カテゴリー別アーカイブ: イベント

日本東方医学会シンポジウム

2月3日(日)に開催された東方医学会のシンポジウムに参加してきました。

大変興味深い内容が多く勉強になりました。

今回とても興味があったのが「気」の測定をして東洋医学の機序解明を試みられている名古屋大学の川瀬晃道先生の発表です。

お父様がナショナル(現パナソニック)に勤務しながら、生気法という気功法で多くの方を治されていたそうで小さいころから気が当たり前の環境にいらしたそうです。

色々調べてみると、汗腺がヘリカルアンテナのような構造でその下のマイスナー小体がその発信器ではないかというお話でした。その構造は人やサルだけがもつそうです。

「外気は数百GHz帯のどこかに存在する電磁波であり、汗腺ヘリカルアンテナ(経穴)から送受信され、汗腺の下のマイスナー小体がその発振器であり、そこから延びる神経が経絡である」という仮説を立てていらっしゃいました。

そして先生は気功師が出すものは電磁波でミリ波、サブミリ波ではないかとおっしゃっています。

そこで講演終了後、先生とお話させて頂いたのですが、先生の測られているのは武術系の気、中国では剛力というそうです。

私のような意識を使う気は法力というらしく、先生が測ろうとされている機械では測れないとのことでした(残念)

でも少しずつは「気」の研究が進んでいることに喜びを感じた次第です!

 

今回は地域連携の可能性というお話がメインテーマで、東洋医学に理解のあるお医者さんがいらっしゃると鍼灸師さんとの連携が可能ということがよくわかりました。

そしてそれが高齢化社会にとって重要なテーマであると改めて認識しました。

また埼玉県の山口病院、精神科部長の奥平智之先生のお話はとても興味深いものでした。

先生は「食べてうつぬけ」という本を書かれています。

足りない栄養素を調べて、補うことによりより改善しやすくなるというご意見です。

健康診断で血液検査でオールA。

でも栄養の問題で心身に不調のある人がいらっしゃるそうです。

気診でみている未病と同じですね。

 

うつや不安には鉄、タンパク質、ビタミンB群、亜鉛、ビタミンDの不足が

不妊にはビタミンB群、D、Eの不足が

アトピーには亜鉛やタンパク質、ビタミンB群の不足が、

あるとのことでした。

血液検査をして薬の前に栄養からのアドバイスをしていくそうです。

本当に大賛成です!!

 

少しずつではありますがこういう医療のネットワークが増えているように感じました!

 

 

 

 

 

迎春

本年もよろしくお願い致します。

穏やかなお正月でしたね。

恒例の成田山に行き、恒例のおみくじを引き「機は熟した」と感じています。

思いあがるとダメですけど(笑)

 

昨年城南信用金庫の顧問、吉原毅氏のお話を伺いました。

その昔人は助け合って生きていました。

産業革命以降、競争の時代になり科学が発達し、人の価値観の中心はお金や理屈になりました。

自分さえよければいいという人が増え、思いやりがなくなってきました。

お金の暴走が始まったのです・・・。

 

これからどんな未来を作っていくか、私たちの意識にかかっていると思います。

何が大切か、これから作ろうとしているコミュニティーの課題です。

とても勉強になりました。

 

吉原さんは今、自然エネルギーを推進する活動をされています。

機会があったら是非お話聴いてみてくださいね。

来年の予定

「今年もお世話になりました。

変調があるたびに先生からご指導いただき、色々学ぶことが出来ました。

あわてたり不安に思うことも前よりずっと少なくなり嬉しく思っています。

来年も更に精進していこうと思っています。

本当にありがとうございます。」

 

年末に嬉しいお便りでした。

 

本日で年内の診療は終了です。

来年は1月8日(火)から診療始まります。

 

来年の主な予定をお知らせ致します。

2月3日(日)東方医学会

 

2月24日(日) 天クリニックのチャリティイベント

チャリティご参加の皆様のお陰でこちらの冊子ができました!

 

皆様よいお年をお迎え下さいませ。

 

 

地球のこと

今年は何度も地球環境の問題についてお話を伺う機会がありました。

11月は東京大学名誉教授の山本良一先生

地球の資源は有限。

世界ではダイベストメントが始まっている。

ダイベストメントとは、投資撤退。

化石燃料関連会社への投資を撤退しているそうです。

再生可能なエネルギーで地球に負担をかけないようにという動きが世界は加速しているようです。

 

そして先日は国立環境研究所の江守正多先生

「気候変動の現状と卒炭素への道」

2050年の天気予報を見せて頂きました。

https://www.youtube.com/watch?v=NCqVbJwmyuo

 

今年は2050年の天気に近い状態でしたね。

 

適応策として社会を温暖化に合わせていこうという流れ。

そして再生可能エネルギーを増やすこと。

そして社会の大転換が起こらないと変わらない。

人々の世界観の変化、つまり常識が変わり

持続可能な社会への変化が必要とのお話でした。

 

環境と健康は関連しあっています。

来年も両方の勉強を進めていきたいと思います!

 

 

 

 

 

歯科での気診応用

先日覚醒医療ネットワークでご一緒のソフィア・オーソドンティック・アカデミー学院長の島本和則先生の研究会で、「気診で自然治癒力アップ」の講演をさせて頂きました。

島本先生は矯正科の歯科医師です。ソフィア矯正歯科医院

まだ六本木が今のような発展をする50年以上から矯正歯科をされています。

覚醒医療のシンポジウムで私が話したのを聴いて下さり、ご依頼頂きました!

 

そして先生方のご感想の掲載されたNWES LETTERが昨日届きました。

 

病気は気が正常に働いていないこと、そしてそのキーが「顎」にあること、顎をリラックスさせることが重要なこと・・・。

私がいつも強調していることをとてもよくご理解頂き、また実習で先生方に体験して頂き、本当に気を捉えることができることなど書いて頂きました。

気の流れをよくするためには、噛みしめを改善しなければいけない!ということは歯科の役割が大きいわけです。

知覚過敏や顎関節症、歯周病もまず噛みしめ改善から行って頂くと、経過がよくなります。

噛みしめを改善して、身体全体を弛めることが歯科でも一般的になることを伝えていきたいと思っています。

そして先生方が評価してくださったのは色々な先生方と連携していること。小さな世界に閉じこもらず、様々な専門家とつながっていくことで広がりが出てくると思っております。

 

島本先生はライフワークで羅漢さんの絵を書いて、その言葉を英訳されています。

今回出版された「幸せの扉を開く呪文、羅漢様からの贈り物」も心が温かくなる本です!

クリニックに置きますのでご覧下さいね!

島本先生ありがとうございました!

2019チャリティイベント

急に寒くなりましたね。風邪などお気をつけくださいね。

さて2019年のチャリティイベントの内容が決まりました。

来年は2月24日(日)の開催となります。

 

気診体験またはヨガのグループセッションから1つ

折花でカード作り

アロマのヘッドマッサージ

酸素オイルバランスセラピー

気診食事指導&自律神経測定

この4つの中から2つお選び頂けます。

詳細はチラシをご覧くださいね!

 

素敵な週末をお過ごし下さい。

 

 

自然治癒力アップ(21)カウンセリング

日曜日オーガニックシティを目指している木更津に行ってきました。

お天気よくて気持ちよかったです!

木更津は農業に力を入れています。

 

新しいもの色々発見。

こちらは「ちしゃとう」

肝機能を改善することがわかったそうです。

独特の香りがあり皮は固く、皮を抜いて炒めたりお鍋にしたりです。

 

そしてボルトジンユの苗もゲットしてきました。

どんどん大きくなって葉っぱを天ぷらにすると美味しいとのこと。

ちょっと育ててみます!

 

さて自然治癒力アップ。

カウンセリングを受けるのもよいと思います。

自分で整理ができないとき、人に話すことによって、またはアドバイスを受けることによって気持ちが落ち着きます。

気持ちがとっても大切なので合うカウンセラーさんを選ぶのが大切だと思います!

お知らせ&自然治癒力アップ(16)食養生

11月のイベント各種です。

11月12日~17日

聖路加第二画廊での高津利依さん展示です。

いつも癒されに行きます!

 

11月19日(月)日本経済人懇話会は環境問題の第一人者、山本良一先生です。

高砂淳二さんの写真展 11月15日まで

世界の自然の素晴らしい写真を是非ご覧ください。

http://kusaba-kazuhisa.com/news/

 

そして草場さんの陶彩画は11月17~24日 詳細こちら↓

http://kusaba-kazuhisa.com/exhibition/1721/

 

さて食でかなりこだわっているのが「水」と「塩」です。

私自身が以前、全身に蕁麻疹のような発疹が出た時に水道水から変えて改善しました。

弱っていたのもあるのですが、それ以来「水」にはこだわり続けています。

身体の60~70%が水分と言われています。

なので取り入れる水の質は重要です。

先日お目にかかったカイチュウ先生こと藤田紘一郎先生が「水の教科書」(海竜社)を出されています。

 

そして塩。

今はたくさんの種類のお塩が出ています。

その中でご自身にどれが合うかとか考えたことがありますか?

合うお塩は美味しいと感じます。

身体が緩みます。

しっかり味わってみてくださいね。

東京薬膳研究所の武鈴子先生は、こんな風に書かれています。

「よく考えましょう“減塩ブーム”」

塩気の多い食べ物は身体を温める作用があります。

血液中の塩分濃度が高まると、エネルギーの燃焼作用が盛んになって体温が上昇します。

身体が内側から冷えるのを防いでくれるのです。

(中略)

鹹味(しおからみ)は泌尿器の働きを助け、体内の水分代謝を調節する働きがあります。

衰えた生命エネルギーを回復するためにもなくてはならないものなのです。

(中略)

湿気の多い環境で暮らす日本人は余分な水分を発散しにくい環境にあります。

必要以上に減塩に走るべきではないのです。

 

これらは下記の本に出ています。是非ご一読を!!

 

明日は急遽長野に出張です!またお勉強して参ります。