カテゴリー別アーカイブ:

子供たちを気診

小さなお子さんでも調子の悪い子が増えているのでしょうか?

口呼吸だったり、噛みしめをされて気の巡りが悪くなっています。

また冷たい物や甘い物を食べ過ぎてエネルギー不足のお子さんも多いようです。

 

そんな時気をみると、噛みしめていると「肝」

冷たい物、甘い物食べすぎだと「腎」に反応があります。

またエネルギー不足でお腹の気が足りない時もあります。

 

面白いことにお子さん達は、瘀血とか水毒とかはないんですね(今見ている限りでは)

ですから、肝の気を流したり、腎の気を補ったりすると元気になっていきます。

何歳くらいから、瘀血や水毒になるのかなあと、そのあたりも興味深いです!

 

本日より大阪講座行ってきます。

ステキな週末を!!

“場”

以前どこかに書いたのですが、私は3つのことをすると言われたことがあります。

私もその自覚があるのですが。

 

ひとつは、気診を伝えること

ふたつめは、気を医療に入れること

三つめはおそらく“場”を作ることだろうと考えています。

すでに最初のふたつはスタートしています。

 

皆さんはどんな場があったら嬉しいですか?

そこにいたら元気になる所

元気になる本当の情報を教えてくれる所

一人ではできないけど、チームになればできるかもしれないことが実現する場

今困っている人を応援できる場

・・・・・・

今回の山形米沢行きは、某所を活用しませんか~?というお話でした。

あくまでもまだお話。

一番難しいのは、どうやって運営していくかなんですね。

あとはお仲間ですね。

同じ方向性の志を持ち、自分のことだけじゃなくてまわりのことも考えられる方々と一緒ならできるかな??

現在色々な可能性と発想を無い所からひねり出しています(笑)

 

さあ~どうなるでしょうか??

 

小町川温泉

 

 

上杉神社

 

米沢駅

 

 

 

場のエネルギー

伊豆長岡での合宿を終えて東京に向かう途中、少し時間があったので三島で途中下車しました。

新幹線側の方で降りたら何もなかったのですが・・・。

伊豆半島ジオパークの案内看板がありました。

 

2000~1000万年前、伊豆半島は何もなく深い海での火山活動で小さな島ができていき、200~

100万年前本州への衝突が始まり、60万年前半島の原型ができ、60~20万年前ほぼ現在の伊豆半島になったとのことです。

温泉はたくさん出ているし、場のよいところも多いし、こういう経緯があったのだなと改めて思いました。

実は場のエネルギーは大事で、どのような環境にいらっしゃるかも自然治癒力に大きく影響します。

環境はもちろん自然の影響、そして住んでいる方々の意識、まわりの影響など様々なことで作られます。

エネルギーのよい場所で、心穏やかな意識を保ち、まわりの方々とよい関係を築いていくこともとても大切です。

 

場のエネルギーがよいかどうかの判断は、身体の感覚に意識を持っていきましょう。

 

☆身体が温かいですか?

☆身体が軽いですか?

☆身体に普段はない違和感はありませんか?

☆締め付けられたり、重さを感じたり、痛みを感じたりしませんか?

☆心地よいですか?

感性を高めて、ご自身で場のよしあしを判断できるようになりましょう!!

 

伊豆半島オススメスポットも出ていましたのでこちらもどうぞ!

梅干し作り

伊豆~山形行って参りました!

その報告はまた後日致します。

 

6月から知り合いの農家さんにお願いして、“気診”梅干しを作って頂いています。

どこが気診なのかというと

まず「塩」を気診で選びました。

それから定期的に気を送っています。

 

 

こうして気の反応をみながら作った梅干しが遂に干すところまでできました!

 

 

今回は白干しというこのままにします。

このまま1年くらい寝かせるのもあり、このまま食べてもOKということで楽しみにしています。

 

今年は試作品です。

 

なんだかとっても可愛くて愛おしい梅干しです。

 

物事の捉え方

信州サラスターファームから真菰茶(まこもちゃ)が届きました。

真菰は古くから不思議な薬効があることが知られていて、お釈迦さまもお使いになっていたそうです。

抗酸化作用が強く免疫力の向上があったという実験結果が出ています。

ご興味ある方は気診で合うか調べますのでお声かけくださいね!

 

さて物事の捉え方ひとつで、気の改善が大きく異なります。

そして何度も書いておりますように感情が気の状態に大きく作用しますので、感情の起伏が激しいと気も安定せず、病の治りも悪くなります。

例えば、どこかが痛かった場合、

「あー冷えているというお知らせなんだ!気を付けよう。ありがたい身体のサインなんだ」

と思うか

「痛くて痛くて仕方ない!嫌だ~」

としか思わないかで改善は大きく違うわけです。

 

この記事にもそのことがよくわかる内容が書いてあります。

よかったら読んでみてくださいね!

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170824-00010009-jisin-ent

 

これから伊豆長岡でのシンポジウムに向かいます。

ステキな週末を!!

若返る!

遠隔気診の患者さんには毎月お写真を送って頂いています。

びっくりすることに激変している方が多いのです。

お顔がスッキリして、目がはっきりして、にこやかな顔になっています。

 

クリニックで直接拝見するより、写真で拝見すると前の月と比較するせいか変化がとってもわかりやすいんですね。

そして皆さん「若くなる!」

気が調い、気が流れ、気が充実するというのは、若返るということなんだなあと思いました!

アンチエイジングにも「気」が重要と日々感じています!!

 

(写真は成田山公園)

気が飛ぶ!

少し前に「異質な気」について書いたところ、何人かの方から問い合わせがありました。自分も影響を受けているのではないかという質問です。

その方々からは嫌な気は感じなかったので大丈夫だと思うとお話しました。

ただその時大丈夫でも気に敏感な方は気の反応の悪い所では影響を受けてしまうと思います。また人の気であればなるべくその人のことを考えない、つまり周波数を合わせないというのは重要です。

私も時々、首の後ろに痛みを感じる(ツンツンと刺さるような)ことがあり

「あら?誰かから飛んできてる!」と思うことがあります。

凝っている痛みとは全く違うのです。

誰から来てるかわかるときもあればわからない時もあります。

でももしかして私のも飛んでるかもしれないのです。

(「嫌だな」「全く!もう!」とか思った瞬間に飛んでいきます)

聖人君子ではありませんのでそういった感情がでることもちろんありです。

それでお互い様かもと思うようにしています。

ここで気の戦いが起こるとお互い辛くなってしまうと思うのです。

そういった感情からは早く抜け出すことが肝心です。

そうでないと自分の身体をも痛めてしまいますから。

それにしても気診をしている時はそんな感情はちっとも湧いてこないんですけどね!

異質な気

何度も見えている患者さん。

気がいつもと違う。

私の手にビリビリというか変な重さを感じる。

普通の気じゃないなあ~

気診の創始者、小田一先生の本には「異質な気」の存在について書いてある。

その方ご本人に由来するものではない。

(風邪を引いているとか、感情が乱れているとか・・・)

私たちの間では「頂きものをしちゃった」と言っている。

他の方からの気、意識、念である。

それがぶら下がるように、または覆いかぶさるようにくっついてしまう。

自分のエネルギーが十分あれば跳ね返せるが、療養中の方にはそれは難しい。

そこで気診の創始者、小田先生のお写真をしばらく持って頂いた。

だんだん身体が温かくなっていって抜けていった。

 

あの世にいらしても小田先生は人を救っておられる。

ますますご尊敬致しております。