カテゴリー別アーカイブ:

自然治癒力アップ(9)養生

特に秋冬おススメの養生法。

マグカップを使った養生法です!

お茶でもコーヒーでも温かいものを入れて使います。

飲む前の習慣にして頂けると一番よいです!

「だん中の温め」

胸の真ん中、胸骨という骨の所に“だん中”というツボがあります。

そこにちょうど熱が入るようにマグカップを当てます。

胸を温める

 

最初、私がこれをやってみた時、ストレスマックスでしたので気がとっても詰まっていました。

なかなか熱が身体の中に入っていかなかったことを覚えています。

でも毎日毎日当て続けた結果、温かさが背中に抜けていったのです。

「あーツボって身体の前後で繋がっているんだなあ」とわかりました。

そして更に続けていくと背中でお花が咲いたみたいに四方八方に熱が広がっていきました。

今も続けておりますが、熱は背中から両方の二の腕まで届きます。

本当に気持ちがよいので、皆さんにおススメしています。

 

そしてその流れでマグカップを顎の下に持っていきます。

“顎の下”というのがミソです。

顎、口、鼻、目から湯気で潤っていきます。

ここで深呼吸!

たくさん吸い込んで下さい。

肺は乾燥に弱いので潤してあげることが大切です!

 

ここまでがウォーミングアップになります!

どれも「気持ちいい」がポイントです。

気持ちよくない時は、無理にはしないことが大切です!

 

自然治癒力アップ(8)養生

漢方が決まったら次は養生法のご指導です!

漢方を手に載せている間に身体は結構弛んでいます。

敏感な方は漢方を手にしただけで「温かい」とか「軽くなった」とおっしゃいます。

昨日も友人が半年前から不調だったのに、漢方手にしてあっという間に復活していました。

「これはきっと量子物理学で解明されるのではないか」と話していました!

 

養生の目的はご自身で気の巡りをよくして、年齢と共に減っていく気の現状維持かまたは増やしていくこと。私が最も重要と考えていることです。少々具合が悪くても自分で調整できるようになることが目的となります。

天クリニックの養生はもちろん噛みしめ改善「顎ゆるマッサージ」なんですが、その前にウォーミングアップがあります。

まずは、「肩の力を抜く!」

身体に力が入った状態で養生法をしても効果は何分の一かになってしまいます。

肩を上下させて、力を抜いてみましょう。

 

次にかなり重要なことなんですが、「顎を引く」

意外と気づいていない方が多いのですが、ほんの少しでも顎が上がっていると、首から下全部を引っ張り上げているような状態になって緊張が取れません。

ちょこっと顎を引くだけ。それだけで緊張が取れて、足の方に気が流れていきます。

 

そして「口元を弛める」

下顎安静位を取っていきます。

上下の歯と歯が2,3mm空いている状態です。

身体が最もリラックスする顎の位置と私は考えています。

口を閉じても、この安静位に下あごがあるのが理想的な状態です。

最初はちょっとお口が空いてしまいますが、「顎ゆるマッサージ」を続けて頂くと口は閉じられるようになります!!

 

まずはこの下顎安静位をご自身の身体で覚えていくこと、それが養生のスタートです!

自然治癒力アップ(7)漢方

気血水の漢方が全く合わない方がいらっしゃいます。

そういう方は「肝腎要」の漢方からスタートです!

それもほんの少し。1つまみ。

すべてが固まってしまったように、身体の中の動きが悪くなっている場合には、少しの刺激でちょっとずつ揺り動かしていきます。

肝は、ストレス、目の疲れ、怒りなどで気の流れが悪くなります。

腎は冷え、疲れ、甘いもの食べ過ぎでエネルギーダウンします。

まずはそこから動かし気を増やしていくのです。

 

特に腎の漢方は多くの方に必要です!

今の世の中巷には冷たいものや甘いものがあふれており、お仕事で忙しく疲れも溜まっていることでしょう。

 

「肝の気は流して、腎の気を元気に!」

これが自然治癒力をアップするカギだと思っています。

自然治癒力アップ(6)漢方

天クリニックでは特に気虚の方が多いです。

調子が悪いけど、どこに行っても原因がわからない。

そんな方は気=エネルギー不足です。

気=エネルギー不足は、気を測る器械がまだないため検査をしても異常は出ません。

本当に多くの方がエネルギー不足で調子が落ちていることと思います。

早く「気」を医療に入れたいと私が強く思うのはそのためです!

 

気が足りない方は全体にしぼんでいます。

元気ハツラツにはなれません。

そんな時は補気剤を使って補います。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)が有名ですが、これはある程度元気な方にしか合いません。

もっともっとエネルギー不足の方はそれより弱い方向けの漢方でないと強すぎます。

どこのエネルギーが不足しているか、それを気診で判断していきます。

自然治癒力をアップするために「漢方」は必須と私は思っています!

 

こちらの本がとても面白いです。

作者の方の漢方体験談ですね!

自然治癒力アップ(5)漢方

気診では漢方を風邪(ふうじゃ)と本治(気血水や五臓のバランスを取る)に分けています。

風邪(ふうじゃ)が取れたら本治の漢方を合わせていきます。

たいていは同時にお出ししていきます!

風邪(ふうじゃ)+本治

例えば

風邪(ふうじゃ)が太陽病で葛根湯

本治が瘀血(おけつ)で桂枝茯苓丸という感じです。

 

漢方を本格的に学び始めて10年くらい。

ようやく頭の中が整理されてきました。

まだまだ使えていない漢方が多いですが、気診で気が調う漢方を選択できるようになりました!

 

まずは気血水の漢方。気血水は身体の中を巡っているものです。

気血水の異常には“足りない”と“滞っている”があります。

気が足りないー気虚、

気が滞っているー気滞

血が足りないー血虚

血が滞っているー瘀血

水が足りないー陰虚

水が滞っているー水毒

 

これらの中の一体、何がどうなっているのかそれを気診で調べていきます。

一番優先的に改善しなければいけないところを見つけていくのです。

お知らせ&今後の予定

天クリニックの鍼灸師、横田千枝先生のテレビ登場は一瞬でしたね!

でもお陰様で天クリニックの名前が出ました(笑)

 

さていくつかお知らせです!

◎10階のお部屋銀座サロンの空きが出ました。

第1土曜、第1日曜、第4日曜

広さ9坪、机椅子、ベットあり。

1日借りて1万円です。

他にも1500円/1時間の時間で借りられる日もありますので、ご希望の方はお問合せ下さい。

 

◎気診のできる俳優さん、斎藤裕さんのミュージカル「チャンス」2018が目黒であります!

前作のブロマイドも!

 

とっても楽しいミュージカルだそうです。

楽しくなりたい方は是非!

 

☆10月からの予定

10月26日(金) 気診の学校1年生スタート

10月27日(土)~28日(日) 気診の学校 大阪講座

11月30日(金)気診イベントin銀座サロン

11:00~12:00 気診体験講座(どなたでも。無料)

12:00~13:00 ランチ会 (どなたでも。参加費1200円)

13:30~15:20 クリーム作り (どなたでも 参加費5000円)

15:30~17:30 気診復習会 講師 鈴木彩美先生(1年生修了以上の方 参加費3000円)

17:45~20:00 交流会 ウルグアイのオリーブオイルを使ったお料理&お酒

(どなたでも。参加費1500円)

お待ちしております!!

 

 

 

自然治癒力アップ(3)漢方

自然治癒力アップには風邪(ふうじゃ)を取らないといけません。

 

風邪(ふうじゃ)の漢方は6段階に分かれています。

表側の風邪は陽病

風邪が身体の奥深くに入ってしまったら陰病です。

陽が3段階、陰が3段階

まずは陽の病

一番浅い陽病は太陽病と言って首こり、肩こり、頭痛、背中の張り、足の冷えなど・・・。

ここで有名な漢方は葛根湯。

でもこれは汗が出ている時は合わないです!

 

さらに風邪が深まると少陽病、陽明病というように変化していきます。

どこの段階までいっているかを漢方を載せながら気診で調べていきます。

 

以前に詳しく書いたのでこちらをご覧くださいね!

太陽病

少陽病

陽明病

 

自然治癒力アップ(2)気診

問診と気診。

それでおおよその状態を把握します。

これを病態把握と言います。

その気の状態に合わせてまずは漢方を決めていきます。

なぜ漢方が先かというと、漢方が決まると一体どこが弱っているのか、何が問題なのかがわかりやすくなるのです。

どの漢方で気が調うか、それがその後の養生指導につながります。

 

漢方まずは“風邪(ふうじゃ)”の漢方の選択です。

身体のまわりにもやもやと霞のような気の異常があれば風邪(ふうじゃ)ありと判断します。

この風邪(ふうじゃ)がなかなか厄介で、これが被っていると身体が重い、疲れやすい、だるい、何も考えられない、冷える、痛いところがある・・・などなど様々な症状が起こるのです。

まずは風邪(ふうじゃ)を取ること、その風邪(ふうじゃ)が一体どこまで身体の奥に侵入しているかを漢方を合わせて調べていきます。

ふうじゃがうまく取れないと結果はうまくいきません。つまり気診では自然治癒力はアップしないとみています。

更に厄介なことに風邪(ふうじゃ)は毎日毎時間くっついたり離れたりコロコロと状態が変わります。

 

ちなみに風邪(ふうじゃ)は一般にいう風邪(かぜ)とは違います。鼻水もないし熱もありません。

天クリニックでは気を調えて自然治癒力をアップしています!

(つづく)