カテゴリー別アーカイブ: 症例

噛みしめと“眠れない”

漢方の臨床投稿記事です。

34歳男性

【初診】平成27年〇月

【主訴】眠れないので養生を教えてほしい

【既往歴】 花粉症(4年前から)

【現病歴】 毎年9月~11月になると体調が悪くなる。よく眠れない

今年も9月初めからよく眠れなくなった。

【経過】

(初回)

気診 噛みしめによる身体の緊張、胸に気の異常反応、水毒、肝気鬱血、気虚

養生指導 ①湯気を吸う ②頭を上に持ち上げる ③呼吸法 ④温め

漢方 朝 補中益気湯 0.5g  夜 六君子湯  0.5g

(2回目)1か月後

初診の夜からよく眠れるようになった。加湿器を使ってマスクをして寝ている。

気診  気の異常はほぼ改善 水毒あり

養生 ①湯たんぽによる温め ②こまめに水分を取る ③呼吸法

漢方 夜の六君子湯のみ

経過観察中

【考察】

噛みしめている方は身体が緊張してます。養生と漢方で身体の緊張をほぐせば噛みしめは改善していきます。

鍼灸師さんからの紹介です。秋になり以前と違ってどうも上向きにならないので漢方を気診してほしいとのこと。ここ数年9月になると決まって調子が悪くなるとのこと。眠れなくなりとても辛い。気診をすると身体の周囲に厚い雲のような気の異常反応あり。重いベールに包まれて呼吸も苦しい模様。しばらく眠れてないせいか疲れ切っている様子。前かがみになって身体が小さく縮こまっている。気診で右季肋部に反応あり。水毒。気診をすると補中益気湯と六君子湯。手に載せるとしばらくじっとしている。どうしたのかしらと見ていると、「あー!!息ができる!!」と急に前かがみだった上体を起こして叫びました。こちらの方がびっくりして「そんなに苦しかったのですね!?」

眠れなくなった数年前から春には花粉症も発症しています。つまり鼻とつながる肺が機能ダウンをしていると考えます。肺は秋、乾燥の季節にさらに機能ダウンします。ですから9月から11月に調子が悪くなると考えられます。

そこで養生は潤わすこと。顎の下に熱いお湯を入れたマグカップを置いて湯気を吸います。口からも鼻からも潤っていきます。寝ている時はマスクをして加湿器をつけたそうです。初診の夜から熟睡ができるようになったとのこと。2回目は別人のように元気になって補中益気湯は必要なくなっておりました。

漢方は症状改善の強力な手助けになります。それにしても「どうして持っただけで楽になるのですか?」

と患者さんに聞かれても

「それが気です」としか答えられないのが少々残念です。

元に戻せばいい

内科の横田先生と一緒に診ている患者さん。

今日は気診の日。

最初はどうにも冷えてだるいし身体は痛いしお腹の調子は悪いし・・・。どうなることやらと思っていましたが

「噛みしめ」改善養生法そして気が調う漢方を飲んで2か月半。

「すごーく変わりました!!」

と喜んで頂けました。内科的には数値の変化まではまだ未確認ですが、日々の生活がとても楽になったとのこと。

気診カルテを見直してみたら最初は頭の上から足の先まで気の滞りばかり。

その上若いのに腎虚。

そして今日腎虚の理由が判明。甘い物がとっても好きでした。そして小麦。三食パンの日もあり。

今日は食事指導も少し。腎虚改善には小豆がよし。なるほど食事はやっぱり重要と改めて思った次第です。

一歩ずつ元に戻していきましょうとお約束。そのためにはご自身の養生と食事が重要ですね!

口呼吸と倦怠感②

「漢方の臨床」投稿記事です。

(症例2)61歳 男性

【初診】平成26年

【主訴】今年6月から体が重い

【既往歴】糖尿病(治療中)

【現病歴】1ヶ月前まで山登りをしていたのに、26年6月4日から突然身体が重くて歩くのも辛くなった。4か所の病院に行って色々検査をしたが原因がわからない。それより少し前にかなりストレスがかかることがあり忙しかった。タバコを吸う。

【経過】たまたまお会いする機会があり気を拝見したら体のまわりに厚い雲がかかったような状態でした。養生法をご指導したら少しよくなったそうで来院されました。

(初回)

気診 風邪(ふうじゃ)と脾虚、腎虚の反応。口がきちんと閉じられず口呼吸

養生  呼吸法。気づいたら深呼吸をすること。タバコを減らすこと、甘い物を減らすこと、腰を温めること

漢方 朝 桂麻各半湯 1つまみ+ツムラ 八味地黄丸1つまみ

夜 ツムラ四君子湯1/5包 0.5gくらい+八味地黄丸1つまみ

(2回目)

波はあるが前回よりはすこーし良くなった。八味地黄丸が効いている気がするとのこと。養生は湯たんぽによる温めを加える

気診 風邪(ふうじゃ)は取れた。腰から下の気の異常、水毒++

漢方 朝 八味地黄丸1/10包 0.2g位

夜 コタロー 六君子湯 1/7包 0.4g位+八味地黄丸 1つまみ

(3回目)

温泉に行ったら調子がよくなった。坂道下り15分歩けた。

気診 水毒++ 瘀血++

養生 五行で腎を元気にするのは黒いものなのでごまや昆布を勧める。

漢方は朝 八味地黄丸 1つまみ

夜 コタロー五苓散1/7包 0.3g位+八味地黄丸 1つまみ

(4回目)

少しずつよくなっている気がする。(ここでお茶など冷たい物を飲んでいることが判明。子供の時からの習慣で温かいお茶を入れるのが面倒。冷蔵庫から出したペットボトルのお茶を飲んでいることを聞き逃したことを反省)

養生 冷たいものを減らす。

漢方 前回と同様。

(6回目)

温かい物を飲んで温泉も行っている。1時間くらい歩くと疲れるが、山登りしてみようかなという気持ちが出てきた。

気診 水毒± 瘀血++

養生 呼吸法。体が重くなってきたら深呼吸。

漢方 朝 八味地黄丸 3粒 夜 桂枝茯苓丸0.5gに変更。

八味地黄丸は田畑先生手作りの丸剤に変更し山登りを目指して継続中。

 

こちらの患者さんは以前にもご紹介したと思います。昨年12月、当院に通院して1年3か月。「85%戻りました!」と喜んでおられました。途中夏バテもありましたが一歩ずつ上昇していきました。また山登りもできそうだと喜んでいらっしゃいました。

どうにもエネルギーダウンしてしまった時、冷え、口呼吸、食事の不足などエネルギーの不足を疑ってみましょう。時間はかかりますが、少しずつ元気になっていきます。諦めなくても大丈夫です!!

口呼吸と倦怠感

「漢方の臨床」投稿記事です。

(症例1)32歳 男性

【初診】 平成27

【主訴】 体が重いので養生を教えてほしい

【既往歴】なし

【現病歴】

最近仕事が忙しくなってきたら疲れやすく、だるい、やる気がでない、不安感。鼻水、目がかゆい。口内炎、胸が詰まる、首こり、背中が張るなどの症状もある。15年前から花粉症。

【経過】

(初回)

気診 冷え、肝気鬱血(右++ 左+) 水毒+++ 瘀血++。

養生 湯気を吸って鼻を通すこと、そして意識して口呼吸を鼻呼吸をすること。

漢方 朝コタロー補中益気湯2つまみ位 夜コタロー桂枝茯苓丸1/5包0.4g位

(2回目)

体が楽になりだるさがとれてきた。

気診 冷え 水毒++ 瘀血+

漢方 朝 桂麻各半湯 1つまみ 夜は前回と同様

(3回目)

体が温かくなったとのこと。しかし年度末のこともあり、酒席が増えまた季肋部(右++左+) 瘀血++

漢方 朝 桂麻各半湯 1つまみ+ツムラ 柴胡桂枝湯 1つまみ

夜はこれまでと同様

(4回目)

お仕事のストレスがあり少し冷えを感じる。ただ花粉症がとても楽になっているとのこと。口呼吸はだいぶ改善。だるさはなく体が軽くなっている。

漢方は前回と同様で継続中。

*「湯気を吸う」 温かい飲み物を飲む時に顎の下にカップを持っていき、そこで鼻呼吸。顔全体が潤ってきます。鼻が詰まって鼻呼吸ができない方に特にお勧めしています。

 

噛みしめと頭痛

昨日は楽医舞療法の朝日舞先生の講座でした。

お話の後、実践編。オイルを足の裏に塗ってセッションすると足の裏からドロドロと・・・。

もちろん人によって違うようですが。

というわけで来年2月にもまた朝日先生の毒出し講座を行います。お楽しみに!!

『漢方の臨床』の投稿記事です。

 今回は噛みしめが改善していく過程で頭痛が軽快した症例をご報告致します。噛みしめていますと、身体全体に緊張が見られます。上下の歯と歯を離すだけでも身体の緊張が取れます。緊張性頭痛と呼ばれるものの中に噛みしめが原因となっているものがあるのではないかと考えています。

 漢方、養生を併用することで、なかなか治らない噛みしめの改善が早くなるように感じます。また噛みしめが完全に改善しなくても頭痛などの愁訴が和らいでいきました。

  

(症例1)45才 女性

【主訴】 噛みしめを改善したい。頭痛がある。ひどい時は吐き気がする

【既往歴】なし

【現病歴】1ヶ月ほど前から左側頭部がすごく痛い。週に1回位は吐き気がして戻してしまう。寝ると治る。噛みしめている。食欲はある。眠れる。

【経過】

 1年ほど前に生命保険会社に就職しました。当初は頑張っていたのですが、なかなか実績を上げられず、上司に圧力をかけられ性格的にも向いていないと思いつつ、とにかく1年は続けようと無理をしたようです。3月中旬より頭痛が始まり、ひどい時は吐き気もあるとのことで、脳神経外科への受診を勧め紹介しましたが、行かなかったとのことです。

気診で拝見すると頭部、左顎関節、肩、季肋部、ソケイ部、足に気の異常反応がかなり強くあると捉えられました。また冷えも捉えられました。

 水毒++、瘀血++ 胸脇苦満(左右共++)

養生法は、①とにかく休む ②温める ③顎をマッサージする

④呼吸法 ⑤甘いものは控えめに

漢方 柴胡桂枝乾姜湯 11回朝 1/3包 (0.8g)

徐々に頭痛は軽くなり回数が減り2か月後には治まりました。(メール確認) 

 

(症例2)61才 女性

【主訴】噛みしめていると思うので養生を教えてほしい。

    身体の付き合い方を知りたい。頭痛がたまにある 

【既往歴】小児結核、突発性難聴、花粉症、高血圧症(40代より治療中)、緑内障(41歳より治療中)

【現病歴】数年か前からたまに頭痛がある 

【経過】長い間に色々な病気をしてきたので養生で少しでもよくなると嬉しいとのことで来院されました。

(初回)

 気診 目、鼻、顎、肩、ソケイ部、足に気の異常反応が認められました。

  水毒++、瘀血++

 養生指導  ①肩に力が入っていたのでまずは力を抜くこと

 ②耳の上を持ち頭を上に持ち上げる ③鼻の下を伸ばす ④顎マッサージ

 ⑤鎖骨下マッサージ  ⑥ソケイ部マッサージ

 漢方 コタロー当帰芍薬散 11回 夜1/5包 0.6

(2回目)

 頭痛と膝の痛みがなくなった。身体が楽になった

 気診 水毒+ 瘀血++

 養生 深呼吸を加えるよう指導

 漢方は同様

3回目)

 顎をマッサージしても痛くなくなった。頭痛はない

 血圧も下がってきた(朝150台⇒130140台)

 気診 水毒- 瘀血+

 養生、漢方は同様

4回目)

 気診 気の反応はよくなった。

 噛みしめが減った。血圧も安定していて、頭痛はない。

 養生、漢方は同様

 継続中

 

依存心を減らす

1年以上噛みしめと身体の緊張で見えているAさん。最初は泣き通しで大変でしたが、徐々に絡まった糸がほどけるように改善していきました。泣くこともなくなり、楽しそうに話しています。でもまだ身体の緊張が取りきれません。先日、夜の予約がなかなかとれずご希望の日から3週間近く経ってしまいました。とりあえず漢方はお送りしたのですが、精神的に辛かったようです。

でもその中でハタと気づいたと言います。自分で何とかしなくちゃいけない状況に追い詰められて、頼ってばかりじゃいけないんだと思い当ったそうです。それで顎養生をして呼吸法をして、会社も休まず乗り切ったそうです。

そうなのです!改善する時に私に頼ってしていてはなかなか自立できません。自分で改善できた時初めて自信につながります。そして自分で何とかしようと思った時に、よくなる力が大きく働くようです。

今回の体験は彼女にとってとても良い方向に働きました。きっと必然だったのでしょうね!

見方を変える

IMG_8084

美人的少林寺気功の森嶋みす美先生が撮影した虹色の雲

人生には様々なことが起こりますね。苦難の連続の方もいらっしゃることと思います。その感情を押し殺している方は体に何らかの異常が出てくるようです。それはすぐにだったり、ずっと後になってからだったり・・・。

最近経過のお話を伺う中で、噛み締めがもちろん影響はしているのですがその元となる感情を解放しないといけないのだなあとつくづく思います。

親からずっと「お前は変だ」と言われ続けて自分を抑え込んできた方、会社や学校で「場の気が読めない」となるべく何も言わずにいた方、職場を変わったらいじめにあって身体がガチガチに緊張してしまった方・・・。

グッと噛みしめて何とか耐えていらっしゃいました。でも身体は悲鳴を上げています。そして自分が悪いと思い込んでいらっしゃいます。

そんな時に、ちょっと見方を変えて、「自分には人と違った能力があるから今は理解してもらえないんだ」とか「自分と同じ価値観の人も他にはいるんだ」とか、「今この場が次につながるありがたい修行の場なんだ」と思うだけでも気はすっと変化します。今の常識は未来の常識ではないですね。これがいいと思われたもの、これが正しいと思われたものは時代が変わると変化していきます。

時代によって変わるものは真理ではないですね。

ほんの少し見方を変えるヒントをお伝えしてするようにしています!

検査では異常なし

IMG_1905 樹齢500年のさつき(奈良 岡寺)

50代女性。半年前から顎から耳の痛み。舌の痛み。頬がうずく、時々頭痛。激痛が襲ってくることがある。日によって痛みの場所が変わる。

検査をしても異常なし。

家でいろいろあって忙しい。痛み止めを飲んでも変わらない。

そんな方を気診させて頂きました。肝気うっ血。腎虚、風邪(ふうじゃ)

痛みのある場所は経絡の胃経に沿って胸鎖乳突筋、目の下あたり、顎関節あたり。やや胃腸が疲れているのかもしれません。

気診で合わせて漢方は香蘇散、加味逍遥散、六味丸 いずれも少しずつです。

1週間くらいでやや改善。遠距離の方で先日3か月ぶりに見えました。もうひどい痛みはなくなり時々うずうずするくらいとのこと。すっきりしたわけではないけれど辛さはだいぶ減ったとのこと。顔色、顔つきもよくなっていました。ご飯も美味しくなったとのことです。

初回やや熱が上に上がっているのに一生懸命温めていらしたのでそれは辞めて頂き、力を抜くことをお願いしました。

今回の養生は呼吸法。少しずつパワーアップして頂くようお願いしています。漢方も桂枝茯苓丸と六味丸に変わりました。

肝の気が滞ると色々な愁訴が出てくるのですね!