月別アーカイブ: 2012年7月

岡山講座

 二か月に一回の岡山講座行ってきました。

 現在3年目、皆様すっかり気診が板について参りました。

 いつも気診研究会の広川さんもご一緒なので、とっても楽しい講座ですニコニコ


 もう私が胸鎖乳突筋を掴んで、確認することもなく、鏡に向かって自己調身をされています。


 そばにいる私も気持ち良くなるくらい気診の気を扱っていらっしゃいます。

 

 初級講座から始まって、今はスペシャリスト講座の8回目が終了致しました。


 皆さん医療系の資格がお持ちなわけでもないのにすごいなあと思います。

 これから岡山で何が起こるのか楽しみです!!


 


 さて今回は、講座翌日朝5時に出発して、吉備津彦神社の裏にある山に連れていって頂きました。ハイキング程度に考えておりましたら、結構のぼりが厳しい道でした。


 でも頑張って登ったら、とても素晴らしい光景を見ることができました!

 またご褒美!頂いてまいりました。

 お写真でご紹介しますね!

 感謝!!


こころとからだと気が健康になる気診で元気!ブログ-吉備津彦神社

こころとからだと気が健康になる気診で元気!ブログ

こころとからだと気が健康になる気診で元気!ブログ

キノコの気

 今日は岡山から書き込みです!

 岡山講座終了して、今日はいつも会場をお貸し下さっている米本さん宅にお泊まりさせて頂き、明日は吉備津彦神社裏の山に登られて頂きます。


 またパワースポットでエネルギーを頂いてきます。


 さて気診の友人に、エリンギというキノコを作っていた方がいました。キノコを作るのが目的ではなく、気診の効果を確かめるために行ったそうです。


 結果、素人の彼の作ったエリンギは、何と紀伊国屋といった一流店で扱われるほどの品質の物を作ることができたそうです。彼に取って、気診の確信を得たそうです。


 さて友人から、こんなSOSがありました。


 「器械の納品に北海道に来ているが、トラブル対応に手間取っているから、気を送ってくれ!」


 器械に気が届くのだろうか?


 とは思いつつ、本人と器械に気を送ってみました。

 人に送るのと同様、気がクリアに柔らかくなるように。


 その後メールで問い合わせてみると、良い方向にいったとのこと。


 気の可能性はどこまであるのだろう!?と思ったのでした!



 


 

氣の呼吸法

 茅ケ崎、江の島行きは、何となく最初から不思議の連続でした。当初決まっていた茅ケ崎行きに、翌日江の島が決まったという形で、何かあるのかなあと思っていました。


 茅ケ崎の友人宅にそんなわけで泊めて頂いたんですね。お父様が早くに亡くなっていました。色んなお話をしている中で、私が話すことがお父様が生前おっしゃっていたことと同じ!!と言われました。

「軸をぶらさない!」


 あーお父様が私を呼んだのね!と思うんですね!


 自分のやりたいことの中心は決めて、何をやるにもそこに立ちかえるようにしないと、自分が何をしているか、これから何をしたいかわからなくなってしまうからです。


 私にとってはそれが気診で何をするにも気をみて判断するようにしています。気が違うからそれはしないと言っていると、どんどん世界が狭くなってしまうので、気の状態をわかってかかわるようにしています。


 またまたびっくりしたことに、そこのおばあちゃまが、合気道で有名な藤平光一さんのいとこさんだったんです!!



 エノスパの松村先生は、合気柔術の師範でもあります。これは合気道の元だそうです。


 というわけでおばあちゃまから、藤平光一さんの本をお借りしてきました。


氣の呼吸法


 これを読んでまたびっくりひらめき電球


人間は天地自然と一体である。

リラックスこそが最強の状態である。

自然体が一番。


 気診にはぴったりの内容でした。

 いつも呼吸法はご自分のやりやすい方法でとお話していますが、気診推奨の呼吸法は、藤平先生の呼吸法にしたいと思います。


 必要な時に、必要なことは降ってくるんですね~音譜





 


 



自然の気と一体

 日曜日、茅ケ崎に住む、気診の友人宅に行ってきました。

 曇り空でしたが、海までお散歩してとても気持ちよかったです。


 都会の真ん中、目の前がマンションという環境で暮らしている私には、海まで歩いていけるなんてうらやましいです!


 夜は江の島の海の幸を頂き、夜は屋上から空を眺め、エネルギーを頂きました。

 

 翌日は、エノスパで和合医療学会の理事で、うつ支援ネットワークの松村浩道先生のご講演を伺いに、再び江の島へ。


 江の島にあるエノスパで松村先生は、メディカルセラピーをされています。

 とてもわかりやすいお話でした!


 人はストレスを受けた時、人によって受け方が違う。

 ストレスの原因をストレッサー、ストレスを受けた結果出る症状をストレス反応と呼びます。


 同じストレスでもストレス反応に違いがあるのは、個人差があるからですと。


 ではその個人差を変えることはできるかというと、体質、習慣、心を変えることでストレス反応を減らすことができます。


 気診でもよく言ってますよね!捉え方や考え方を変えればいいんですね。

 そして瞑想をしたり、食事療法をしたり、体調をよくすることも大切ですね。


 エノスパでは体質改善に、温泉療法、運動療法、食事療法などを取り入れて、ケアをされていました。


 午後からは実際にエノスパを体験!!

 広くて気持ちのよい施設でとても癒されました。

 温泉は海側にあり、海と一緒になっているように見えます。


 気診では「自然の気と一体」になると気診は上達しますよ、と申し上げています。時々自然に触れて、エネルギーチャージ必要です。



 頑張っているとね~、上から思いもかけないご褒美がやってくるんですね!


 エノスパ


  


 

正気と邪気


 急に涼しくなって体調管理が大変です。

 風邪(ふうじゃ)はこまめに取りましょうね!

 食事に生姜を取りいれるのもお勧めです。


 さて先日、肺炎になってしまった方のご家族から遠隔依頼がありました。

 高熱が出て、フラフラして病院に行ったら即入院という状態でした。

 お医者様からは、かなり危険な状態と言われていました。

 気を拝見したところ、確かに気全体に厚い雲がかかり、胸のあたりに強く気の異常反応があります。


 しかし、その方には気も体力があるように気診できました。

 その病気になった時に治ろうとする力、また病気にならないような力、つまり抵抗力や自然治癒力と言われるものを東洋医学では、正気(せいき又はしょうき)

 その方には治す力があると気診したわけです。


 それに対して邪気という言葉があります。私たちがよく使う風邪(ふうじゃ)は邪気の一種です。身体に悪い影響を及ぼす気、身体を悪くする原因になるものです。

 この方の場合、お仕事の忙しさから、ストレス、疲れなどがたまって、邪気がたくさんたまって肺炎にまでなってしまったようです。


 病院では西洋医学的な治療が行われています。

 私の方は、気をクリアにすることをしていきました。

 緊急事態の時は、2,3時間おきに気を送ります。

 まずは風邪(ふうじゃ)ですね。桂麻各半湯と補中益気湯が合いましたのでその気を送りました。

 太陽病と少陽病、つまり病は陰に入っていないので、この方には体力があるとみたわけです。


 次にお身体をみます。肺に異常がある時は、鎖骨下の中府(ちゅうふ)というツボに反応が出ます。

 そこで鎖骨下を外側に流すように気を入れていきます。


 あとはいつもの肩関節と股関節に気を入れて全体を調えます。


 3日目、気がすっと良くなったのを気診できました。

 病院からは改善の傾向と言われたそうです。


 5日目明らかに改善したと気診で捉えられました。

 山は越えたとのこと。


 1週間目少し元気になると会社へ行くとのこと。検査結果がよかったようで、病院から会社へ行かれたそうです。


 そして11日目。無事退院。

 ご本人はもちろん、病院の先生方は何もご存じありませんが、気診も効いたと思います。


 西洋と東洋のコラボ、薬と気のコラボ・・・そんな病院作りたいです!!

 


 




 

気質

 昨日は、良導絡の先生方に呼んで頂き、名古屋で講演+講座してきました。

 東京よりもっと暑かったですビックリマーク


 先生方は気も感じながら診療をされていらっしゃるようで、すぐに気を捉えられたのでびっくりでした。


 全体的に気診ができるスピードが上がっているかもしれないですね。百匹目の猿現象も近いかもしれませんニコニコ


 ちょうど名古屋の会場近くで、東京で見逃したボストン美術館、日本美術の至宝をやっていたので帰りに見てきました。


 ボストン美術館には、10万点を越える日本の美術品が収蔵されているそうです。仏画に絵巻、水墨画など様々な作品があります。


 なぜ日本の美術品がボストンに渡ったのか?実は所蔵していた貴族がお金に困って、二束三文で売りに出していたものを、東京大学の教授でアメリカ人のアーネスト・ファノロサととその通訳だった岡倉天心、アメリカの医師が買い取ってアメリカに渡ったそうです。


 価値を見出す目、そしてそれを残そうとする意思、そのために行動、そのことで作品は今、私たちの目に触れることができるわけです。


 特に圧巻だったのが、宣伝の絵にも出ている雲竜図、そして吉備大臣入唐絵巻、そして数々の仏画でした。


 ちょうど岡山講座に行った時に、吉備真備のおはなしを伺っていたので、とても興味深く拝見しました。


 是非機会があったらご覧になって下さいね!!


名古屋ボストン美術館 


吉備真備

 気診を広めようとしているのも、強い意志と行動力、気診に対する確信とも言える信頼があるからこそなんです。


 こんな時、自分が頑固で負けず嫌いな性格に生まれついたことを本当によかったと思います!!


 気診が出来る人が増えると、元気になる人が増えますからね~。






 

自分でできる気診講座

 蒸し暑い日が続いています。

 こういう時は胃腸の調子に注意が必要です。

 あまり冷たいものばかり取ると、ますます胃腸の調子がダウンしますからご注意くださいね。


 さて気診講座いよいよ秋から、よみうりカルチャーでも本格スタートします!!

 単発の紹介講座と、ちょっと短めの3回シリーズの二本立てです。


 頑張ってくると報われる日が来るんですね!

 気診講座を小さく始めて、かれこれ12年位です。

 発信していくことは大切ですね。

 よみうりカルチャーをご紹介頂いた開運MOMOの岡田さんにはホントに感謝です!


 さて銀座のパナセアの碧の講座も7月スタートです!

 まだ受講されていない方は是非どうぞ!!

 曜日の振り替えも可能です!

 



「自分でできる気診講座(初級)」 1回90分(全3回)


 気診が初めての方向けの講座です。気診の気を捉えて、ご自分の身体に合うもの、合わないものを判別します。

またご自身に効果のある養生法も学びます

気診初めての方はこちらのコースにどうぞ!


気診は身体を取り巻くを判定し、調整する気功法です。人間は誰でも気を捉える能力を持っています。気診ではその能力を開発し、心も身体も元気になります!


(内容)

 1回目 ・気診とは? ・呼吸法 ・胸鎖乳突筋検査法

 2回目 ・身体に合うもの・合わないもの ・元気になる法

 3回目 ・オーラ診断・気持ちも大事


(日時)

    (1)曜コース(第二木曜14:00~15:30)   

        ①7月12日 ②8月9日 ③9月13日


   (2)曜コース(第三土曜13:00~14:30

    ①7月21日 ②8月18日③9月15日


(3)木夜コース(第4木曜18:30~20:00)

   ①7月26日 ②8月23日 ③9月27日



ご都合のよい日を選んでお申し込み下さい。振替可能です

 

講師〉

 一般社団法人心と身体と気を元気にする気診研究所

  代表理事 小倉左羅(歯科医師)

気診スペシャリスト 井上さおり(シータヒーリングプラクティショナー)



〈用意する物〉

テキスト『気診で元気!』

(小倉左羅(才子)著 幻冬舎ルネッサンス)


〈費用〉 12000円(全3回)




(お申し込み)

 kishinkouza@yahoo.co.jp 

 03-5860-4441(平日9~18時)


新・気診で元気!ブログ

 旧ブログ の復活をしたいと思っていましたが、ついに諦め、新しいブログに移行することと致しました!


 こちらもよろしくお願いします!!


 今日は七夕。でも雨ですね。ちょっと残念ですね。


 さて先日の「気診症例発表会&東京薬科大学、名誉教授、志田信男先生のご講演」はとてもよかったです!


 皆様着実に成長されていました!

 ぎっくり腰の症例や、遠隔気診の効果を調べた先生、初級講座を担当したその報告、ご自身の体験や遠隔気功症例、禁煙体験などバラエティーに富んでいました。


 また志田先生のお話は、とても高尚なお話でした。一部ご紹介しましょう。

 「実存的」とは何か?


 「がん」は人間として生物としての「人」の「生き方」「存在の仕方」に直接関わる病気である。

  性格、「気」の持ち方、「元気」-根源的なエネルギーに関わる。


 人間は単なる機械としての存在ではない。

  intelligent design (英知による設計)


 物質・身体・精神の相関はますます明らか


 とすればガンは特定病院によらない


 ガンは必ずしも死にいたる病ではない


 ガンに対する対処法ー患者は高度の自己決断を迫られる


  自分で自分の生き方を決める!


 1) 西洋医学の標準治療のみを選ぶか?

 2) 1)に代替医療を加えるか?

 3) pyysical mental, spiritual な面から全人的統合医療を探るか?

 4) 何もしないか?


 ガンは命の根源としての元「気」とエネルギーとしての「気」の相互に深くかかわっている。「気」には可能性と限界を含め、今後さらに研究を深めていく必要がある。



 気診でのご講演にぴったりの「内容にして頂きました!

 志田先生、ありがとうございました!!