」カテゴリーアーカイブ

体験談⑧~ざわざわ感~

日曜日はよいお天気の中、午後から漢方のお勉強会。

4時間みっちりでした!

もうかれこれ10年近くになるでしょうか。

私がとっても調子を崩していた頃(たしかこのお話は以前にも書きました)、無門塾の田畑先生に出会いました。

動くこともままならず、身体は重く、時々突き上げるようなざわざわ感。

実家に帰って静養。

母が作ってくれるご飯を食べて、あとは寝るだけ。

帰るところがあることがありがたい日々。

田畑先生の出して下さったのが「柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)」

これも柴胡が入っているから、上がってしまった気を下してくれるのです。

更に乾姜が入っているので強烈に温まります。

この時は煎じ薬で飲んだのですが、本当に身体に染み渡り「効くなあ」と思いました。

3日もすれば身体は温まり、1か月もする頃、あーよくなったと感じました。

あの気持ち悪い、「ざわざわ感」が取れました。

この柴胡桂枝乾姜湯が合う患者さんがいらっしゃると、あの頃を思い出し辛いだろうなあと思います。

精神的にも参っているとどうもこれが出るようです!

すっかり元気になった私はまた東京に戻って、お仕事スタートしました。

私が自分で色々体験したことで、患者さんがどんな状態かわかるのでこれも必要なことだったのかなと思っています。

 

体験談⑥~血の淀み

連休後半は実家に行ってきました。

いつもの成田山では天皇陛下ご即位のお祝いが掲げられていました!

 

さてまた体験談。

当帰芍薬散ですっかり貧血が治りましたが、身体が熱くなったところまでお話しました。

身体が熱い時は、本来は清熱剤。(身体の中が冷えて表面が熱い場合は中を温めないといけないです。ほてりは冷えの反応と言われています)

私の場合は清熱剤を使うほどではなくて、瘀血(おけつ)を取る漢方の一番有名な桂枝茯苓丸でした!

瘀血は何ですか?と聞かれると「血の淀み」と説明しています。

その血の淀みを便と一緒に排泄するのが、駆瘀血剤です。

エキス剤でももちろんよいですが、私は漢方の師匠、田畑隆一郎先生が作っている数粒丸剤を飲んでいました。こちら ↓

飲み始めてすぐに、身体が熱いという感覚は減っていきました。

ぶつけた後の青あざとかも瘀血です。

甘いものやお肉類などが多い方も瘀血が溜まりやすいと言われています。

桂枝茯苓丸は長く飲める漢方です。

私もトータルで数年位飲んだでしょうか。(色々変わったので正確には数えておりませんが)

色々な漢方のお陰で、冷えが取れ冬でも湯たんぽやカイロは不要になり、夏の冷房にも強くなりました。

気診で邪気が被ることも無くなりました。

身体がとても楽になったなあと感じています!

 

(写真は実家で咲いた牡丹です。桂枝茯苓丸には牡丹皮が入っています)

 

意識

“令和”という響き、私は好きです。

どのような時代になるか、というよりどうしたいかという意識が時代を作っていくように思います。

 

今回は気になる記事をいくつかあげておきますね。

 

ごちゃまぜのコミュニティ

https://note.mu/tadao_x/n/n2c7b3fa77b65

http://coffeedoctors.jp/news/2200/

 

道しるべ

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4271/index.html

 

 

「駆け込み寺」 テレビに出ます!

 

すてきな連休をお過ごしください。

戸隠リトリート

6月22日~23日戸隠リトリートのチラシができました!

22日正午に長野駅集合で、そこからはマイクロバスで戸隠へ。

戸隠観光協会のパンフレットからその魅力をどうぞ。

一昨年は戸隠に伺った時は雪があり中社のみでしたが、今回は奥社にも参拝致します。

空気が本当に気持ち良いです。

 

そして中社からすぐの宿坊極意さんへ。こちらは国の登録文化財です。

http://www.egokui.com/

お蕎麦が美味しいです。

夕方気診講座を行い、お夕食。

 

23日は朝のお詣り。気持ちよいでしょうね!

朝食を食べたらバスで黒姫和漢薬研究所へ。

狩野土社長のご講演「生活に活かす和漢薬」

そして息子さん狩野森様の「マイ茶作り講座」

気診も使ってお茶を作ってみましょう。

この黒姫和漢薬研究所さんにある延命堂。

こちらがすごいのです!

こちらのブログをご覧くださいね。

狩野社長のお姉さま、健康生活舎社長の狩野万葉様のブログです。

かなり古い写真で加工無しです!

http://www.hohoemidokuhon.co.jp/%E9%BB%92%E5%A7%AB%E5%B1%B1%E9%BA%93%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC/

 

そして最後は野尻湖。狩野社長がどうしても体験してほしいとのこと。

湖上の弁天島(通称)へ。

霊験あらたかなとのこと。

今回もどんな体験ができるかとても楽しみです!

 

チラシはこちら。お申込は天クリニックへメールでもFAXでもどうぞ!

 

素敵な連休をお過ごしください。

 

 

体験談④あちこち症状

以前に私も更年期を経験しました!

ある日、汗がバッと出て、すーっと冷えていく。

何だかしらないけどイライラする。

気が上に上がって肩が凝る。

上は熱くて、足が冷える。

・・・・・

なるほどなあ、これが更年期症状というものかあと思ったものです。

早速漢方を合わせてみました!

「加味逍遙散(かみしょうようさん)」

これも柴胡剤です!

逍遥というのは「あちこち」という意味だと習いました。

症状があちこちに出るということのようです。

飲むたびにすーっと軽くなって、上の熱さが取れていきます。

なんて気持ちよいのでしょう!!

いらっというのも消えていきます。

中に薄荷が入っているのでそれで少し冷やしてくれます。

1日1/3~1/2包位飲みました。

ありがたいことに(漢方のお陰と思っておりますが)そんな症状は半年で終了しました!

私にはこの漢方が合いましたね。

他にもいろいろあるので、ご自分に合ったものが見つかれば楽になることと思います!

雑誌に出ます!

「明日の医療を支える信頼のドクター2019」に銀座漢方 天クリニックが掲載されます。

見本品が届きました!

ありがたいことに小さなクリニックの活動を10ページにわたりご紹介頂きました。

 

「医療に気を入れること」を目標に20年やってきて、ようやくその1歩が進んだ気がします。

人間の身体は見える体だけではない、見えない身体の状況を捉えてそこにアプローチするようになれば、もっと多くの方が元気になる、そんな思いでやってきました。

気診は見えない身体の状態を捉えます。

訓練すればどなたでもできるようになります。

そして見える身体のまわりにある気が調えばその方は元気になります!

そのことを取材して下さったのです。

 

取材に来て下さった方も「気」を感じる方でした。

身体が軽くなったのを実感して頂きました!

実感された方とそうでない方は原稿に書く意識が大きく違うことでしょう。

こういうことも天の配剤と思うのです!

ありがたいことです!

 

店頭には5月に並ぶそうです。

是非見てくださいね!

 

さて連休は、4月27日(土)14時まで  28日(日)29日(月)休診  30日(火)通常診療

5月1日(水)休診  2日(木)通常診療  3日(金)4日(土)5日(日)6日(月)休診

5月7日(火)から通常診療です!

 

 

 

 

体験談③四肢倦怠

早春の北海道、思ったより暖かくてびっくりしました!

花はまだ咲いていなかったのですが、2日間昼間コートを着なくても大丈夫なほどでした。

北海道にも縄文の遺跡があり世界遺産を目指しているのを発見。

 

地方は2講座ずつ1日講座で行っています。

今回は病態把握と病因。

北海道の皆様にもこれから気診の発信者になってとお願いしてきました!

 

さて今日は「四肢倦怠」

ある朝目覚めると、身体の重さを感じます。

こういう日は気が落ちているのです。

身体を引きづるように歩きます。

最近はほとんどないですが、以前は時々ありました。

たいていは前日お酒を飲み過ぎたとか、ちょっと無理をしすぎたとか、必ず理由があります。

そんな時は「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」

1/5包くらい飲むとあっという間にシャキッとします。

ロボットが起き上がるみたいな感じです!

飲むのはその1回。

 

補中益気湯も柴胡剤なので、飲み過ぎたら身体が乾きます。

過ぎたるは及ばざるが如しです!!

体験談②微嘔

明日から札幌気診講座2年生行ってきます!

春と秋の2回の札幌楽しみです。

 

さて今回は、朝起きたらちょっと気持ち悪かった時のこと。

食べ過ぎたのかなあ、朝気持ち悪かったんです。

そういう時は風邪(ふうじゃ)が中に入っているとみます。

漢方は柴胡剤。

古典には微嘔ー柴胡桂枝湯

喜嘔ー小柴胡湯と書かれています。

この時は柴胡桂枝湯を1回なめたら改善。

 

風邪が少陽病に入っていたんですね!

ただし柴胡剤は飲みすぎると体が乾くのでご注意です!!