カテゴリー別アーカイブ: 漢方

瘀血①

昨日は友人と銀座の画廊にお邪魔して芸術の秋を楽しみました!

是非行ってみたかった草場一壽さんの個展と、天クリニックお隣の創英ギャラリーさんで行われているロシア正教のイコン展に。

草場さんの作品からは気が溢れていて驚きでした!

陶彩画という本当に美しいものでした。

 

今週までしています。よかったら!!

 

さて気血水です。水毒の次に多いと思われるもの、どんな方でも多かれ少なかれあると思われるもの、それが最後のテーマ「瘀血」です。

患者さんには「血の淀み」と説明をしております。

水毒が色白でぽっちゃりしているのに対し、瘀血の方は肌の色が浅黒く、体も硬いイメージです。

まとめです!

瘀血は冷えや暑さ、精神的なストレス、偏った食事、睡眠不足、脂質異常などにより全身を巡っている血の流れが滞った状態

 

(症状)肩こり、頭痛、腰痛が悪化、月経痛がひどい、長引く、シミやくすみ、

あざができやすい、皮膚や粘膜、歯肉、舌が暗紫色

 

(養生)温め、スポーツなどで体を動かす、脂っこいものは避ける、

お酒を飲みすぎない、食事が重要

 

(漢方)駆瘀血剤

当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、治打撲一方、通導散、

桃核承気湯、疎経活血湯など

腎を元気にする六味丸や八味丸にも駆瘀血の生薬が入っています。

 

(ツボ)血海、三陰交、太衝

 

 

血虚①

爽やかなお天気です。

どこかで日向ぼっこでもしたい気分です(笑)

さて今回から気血水の異常は「血」に入ります。

まずは血虚~血が足りない~です。西洋医学でいう貧血のイメージですね。

実は私も何年か貧血で悩みました。

血液検査のたびに貧血でひっかかり、鉄剤を飲めば胃が痛み、食事が足りないのかと気をつけ・・・。

でも結局良くなったのは身体の温めでした。

冷えとは恐ろしいものです!

ではまとめです。

 

【血虚】血が不足して心身に潤い不足を起こす

疲労や睡眠不足、偏った食生活などで血の産出が不足。月経やケガなどの出血で血の量が足りなくなると、血虚になる。

 

(症状)顔色が悪い、貧血、たちくらみ、冷え、精神的にも不安定、寝つきが悪い、

眠りも浅くなる、肌が乾燥しやすい、髪がパサつき抜けやすい、爪も割れやすい

生理不順、月経痛、不安感、不安、自律神経失調症、眼精疲労、ドライアイ

円形脱毛症

 

(養生)温める、食事

早めに寝る、目の使いすぎを控える

心労をためないよう心掛ける

 

 

(漢方)補血剤―四物湯、芎帰膠艾湯、芎帰調血飲、当帰飲子、七物降下湯

 

気血双補剤―十全大補湯(四物湯+四君子湯+桂皮+黄耆)

帰脾湯、加味帰脾湯、人参養栄湯

 

 

(ツボ)血海、百会、肩ぐう

水毒①

早速沖縄から、嬉しい声が届きました!

「養生してから、朝の鼻炎のモーニングアタックない!!夜中にトイレに起きただけで鼻水もくしゃみも連発なって大変だったのに!!。

気診すごいよ~。感謝、感謝、雨、嵐だわ~・・・」

何とも即効性の養生講座でした。講座だけなので漢方も出していませんが気が巡ったようです!

やはり一番大切なのは「養生」ですね!

 

さて水の異常、次は「水毒」です。「水滞」とも呼びます。

日本は湿気が多いので、水毒の方はとても多いです。

更に水毒は様々な症状を引き起こします。

胸に水毒があれば、咳や痰、胃にたまっていれば消化器症状、気持ち悪い、食欲不振、お腹に水毒があれば下痢、他にもめまいや冷え、頭痛・・・

症状も多ければ、対応する漢方もたくさんあります。その中から気診でぴったりくるものを選ばないといけません。

水毒と言えども、水のたまり方が違うようで、ピンポイントで反応のある場合、お椀がかぶったように全体にある場合、円柱が立っているように水が溜まっている場合などなど。

気で診るととても興味深いです!

では以下まとめです。

 

【水滞】

水の代謝が滞り、体に余分な水分がたまる

 

(症状)めまい、立ちくらみ、むくみ、下半身の冷え、だるい、吐き気、乗り物酔い

下痢、胃もたれ、尿の減少、増加、鼻水、唾液、汗、関節痛、雨の日に体調が悪化

 

(養生)

温め、呼吸法(水を回すのは呼吸)、軽い運動、冷たいもの、甘い物を避ける、

水の飲みすぎ注意(こまめに温かいもので摂取)

 

(漢方)利水剤

五苓散、胃苓湯(平胃散+五苓散)、いん蔯蒿湯、猪苓湯

越婢加朮湯、防已黄耆湯、二陳湯、二朮湯、桂枝加朮附湯

桂枝芍薬知母湯、大防風湯、半夏白朮天麻湯、苓甘姜味辛夏仁湯

苓姜朮甘湯、苓桂朮甘湯

六君子湯、茯苓飲、半夏しゃ心湯、生脈宝、清暑益気湯、加味帰脾湯

(当帰芍薬散、桂枝茯苓丸)

 

(ツボ)陰陵線、豊隆、足三里、中かん、水分

 

つづく

陰虚②~水が足りない~

「水が足りない」は水を飲めばいいように思いますが、最近気づいたのですが飲めないようです。

特に子供たちは飲まないのではなく、飲めないようですね。

冷たい物や甘い物を常食していて、どうも腎がダウンしているようです。

そこで六味丸とか八味丸という腎を元気にする漢方を“1つまみ”ずつなめながら少しずつ水を取るようにして頂くと元気になっていきます。

お一人は10代の女子、頭痛で何日か学校を休むのがなくなりました。

お一人は6歳の男の子、毎月熱を出すのがなくなりました。

もちろん気を調える顎ゆるマッサージと呼吸法は必須です!

 

さて陰虚を改善する食物です。空気が乾燥して陰虚になりやすい秋の実りが多いのも驚きです。

自然とは真に素晴らしいものです!

【身体を潤す食物】

野菜:菊花、にんじん、山芋、れんこん、アスパラガス、オクラ、くわい、

しろきくらげ、じゅんさい、ほうれんそう 、きゅうり、ごぼう、セロリ

冬瓜、トマト、にがうり、白菜、へちま、ゆりね、アロエ、かぶ、小松菜、

里芋、しめじ、タラの芽、チンゲンサイ、まいたけ、まこもたけ、

マッシュルーム、レタス、

 

果物: 梅、柿、桑の実、すいか、なし、バナナ、かりん、りんご、いちご、

アボガド、いちじく、キウイ、きんかん、ざくろ、ココナッツ、

さくらんぼ、スモモ、パイナップル、パパイヤ、びわ、メロン

ライチ、レモン、

 

ナッツ:くるみ、ごま、ぎんなん、松の実、落花生、

 

穀類: 黒豆、緑豆、(米)  豆腐

 

香辛料、ハーブ:クレソン、

 

魚介: アサリ、イカ、うなぎ、カキ、タコ、ホタテ、あゆ、アワビ、クラゲ

スッポン、シジミ、ナマコ、ひじき、ブリ、マス、

 

肉類:豚足、豚肉、手羽先、馬肉、卵白、チーズ、ヨーグルト、牛乳

 

調味料: オリーブオイル、はちみつ、ごま油、砂糖、バター、

 

飲み物:プーアール茶、ビール、白ワイン、

 

 

陰虚①~水が足りない~

急に寒くなりましたね。体調崩さないようご注意ください。

 

さて気の次は“水”の異常です。

水の異常にも「足りない」と「滞っている」があります。

水毒とか水滞はよく聞きますが、陰虚(水が足りない)はあまり聞かないかもしれません。

しかし水不足で具合の悪い方が多いと思っています。

一番わかりやすい症状は「口渇」

口が渇きませんか?

また目が乾く。

皮膚がカサカサしてかゆい。

これらは陰虚です。

実は水毒より改善が難しいと感じています。

 

一度乾燥してしぼんでしまった細胞が元に戻るのは結構大変です。

水分を上手に取って(冷たいものを大量に入れても尿で出るだけで回りません)

しっかり呼吸で気を回します。

気が主導的に水や血を巡らせますから、すべてに於いて呼吸が大事です!

多くの場合「腎」が落ちて回す力が足りなくなっていますから、腎を元気にすることが必要です。

以下まとめです。

 

【陰虚】体の潤い不足。水が隅々まで回っていない

 

(症状)のどが渇く、目が充血する、便秘がち、ストレスを感じやすい

イライラ、のぼせやすい、ほてり、微熱っぽい、寝汗、肌の乾燥、かゆみ

特にホルモン療法を行っている人は陰虚になりやすい。

 

(養生)湯気を吸う、適度な水分を取る、

ミストサウナ、過労や運動のやりすぎ、お酒の飲みすぎは注意

睡眠をしっかり取る。身体に熱がこもっている場合は少し冷やす

水の巡りをよくするために、呼吸法をする

汗のかきすぎるスポーツはダメ

 

(漢方)潤わすもの

六味丸(腎を元気にして水を回すエネルギーを入れる)八味丸

麦門冬湯、炙甘草湯、滋陰降下湯、滋陰至宝湯

生脈宝(人参、麦門冬、五味子、黄耆)

 

(ツボ)腎のツボ

 

つづく

 

気滞①

気は目に見えないですし、検査機器でも捉えられません。

でも皆さんは、咽喉が詰まったり、胸が塞いだ感じや、息が苦しいとか、そんな経験はありませんか?

検査をしても実際には何も見つからない。では一体何が詰まっていたのでしょうか?

 

 

ストレスが溜まっていたり、言いたいことを言えなかったり、ガマンしていると気が詰まってしまいます。

気の巡りが悪くなり、つかえ感やイライラが起こる状態が気滞です。

 

症状はイライラ、怒りっぽい、ストレスを受けやすい、

げっぷやおならがでる、腹部膨張感、女性の場合は月経前の不調、

集中力の低下、不眠、頭重感、頭痛、肩こり、

便秘、うつ症状、円形脱毛症

 

心身の疲労やストレスで気の流れが滞ると体の色んな部分に不快感が起こります。

 

おススメの養生は胸の真ん中をマグカップのお湯で温める、顎ゆるマッサージ、

呼吸法―特にはく方― 画面の切り替え―イライラしていたら楽しいことを考える等

発散、気分転換が大切です。

 

漢方は滞った気の流れを順調に巡るようにする理気剤です。

半夏厚朴湯、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏、女神散、平胃散、釣藤散

 

抑肝散、抑肝散加陳皮半夏のことを私は「怒りの漢方」と呼んでいます。

本当にイライラしていても、しばらく飲んでいるとイライラが消えていきます。

この漢方が合う方は「一生離せない!」とおっしゃいますが、自然と必要なくなると味が美味しくなくなるようで、手放していきます。

人間の身体ってすごく繊細で本当に面白いなと感じます。

 

「良薬は美味!」と思っています。

 

ペットを気診

火曜日の昼からとっても幸せな気分を味わっています。

信州サラスターファームから、真菰の枕の試作品が届いたのです。

香りが良くて、お腹や腰に当てると温かくて身体が緩みます!

手にした方は皆さん

「気持ちいい!!」

 

写真の大きさが中くらいで、あと大きめのものと小さめのものを作るそうです。

持ってみたい方はお声かけくださいね!!ご注文も承ります。(中のサイズが3500円)

 

さてペットの気診を時々頼まれます。

今回は「気診の学校」2年生の受講生の方から体験談を頂きましたので掲載します。

 

***********

 

『夏になってから15歳のトイプードルが何となく元気がなかったのですが、急に嘔吐と下痢に血便も出て、そろそろ寿命かなと諦めかけておりました。

獣医さんからも「老犬だからね」とのお言葉。

何とかならないかなあと小倉先生に相談したところ

「かなり冷えていますね。これまでもペットの気を拝見したことがあるので気診で漢方診てみますね」

気診で合わせた漢方を数粒なめさせた所、2日位したら何とピョンピョン飛び跳ねるようになりました。

食欲も旺盛で、散歩はぐいぐい引っ張るまで回復しました!!

最初の状態は一体何だったのでしょうか??

でも復活してくれてよかったです。

今は私が宇田博士の健康ふりかけの気を毎日送って維持しています』

 

**********

 

=小倉談=

ワンちゃんは暑さに弱いからクーラーの中にいるのですね。でもかなり冷えちゃったみたいです。

漢方は何と「真武湯」という強い冷えを改善するものでした。やはり老犬ということで新陳代謝も落ちていたのもあるのでしょうね。飼い主さんは気診を学習中なので、毎日合うかどうか確認してほんの少し!!なめさせてねとお願いしました。小さいですから多く飲んだら逆効果です。他のワンちゃんは六味丸とか八味丸が多かったので、今回は真武湯でどうかなと思いましたが、早く元気になってよかったです。

まだまだ生命力があるということですね!ご自身の修行にもなるので毎日気を送って練習して頂いています。

漢方も副作用あり③

桜が咲き始めましたね!

私はこの季節が大好きです。なんといってもその昔、桜並木が近くにあって朝と晩に花見ができるという理由で谷中墓地の中に引っ越しましたから(笑)そんな所にアパートがあるの??という墓地の奥にアパート群があるんです。この季節はちょっと遠回りして夜桜を観て帰るのが幸せでした。

今でも年に1度は谷中に夜桜を観に行きます。樹齢が300年とも言われる主のような桜はJR日暮里駅南口から階段と坂をのぼりきってすぐ右に入るとあります。

 

さて漢方の副作用、あとはまとめて書きますね。

黄ごん・・・肝機能障害

(胃熱をさます、心胸部の血鬱を寫す)

柴胡・・・間質性肺炎

(胸脇部に鬱積する気熱を和し、胸脇苦満、往来寒熱を治す)

地黄・・・胃腸障害

(血熱を寫し、諸々の血逆を平にして心動悸、虚労、乾血、煩熱、下血を治す)

大黄・・・下痢

(熱性の毒を突き崩して、心下の血気を下降し大便の普通、腹満、黄を治し瘀血を下す)

人参・・・動悸、興奮

(脾胃の虚弱を治す)

附子・・・激しい動悸

(陽気を救い、悪寒、疼痛、厥逆を治す)

麻黄・・・不眠、発汗、動悸など

(上部、表位に凝結する水気を和し、陽気を発する)

地黄はよく使う六味丸や八味丸に入っているんですね。なので私ほんの1つまみだけにしています。それでも結構効くんです。まるで隠し味のように使っております。

柴胡は柴胡剤に入っています。こちらもよく使うのでご注意を!!肺が乾いていると感じたらこちらは違います。・・・なかなか自分で気付くのは難しい。ですが。

漢方お飲みの方はご自身の症状が少しでも変わったら、漢方が変わったかも!!という意識はお持ちになるとよいです。

( )はきぐすり曼荼羅 田畑隆一郎先生著