カテゴリー別アーカイブ: 気功

水毒①

早速沖縄から、嬉しい声が届きました!

「養生してから、朝の鼻炎のモーニングアタックない!!夜中にトイレに起きただけで鼻水もくしゃみも連発なって大変だったのに!!。

気診すごいよ~。感謝、感謝、雨、嵐だわ~・・・」

何とも即効性の養生講座でした。講座だけなので漢方も出していませんが気が巡ったようです!

やはり一番大切なのは「養生」ですね!

 

さて水の異常、次は「水毒」です。「水滞」とも呼びます。

日本は湿気が多いので、水毒の方はとても多いです。

更に水毒は様々な症状を引き起こします。

胸に水毒があれば、咳や痰、胃にたまっていれば消化器症状、気持ち悪い、食欲不振、お腹に水毒があれば下痢、他にもめまいや冷え、頭痛・・・

症状も多ければ、対応する漢方もたくさんあります。その中から気診でぴったりくるものを選ばないといけません。

水毒と言えども、水のたまり方が違うようで、ピンポイントで反応のある場合、お椀がかぶったように全体にある場合、円柱が立っているように水が溜まっている場合などなど。

気で診るととても興味深いです!

では以下まとめです。

 

【水滞】

水の代謝が滞り、体に余分な水分がたまる

 

(症状)めまい、立ちくらみ、むくみ、下半身の冷え、だるい、吐き気、乗り物酔い

下痢、胃もたれ、尿の減少、増加、鼻水、唾液、汗、関節痛、雨の日に体調が悪化

 

(養生)

温め、呼吸法(水を回すのは呼吸)、軽い運動、冷たいもの、甘い物を避ける、

水の飲みすぎ注意(こまめに温かいもので摂取)

 

(漢方)利水剤

五苓散、胃苓湯(平胃散+五苓散)、いん蔯蒿湯、猪苓湯

越婢加朮湯、防已黄耆湯、二陳湯、二朮湯、桂枝加朮附湯

桂枝芍薬知母湯、大防風湯、半夏白朮天麻湯、苓甘姜味辛夏仁湯

苓姜朮甘湯、苓桂朮甘湯

六君子湯、茯苓飲、半夏しゃ心湯、生脈宝、清暑益気湯、加味帰脾湯

(当帰芍薬散、桂枝茯苓丸)

 

(ツボ)陰陵線、豊隆、足三里、中かん、水分

 

つづく

北海道養生塾ご報告③

IMG_1982

最終日は朝から帯津先生の時空気功。気功を続けていらっしゃる患者さんはお元気でいらっしゃる方が多いとのこと。今回はそれを体感、実感致しました。

そして最終メニューは車座交流会。皆様方の質問に帯津先生が丁寧に答えていらっしゃいました。不安や恐怖といった感情が気には大きく影響します。こういう機会は患者さんにとって、とても嬉しいことだと思います。

IMG_1991顎養生①頭を上に持ち上げる

そして最後に帯津先生とお食事のお時間を頂きました!そこで気についてお話を伺いました。

私「気そのものを測ることはできそうでしょうか?」

先生「まだですね。もう一段階技術が進まないと無理そうです」

私「宇宙を測ることが進んでいるのですから、人間の身体の周辺を測れそうなものですが・・・」

先生「そうですね。もう少しかもしれませんね」

私「話は変わりますが養生大事ですね」

先生「よくなった患者さん達が自ら気功の指導をしています。続けている方の方が元気でいらっしゃいますね」

私「是非顎養生もお伝え下さい」

安藤さん(帯津先生の所の看護師さん)「簡単だからいいですね!早速取り入れます」

私「どうぞよろしくお願い致します!」

北の大地での3日間は大変充実したものになりました。多くの気診ファンができたことも収穫でした。お誘い頂いた佐々木梅子先生に感謝です!またスタッフの皆様には大変お世話になりました!(おわり)

悩み事

 気診が何をとらえているのか、つまり気が何かってことはまだ解明されていないのですが、身体のまわりに確かに何かがあるってことは、やればらるほど確信に至ります。


 気診をしていると、その人の気持ちや状況までもが捉えられてしまうことがあります。

 先日、研究会でいらしている方を気診すると


 頭の上に気の異常(雲のように浮いています)

 胸の真ん中に気の滞り

 右季肋部にやや硬さ


「お悩みがあるの??」

「なんでわかるんですか?」


養生して、考え事を置くと、頭の上の雲が消えるんですね。

また浮いてきたら手放して。


自分の考ええ方ひとつで、気の状態はよくなります。

心も体も気を巡らせて、健康体目指してください。



朱に交われば赤くなる

 研究会の講座で、いくつかの商品を気診してよい物を選別ことがあります。

 研究会は毎月3回行っているのですが、あるクラスでは「全員よい」という反応が出た商品が、他のクラスでは半分くらいの方が、「よくない」と判定が出ました。


 何が起こったかというと一人の人が、「あまりよくない」と先に発言したのです。それに引っ張られるように、何人かが「よくない」という判定をしました。


 私は面白い現象だなあと思って黙ってみておりました。

 自分の軸、中心がしっかりしていなと、他の人の言葉や意見に惑わされてしまうのです。

 その上、軸が変わったり、傾いたりすることがあるので、自分の判断が狂うかもしれないということは常に頭に入れておかなければなりません。


 それは誰にでも起こりうることです。

 

 それもひとつの修行と考えているので、その時その場での判断のままにしています。それもご縁ですからね~。


 そしてそれが気診の一番の難しさであることは過去からずっと変わっておりません。

 中心がぶれない人が増えた時、また気診ができる人が増えることと思いますビックリマーク

 

 

ふしぎな報告

 前回の大建中湯でよくなった鈴木さんから報告です。


 ご友人が多発性骨髄腫になって、毎日一生懸命気診して気を送ったんですね。

 私も相談は受けてアドバイスは致しました。でも毎日気を送ったのは彼女です。そして本日報告がありましたのでご紹介しますね。

 そんなことってあるのでしょうか~?というお話です。


 124日に入院して、抗がん剤とステロイドでの治療。ただし、頸椎にガンがあるので、これは放射線治療。

 なのですが、放射線が混雑していて10日くらい待たされたそうです。

やっと順番が回ってきたので、事前にMRI で確認したところ、ガンがなくなっていたそうです。

 それも第6だか第7だかの、頸椎ごと取れて無くなってしまったんですって(^^)

 ガンは無くなってバンザイ\(^^)/なんですが、大切な頸椎ごとないので、首を固定しなくてはならない。


 1年間位はギブスで固定して、お風呂も寝たまま病院に運んで入れてもらう、といわれていたそうです。

 年が明けて、海外旅行から主治医が帰ってきて診察したところ『そのギブス捨てちゃいなさい』って()

 なんと、無くなった頸骨が修復されているらしいf(^_^;

 

 主治医もビックリ仰天だそうでした。

 不思議なことがあるって(^^)v

 よって、元気に退院。

 腰はまだ、コルセットなどしているようですが、痛みも全くなく太って帰られたようです。

とにかく喜んで、喜んで。病院でも、痛いことも苦しいこともなく、リハビリも自分で驚くくらい軽やかにできたそうです。

 信頼して素直に気診受けてくれると、現代医療では考えられないようなことが、実際に起こるのですね。


嬉しいです。ありがとうございます。

まずは、ご報告でした(^o^