気診講座。

「風邪(ふうじゃ)を取る」です!

気診ではとっても重要かつ永遠に付いてまわるテーマです。

風邪がうまく取れるかが、気診の結果を左右します。

風邪は24時間四六時中、くっついたり離れたり・・・。

まず風邪を捉える練習をします!

そして風邪を取る練習。

くっつくもの早いけど、軽ければ取るのも簡単。

顎マッサージ他養生法でもよく取れます。

 

せっかく取れた風邪もちょっとしたことでまたくっつきます。

「噛みしめ」もその原因のひとつです!

顎って本当に重要で全身の状態に関わっているんですね!!

ちょっと風邪っぽい気がしたら顎養生やってみてくださいね。

気を感じる能力

大阪から戻りました!

怒涛の2日間でした。昨日9時に新大阪に到着。

新大阪からとっても近い気の反応もよい講習会場でまずは1年生。

「気診で元気!」を輪読しながら説明していきます。そして後半実習。

1年生前期は合うもの、合わないものを判別できるようになることが目標です。

最初は身体の変化を、次には身体を取り巻く気の変化をしっかり捉えて頂きました!皆さんとっても敏感で、びっくりするほどすんなりできました!

そして午後は2年生。お仕事に気診を活かせるようにすぐに使える気功法も行います。皆さんの目が点になったり、キラキラしたり、とっても楽しい1日でした。

そして今日は東京、大阪にサロンのあるル・キア様のスタッフさん向け養生講座。

目元のケアをされているル・キアのスタッフさん達にとって顎の緊張を緩めることはとっても重要なことと社長さんが企画してくださいました。

2日間で講座25名、気診11名。

皆さん胸鎖乳突筋しっかり反応するんですね。気を感じる力は人間が本来持っている能力、ますますそのことが確信に至る時間でした!

大阪講座行ってきます!

いいお天気ですね!

今日はこれから講座が2本。6時間の長丁場です。

そして明日早朝に大阪に向かいます。

1年生と2年生そして月曜日は特別の養生講座と大忙しの3日間です。

というわけで5月9日は休診となります。

こんなに講座が集中するのも珍しいのですが、楽しんで行ってきます!

 

 

食養生講座

今日は3年生、食養生の講座2回目。

春夏の食材を気診していきます。

自分の気を診て、気血水の異常を調べると今日はなぜか水毒の方ばかり。

前回は瘀血の方もいたのに・・・。

理由は何かしら?

梅雨時でもないのに・・・と思ったら、終わるころに雨が降っていました。

季節や天候の影響は色々受けます。

もしかして雨の影響もあったかもしれません。

今日の一番人気の食材はアスパラガス(合わない人もおりましたが)

前回人気の菜の花はもう合わなかったですね。

やはり季節の物はその旬を逃さず頂くのが良いと思った本日の講座でした。

 

3年生 鍼灸クラス

熊本の地震に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。自然はたくさんの恵みも与えてくれますが、時に残酷な事態を起こします。早くおさまってくれることを祈ります。

昨日は3年生、本日は2年生と講座が続いく第三週の土日です。

鍼灸クラスは、鍼灸師さんが主なので実際の臨床で使える気診を目指します。まずは徹底的に「脈診」ができるようになります。

これは手を触れてするのではなく、離れた所から捉えていきます。

一番反応の強い所の経絡上の、さらにまた一番反応の強いツボを使うと少ないツボで効果的に身体全体が弛みます。

昨日は実際のツボも気診で探しました。驚いたことに1mmずれただけで気の異常は取りきれません。

鍼灸師さんは大変だなあと思いました!

気功で気を入れる場合にはそんなに厳密ではなく、大きくロート状に開いたツボにポンと気を入れるのでそれほどこだわることはありません。

鍼だとピンポイントを狙わないと理想の気の状態にはならないです。

気診のできる鍼灸師さんだと、身体のまわりの気(オーラ)まで調えることができるのでとっても軽くなるでしょうね!

気診の学校 2年生スタート

昨日は2年生金曜日クラス

なぜか今回は金曜は女性ばかり、日曜は男性が8割とめずらしく男性の多いクラスに分かれました。

金曜クラスは1年以上気診を勉強した方ばかりが主でとっても気が上がるだろうと予想しておりました!!

予想通り!!

皆さん

「家ではできないんです~」と言いながらできていますね!

お部屋はとっても温かく心地よくなり

合うもの、合わないものの気診

これは身体と身体を取り巻く気の両方で行います。

そしてご自身の気を診て天・人・地のどこが悪いか気診

最後に自分に気を入れて気の変化を確認。

流れるようにスムーズな講座になりました。

日曜チームも楽しみです!!

2年生テキスト

 

医食同源

春の嵐と思いきや、意外と静かな夜ですね。

今日は午後から気診臨床研究会。

臨床研究会には色々な職種の方々がいらっしゃるので勉強会も工夫しています。

まずは座禅して自己調身。自分が調わないと気の判断が狂います。

出席者がお互いにチェックします。

次にそれぞれ持ってきた症例検討。

まずは気の状態がどうなっているかを写真でチェックします。

気の異常が強いかそうでもないか、気血水のどの異常なのか・・・

そして改善する方法

①漢方診断ー気が調う漢方を合わせます。

②鍼灸ーどの経絡のツボを使うか調べます。

③食事指導ー食材を選択します。

④養生法ー温め、顎マッサージなど気の反応によってアドバイスしていきます。

今日の瘀血がある男性の方。

アジで反応がよくなります!

そこで食べ方も調べてみました。

アジのたたき、塩焼、アジフライ

塩焼きがよかったです。

こうしてどんな職業の方もいずれかの方法で気診アドバイスを使えるように工夫をしています。

食材でもぴったり合うと漢方と同じように気の異常反応が取れていきます。

まさに「医食同源」

なるほどその通りと実感しています!!

気診力アップ

今日も花曇り。久々のお休みは家におります。

3年生食養生クラス10名

3年生になると気の診断のスピードと正確さは初めの頃とは雲泥の差です。

一番最初は、たばこと健康ふりかけの違いを捉えるにも四苦八苦。

半年くらいそんな状態だと嫌気がさしてしまう人も。自分にはできないんじゃないかと思ってしまうようです。

そんな中、地道に続けて行かれるとある時、確信に至る時が来るのです。それは人によってバラバラ。3か月で来る人もいれば2年か3年かかる人もいる。

講座に出ると元気になるのでそれで続けている方もいます。

そして食養生の3年生クラスの皆さん。

気血水の異常の診断から、約30品目の食材から、自分にとっても合うもの、今は合わないもの、そして中間のものを10分くらいで選別していきます。

何と成長したことか!!(笑)

続けていけば必ず誰でもできるようになると確信している私にとってはとても嬉しい時間でした。

この先目指すは、更に気がアップして食べられるものが増えること。そして健康を維持していくこと。今よりもっと元気になって頂くことです!