月別アーカイブ: 2013年3月

LACORE BRANDING

 今日から2日間、LACORE BRANDINGのセミナーを8時間ずつ受けています。

 何かというと、自分のコアつまり核を明確にして、自分の目標を達成する、夢を叶えるためのセミナーです。


 私にはやりたいこと、気診を多くの方に知って頂いて、皆さんに元気になって頂きたいということを夢というより、使命と心得て行っているんですが、それをより具体化するためにトレーニングを受けることにしました。


 伊木校長から次々発せられる質問に、自分の中のあいまいさに気づきます。そして目からうろこのお話。


 BE+DO=HAVE

 幸せに仕事をすると欲しいものがやってくる。

 自分のジグゾーパズルを作っていきます。


 夢を効果的に、たくさんの仲間と楽しくわくわく実現できるような仕組み作り。


 さてこれから今日の宿題です!

 

 伊木校長のブログはこちら。

 ご興味あったらどうぞ!

http://ameblo.jp/happyniketan/

加味逍遥散(2)

 お花見なさいましたか~?

 私、恒例のお花見、谷中墓地で致しました。以前谷中に住んでいたことがあり、数々の思い出の地でもありますラブラブ


 谷中墓地の桜の木に魅せられてこの地を住まいとしたのは、気診の師匠、小田先生の所から東京に戻った時でした。

 それから毎年、桜の季節になると谷中に行きます。お気に入りのお蕎麦屋さんで食べて夜桜を見るというのが幸せな時です桜


 ちょっと寒い日が続いて、桜が週末まで待っていてくれますね。妖艶な谷中の夜桜もお勧めですよ。日暮里南口から、谷中方向、天王寺から右に入った所に、桜の主がいらっしゃいます。


 さて加味逍遥散の続きです。逍遥とはあちらこちらという意味で、あちらこちらの症状に効くと習ったことがあります。

 

 比較的虚弱な人で、疲労しやすく、精神不安、不眠、イライラなどの精神症状を訴える場合に用いる。

肩コリ、頭痛、めまい、上半身の灼熱感、発作性の発汗などを伴う場合。

季肋部に抵抗・圧痛のある場合

                     ツムラ医療用漢方製剤より


 構成生薬は

柴胡(さいこ)・・・セリ科のミシマサイコ、解熱作用、抗炎症作用、抗ストレス作用(解表剤)


芍薬(しゃくやく)・・・ボタン科のシャクヤク、補血作用、鎮痛作用(補血剤)


蒼朮(そうじゅつ)・・・キク科のホソバオケラ 利尿作用、鎮痛作用(利水剤)


当帰(とうき)・・・セリ科のトウキ、補血作用、強壮作用(補血薬)


茯苓(ぶくりょう)・・サルノコシカケ科のマツホド 利尿作用、健胃作用(利水剤)


山梔子(さんしし)・・・アカネ科くちなし、止血、消炎、鎮静、利胆、解熱作用


牡丹皮(ぼたんぴ)・・・ボタン科のボタン、駆瘀血作用(駆瘀血薬)


甘草(かんぞう)・・・マメ科、健胃作用、急性症状緩和、諸薬調和<補気薬)


生姜(しょうきょう)・・・ショウガ科 弱い解熱作用、鎮嘔作用、健胃作用

 (解表剤)


薄荷(はっか)・・・シソ科 発汗作用、解熱作用、清涼作用(解表剤)


                    初学者のための漢方入門 源草社より


 柴胡剤は、季肋部(肋骨の下)の緊張を取るんですね。私が下から突き上がってくるような感じがストンと取れたのは、柴胡のおかげと思っています。

 牡丹皮が入っているので、便秘にも効果がありました。


 加味逍遥散には、温める生薬と少し冷やす生薬がバランスよく配合されています。


 

加味逍遥散(1)

 「そとの でえこ てえてえてー」


 わかります??日曜日は気診の広川さんの故郷岡山講座の最終講座でした。初級から2年半。全く素人さんの皆さまがスペシャリスト養成講座まで修了致しました。

 2カ月に1回のペースで続けてきました。間の月は自主勉強会をして、気診の学習を続けていらっしゃいました。

 チームワークが良くて、皆さんお互い助けあっていらっしゃいました。何より嬉しかったのは、それぞれの方がご自分なりに何かを掴んでいたこと、気診に出逢って、人生が楽しくなったこと、自分が好きになったこと・・・そういう感想を聴けたことです。

 途中くじけそうになったこともあったようですが、皆さん笑顔で卒業です。これからはご自分達でまた勉強をし、気診を知りたい方にお伝えして下さいます。

 私もたまにお邪魔します!


 上記は岡山弁 「外の大根、炊いといてね」です。


 卒業遠足は、空海さんが修行した高知県の室戸岬に連れって行ってきました!空海さんが実際に暮らして、座禅を組み、明星が飛び込んできたという洞窟にも立ち寄ってきました。

 とても心地よい包みこまれるような空間でした!エネルギー沢山頂いてきました!


 室戸岬


 

 さて漢方。今回からは加味逍遥散。

 これも大変お世話になりました。

 私、短い期間でしたが、更年期症状が出たんですね。

 急に身体が熱くなって、ばあっと汗が出るし、そうかと思えば冷えるし。

 身体の中から訳のわからない感じで突き上げてくるし・・・。

 それはそれは気分の悪いものでした。

 何でもそうなんですが、体験しないとわからない・・・そう思いました。

 本当に肋骨の下あたりから上がってくるような感じなんですよ。

 イライラもするし、自分ではどうにもならない。

 私の場合気診をしているから、まだマシな状態なんだと思います。

 それでも辛かったですね~。


 そんな時です。この加味逍遥散を飲んだら、突き上げてくるものがすっと下に下がるんですよ。あまりの効果に本当にビックリでした。

 そのお陰で、私の更年期はそんなに長く続くことはなく終了しました。

 飲んだ量も1日に1/2包位でしたね。1/3くらいのこともありましたし。

 合う漢方は少量で効くんですよね!



 


 


 

ちょっとブレイク~花粉症~

 先日気診スペシャリスト養成基礎講座受講中(3回目)の方から


「先生!今年は花粉症が楽でほとんど出ていません!漢方と気診のお陰です!!」

と大変感謝されました。


 かみしめを改善する養生法とその漢方を合わせただけで、花粉症までよくなったんですね!!

 

 彼女にご指導した養生法は毎度の

(1)顎マッサージ

(2)鎖骨下マッサージ

(3)ソケイ部マッサージ

(4)湯気を吸う

(5)呼吸法など


 彼女に合った漢方は

朝ー桂麻各半湯(風邪ふうじゃをとる) 1つまみ

夜ー六君子湯(胃の水はけをよくする) 1/2包/日


 これだけです!

 講座の中でご自身で確認して頂くと、桂麻各半湯が葛根湯に変わっていました。冷えが改善してきたと思われます。


 漢方は合うと劇的に効きますね!!


 漢方についてこちらにわかりやすく書いていますので是非お読みください。


 漢方


 今日は午後から岡山。今回はパソコンを持っていかないので火曜日まで更新できませ~ん。

 皆さま素敵な週末を!!



 

疎経活血湯(2)

 桜が開花したと思ったらあっという間に満開に近く・・・。今年は早そうですね。

 

 明日から気診講座で岡山~四国高知パワースポットへ。東京に戻ってお花見なんだけど間に合うかなあ??


 それとこの映像みましたか?

 オーロラが爆発だそうです。こんなことがあるんですね!


オーロラ


 

 さて疎経活血湯の続きです。

 別の本には、「実証で酒飲み、瘀血のあるものに用いる。腰痛など」とあります。

 確かに先日書いた男性は、大酒飲みです。


 構成生薬はたくさんあります。


当帰(とうき)・・・補血作用、強壮作用


地黄(じおう)・・・補血作用、強壮作用


川芎(せんきゅう)・・・補血作用、鎮痛作用、駆瘀血作用


白朮(びゃくじゅつ)・・・利尿作用、抗眩暈作用


茯苓(ぶくりょう)・・・サルノコシカケ科のマツホド、利尿作用、健胃作用


桃仁(とうにん)・・・バラ科のモモ、駆瘀血作用


芍薬(しゃくやく)・・・補血作用、鎮痛作用


牛膝(ごしつ)・・・ヒユ科、利尿、浄血、通経絡、関節痛、中風


威霊仙(いれいせん)・・・キンポウゲ科、半身不随による肢体のしびれ、痛み


防已(ぼうい)・・・オオツヅラフジの根、利尿作用、鎮痛作用


羌活(きょうかつ)・・・セリ科、鎮痛、鎮痙、新陳代謝賦活、関節痛、身体疼痛


防風(ぼうふう)・・・発汗作用、鎮痛作用


竜胆(りゅうたん)・・・リンドウ科のトウリンドウ、抗炎症作用、健胃作用


生姜(しょうきょう)・・・弱い解熱作用、鎮嘔作用、健胃作用


陳皮(ちんぴ)・・・うんしゅうみかんの果皮、健胃作用、鎮咳去痰作用


白芷(びゃくし)・・・セリ科、鎮静、鎮痛作用、頭痛や鼻詰まり、歯痛など


甘草(かんぞう)・・・健胃作用、急性症状の緩和、諸薬の調和



 上記の生薬を見て見ると、血を補って、体内の水はけをよくし、瘀血をとって気を流すといたみやしびれはとれるのですね。


 合う漢方は気血水の巡りがよくなるということですね!




 

なでしこイベント&amp;疎経活血湯(1)

 もうひとつのイベントもご紹介致します。

 銀座なでしこ会、健康分科会です。

 以下のような目的で行って参ります。

 気診研究所のイベント共々よろしくお願い致しますドキドキ

 会員になられると、色々なイベントがお安く受けられますのでお得ですよ~。

 一般年会費3000円   ビジネス会員 5000円(HP掲載・企画を出せる)


銀座なでしこ会


 【銀座なでしこ健康分科会】では、健康に関する様々な体験・講演会を企画していきます。これらの情報を通して、食事や運動、癒しが健康維持、病気にならないためにとても大切であることをお伝えしていきたいと思っております。また病気になってしまった方にも生活習慣を変えることが大切であることをお伝えし、理想的な医療とはどんな形であるか皆さまと共に考えていきたいと思っています。

                    (幹事一同)

 

 なでしこ会員 2000円 サポーター2500円 非会員 3000



424日(水)19:00~21:00  =なでしこ健康幹事企画=

 一日の疲れをヨーガセラピーでリラックス

いよいよ健康部門分科会第一回イベントです。まずは、心と体のリセットからスタートします。ヨガをされている方は沢山いらっしゃるかと思いますが、ヨガ療法やヨガ療法学会についてご存知の方は、少ないのでは・・・・・・・

日本ヨーガ療法学会 http://www.yogatherapy.jp/

病気にならないため、もっと健康になるために、目から鱗の情報満載の講座です。講師の篠崎先生は、チャーミングで優しくて、男性にも女性にも大人気です。男性サポーターの参加も大歓迎です。(ただし、先生の魅力でとろけてしまわぬよう、ご注意を!)吉山談

近年、ストレス社会における暮らしの中で、体の不調、心の不調を訴える方が多くなってきました。このクラスは、ヨーガが初心者の方、体のかたい方にも無理なく行えるクラスです。ヨーガセラピー(療法)とは、通常のヨーガと違い、綺麗なポーズをとる必要は全くありません。意識を内側へと向けていくヨーガになります。

自分の身体・思考・感情を客観的に遠くから観ていく(マインド・フルネス)力をつけていき、ご自分の体・心・呼吸と向き合っていく時間になる、自然療法です。

日々の喧騒から離れ、癒しの旅へ、ヨーガの旅へと出かけませんか?お茶+お菓子付)

講師 篠崎由香

  インド中央政府公認ヨーガ療法士日本ヨーガ療法学会会員

エアロビクス・ラテン・サルサ・インストラクター指導歴18年ヨーガ指導歴8

日時   424日水曜日  19時から21時   

会場深川スポーツセンター2階 第4会議室(和室)

 http://www.koto-hsc.or.jp/sports_center2/traffic/



ラスト30分は、ちょっとしたお菓子とお茶で、質疑応答および親睦会の予定です。

 参加ご希望の方は、吉山宛てにメールにてお申し込みください。

tukuake@yahoo.co.jp )

先着15名です。どうぞお早めに。 


 

629日(土)15:00~17:00 =なでしこ健康幹事企画=

 生活習慣病予防と薬膳―病気を未然に防ぐ食養生

  講師 鈴子先生(東京薬膳研究所)


http://www.yakuzen.info/


場所 未定(後日ご連絡致します)

  定員 30名

食は健康を保つ基本です。東洋医学の五行論のお話から肝臓を初めとする五臓を元気にする食材、そして病気にならないお酒の飲み方までお話頂けます。先生のお勧めのお茶とお菓子も付きます。

お申し込み onochan@jca.or.jp  (小野田)



 さて本日の漢方は「疎経活血湯(そけいかっけつとう)」

 腰より下肢にかけての筋肉、関節、神経が痛む場合に用いる。

 冷えにより憎悪することが多い時、瘀血を伴う場合。



 60代の男性の方が、足が痛くてしびれていました。またまたその方もかみしめていて、身体が緊張していました。

 まずはいつものように養生法をご指導。顎マッサージ、鎖骨下、ソケイ部マッサージ。あとは怒らない!イライラしない。

 「腰痛は怒りであるという本がありますが、怒ると気が乱れて症状が悪化するんですね。


 その方の漢方が疎経活血湯が合いました。


 帰りの会談は足を引きずらずに軽やかに帰って行かれました。



コラボ「講座&amp;今後の予定 

 今日は愛茶氣道のパーカー智美さんとのコラボ講座でした!

 16名の定員のところ、なんとお申し込みが30名近くなり広いお部屋を急遽お借りしました。

 一体どうなることやらと思ったのですがとっても盛り上がりました!

 当日キャンセルありましてご参加は、それでも25名。


 最初にスライドを使って気診のお話をさせて頂き、その後皆さまを気診させて頂きました。今回はスペシャリストの井上さおりさん、森さよこさん、白鳥絵里さんにも手伝って頂きました!

 そしてパーカーさんにバトンタッチ!氣養術の実習がスタートです。

 腕が消防ホースになっているイメージとか、足が地面に根が生えていると意識するだけで、力は抜いているのに、ウッと力を入れているよりずっと楽にしっかりするんですね。試してみると面白いですよ~。


 そうやっていくつもの実習をしているうちに、皆さんの気の巡りがぐんぐんよくなって手足、丹田、頭から気が出てきます。


 丹田を意識すると本当に身体がしっかりして、押されても倒れないんですよね。ホント不思議です!このことを身につけるだけでも、身体の調子は随分違うと思いました。


 そして再度気診すると、皆さんの気がきれいになっているんですね!もちろん気診をするまでもなく皆さま、体感されていましたがニコニコ


 今回のコラボ講座もとっても勉強になりました!!



 さて今後の講座一覧です。盛りだくさんです。お申し込みが多く早めにいっぱいになりますので、ご希望の方は早めにご連絡下さいね!



4月11日(木)夜 

 よみうりカルチャー町屋 井上さおり先生の気診講座スタート

 詳細こちら→よみうりカルチャー町屋


4月20日(土)18:30~20:30

 鍼灸師の横田千枝先生(パナセアの碧 七神望心先生)と行います。


 コラボ 「お灸で元気になる法&気診でツボを探す法」

 冷えのある方、むくみのある方、足がだるいとか肩コリに悩まされている方、必見です!今回は10名限定ですのでお早めにお申し込み下さいませ。


5月23日(木) 18:30~20:30

 コラボ「癒しの音叉療法&気診で元気!」

 久々登場、SAWA先生の癒しの音叉をお楽しみくださいませ。

 こちらも10名限定です。


コラボ講座費用  3000円 

   (気診講座受講中の方、銀座なでしこ会の方は2000円)


場所 社)心と身体と気を元気にする気診研究所(パナセアの碧)

     中央区銀座6-7-18デイム銀座1003号室


お申し込み info@kisin-kenko.com

TEL 03-5860-4441(パナセアの碧 小倉宛)


そして6月からは大好評「気診特別講座」スタートします。

 気診初級講座にプラス毎回小倉左羅が皆様を気診します。



またスペシャリスト養成基礎講座(11期生)も6月からスタートします。

どちらも詳細は3月下旬にアップ致します。


盛りだくさんでお待ちしております!





桃核承気湯(2)

 ますはお知らせです!

 4月6日(土)以下の講演会があります。

 ご講演者は、知る人ぞ知る木村まさ子さん。キムタクのお母様ですラブラブ

 作家の神渡先生が毎回ゲストをお呼びしてご講演されています。


 こんな機会はないので是非いらして下さいね!

 お申し込みは下記です。

 私は自分の講座で行けないんですよ。とっても残念です!


 Sustainable College『こころの生態系づくり』第10回

『心にとどく愛のことのは』

~講師:神渡良平さん、ゲスト:木村まさ子さん~

【講師】 神渡 良平さん(作家、⽇本⽂藝家協会会員)
【ゲスト】 木村 まさ子さん(ことのは語り)
【⽇時】 2013年4月6⽇(土) 14時~16時半 (開場13時半)
【会場】 安岡正篤 銀座サロン 東京都中央区銀座3-10-7 銀座東和ビル6F
http://www.ymkj.jp/salon/
【主催】 照隅会
【参加費】 前売:3,000 円 当⽇:3,500 円 学生:2,000 円
※ご参加のお申込みは、以下のweb サイトにて受付けております。

http://kokucheese.com/event/index/78556/

 さて桃核承気湯の症例です!

 実はこの漢方をお出ししたことがないんですね。

 症例は気で送ったものです。なのでその方には一度もお会いしていないです。なので症例と言ってよいかどうか・・・。

 40歳女性

 6年前からにおいと味がわからない
 毎日発泡酒2,3本を飲んでいる

 

 写真で気診ー冷えて全体が緊張して目、鼻、耳、口、肩、背中、腰、お腹、足と気の異常反応あり。宿便の影響があるように思われる。

 つまり六根清浄という言葉がありますが、その逆ですべてが詰まってしまっている模様。そのため味覚や嗅覚に異常が出るのでしょう。

 とてもきつい(恐い)顔をされていて瘀血の反応がとても強い。

 養生指導ー顎マッサージ・鎖骨下マッサージ・ソケイ部マッサージ

       湯気を吸う

 漢方の気ー桃核承気湯の気を送る

 鼻は肺と繋がっています。肺は大腸と裏表の関係。

 大腸の調子がよくなると、肺も元気になって鼻が通ると考えます。

 養生を続けて嗅覚、味覚やや戻ってきました。

 瘀血も減って、桂枝茯苓丸が合うようになったのでお勧めしてみました。

 本当に漢方の気が届いたかはわかりませんが、症状は改善していきました!