月別アーカイブ: 2013年5月

抑肝散~イライラ~

 名刺の絵柄を虹にしているのは、私のお役目のひとつに「架け橋」というのがあると感じているからです。

 直感的に、この人とあの人つないだ方がいいなあと感じたらおつなぎするようにしています。そのことがこれから起こってくるであろう色々なことに、さらにつながっていくと確信している今日この頃です。


 さて漢方はまだ柴胡剤。

 今日は抑肝散(よくかんさん)です。

 最近、認知症に効果があるとして、注目されている漢方です。

 でも本当は、子供の夜泣き、かんの虫の漢方です。


 顎関節症で、がちっとかみしめていて、右季肋部が硬くなっている時などに合うことがあります。

「イライラしますか?

と尋ねると

「はい。なんでかわからないけど」

というようなお答え。


 そうイライラは肝が硬くなっているから、イライラしやすいのです。

 肝の気が流れると、同じことが起こってもイライラしにくくなります。

 

 合わせて顎マッサージで、かみしめを改善していくとよいです。

 

 漢方製剤の本には、体力中等度の人で、神経過敏で興奮しやすく、怒りやすい、イライラする、眠れないなどの精神神経症状を訴える場合に用いる。


 落ち着きがない。ひきつけ、夜泣きなどのある小児。

 眼瞼痙攣や手足の震えなどを伴う場合

 服直筋が緊張している場合。


 くれぐれも認知症のみの漢方と思わないで下さいね!

 



神秘湯~残っていた咳~

 暑い位のお天気でしたね。

 明治神宮に行ってきました。

 参集殿で、地球交響曲第八番のプレリュードを拝見してきました。第六番の上映と龍村監督のトーク。

 地球の息吹を感じるものでしたね。

 盛んに、目に見えないもののお話をされていました。


 さて漢方。

 漢方の先生の所へ、勉強に行った時、私自身を診て頂きました。

 たまたま、先生が間違えて私のお腹の上に漢方を置いたのです。その瞬間、私の身体がすっと楽になって、

「今の漢方何ですか?」

と伺ったところ、神秘湯(しんぴとう)でした。


 随分以前に引いた風邪の名残で、時々咳が出る、痰がからむというのがあったのですが、たいして気にはしていなかったのですが、その漢方で楽になりました。そこでほんの少しの間その漢方を飲んでみました。

 残っていた咳も消えました。

 

 本を見てみると、喘息や気管支炎のお薬でした。

 麻黄、杏仁、厚朴、陳皮、、甘草、柴胡、蘇葉

 理気薬が厚朴、陳皮、、蘇葉と3つも入っています。

 すっとしたのはそのせいかなと思いました。


 先生が間違えて載せて下さったお陰でとても楽になりました。

 漢方は本当に不思議です!

大柴胡湯

 高尾山に登ってきました。新宿から意外と近いんですね!

 緑がとっても気持ちよくて、エネルギーをたくさん頂いてきました。

 都会と違って呼吸がとっても楽になりますね。

 

 ただ筋肉痛で大変ですけど(*^▽^*)


 さて柴胡剤ってたくさんあるんですね。

 大柴胡湯(だいさいことう)

 これが気診で合った方はいないので使ったことはないです。

 体格、体力ともに充実。胸脇苦満が強く、便秘とあります。

 吐き気、季肋部の苦満感、肩コリ、頭痛、めまい、悪寒、耳鳴りを伴う場合。


 ガチガチのイメージですね。



 

6月のお知らせ

 80歳でエベレスト登頂成功、三浦雄一郎さん素晴らしいですね!強靭な精神と肉体を鍛え上げられてきたのでしょうね。

 そして山が好きなのでしょうね!ご自身の中からわき上がってくるものがあるのだろうなあと思いました。


 また昨日は『癒しの音叉&気診で元気』コラボ講座でした!

 気診でチャクラの滞りを拝見して、SAWAさんにチャクラに対応した音叉をして頂きました。筋肉の変化も見て頂き、弛むのを実感。

 そばで見ていた私まで気持ちよくなっておりました。

 ご参加の皆様ありがとうございました!!


 さて今後の講座・イベントのお知らせです!


5月30日 『鍼灸師が教えるお灸で元気になる法&気診で元気!』 in 大阪

      新大阪 KOKOPLAZA ①13:00~、②16:30~


6月1日 13:00~14:00 気診無料講演会

      

      14:30~16:00 『気診初級講座』 

           第1土曜日 1回90分 全3回



6月13日スタート 18:30~21:30  第2木曜日 1回3時間 全12回

       『スペシャリスト養成基礎講座』 11期生


6月17日 18:30~ 銀座なでしこ会

        元リッツカールトン 高野登先生ご講演 

          

6月17日 18:30~ 日本経済人懇話会 青山 アジア会館  

      拓殖大学教授 呉 善花先生ご講演


6月20日 18:30~ 気診無料講演会

6月24日 成田 小倉医院 気診


6月25日 日暮里 ひぐらし整形外科内科 となり QI鍼灸院 気診


6月27日スタート 14:00~17:00 第4木曜 1回3時間 全12回

      『スペシャリスト養成基礎講座』 11期生


6月29日 14:00~16:00 明石区民館  チケット販売中

      『生活習慣病予防と薬膳』~病気を未然に防ぐ食養生法~

      東京薬膳研究所 武鈴子先生

      お早めにどうぞ!


 講座詳細は心と身体と気を元気にする気診研究所HP をご覧下さい。

 または info@kisin-kenko.com までお問い合わせ下さいませ。



   

        



             

四逆散(2)~痛み~

 最も幸福感の高いのは90歳台以上の女性と阪大の研究が載っていました。

 ニュース


 多分ですが、幸せ、ありがたいと思って生活しているから90歳を越えても生きていらっしゃるのではないかしらと思いました。

 人生の終焉に近くなって幸せだなあと思いながら生きられたらいいですね!



 さて漢方は四逆散。

 友人の鍼灸院で出会った人が、身体中が痛くて、どこで調べても異常なしと言われるいうことで気を拝見しました。

 上から下までガチガチに緊張しており、まさに胸脇苦満でお腹は「竹の字」に硬くなっています。


 まずは表面の風邪(ふうじゃ)を取るのに桂枝湯。

 そして次に四逆散が合いました。


 手に持っているとふっと楽になり、離すとぐっと重くなる。

 ご本人に体感して頂き、クリニックを紹介しました。


 そして何より一番の原因はかみしめていたことだったんですね!

 かみしめると身体中の筋肉が緊張したままになってしまいます。口元を弛めると、筋肉の緊張は取れます。

 顎マッサージ、鎖骨下マッサージをご指導して続けて頂きました。


 身体の痛みはなくなり、今は漢方も変わりました。

 漢方と養生、よい組み合わせです!

四逆散~かなりストレスあり

 先週は表参道首藤クリニックデビューに、なでしこ会健康イベントそしてオトハクと目が回るような忙しさでした。

 

 オトハク~大人の縁joy博はとっても楽しくできました!

「気診?」

「これでわかるの?」

「何でわかるの?」

「あたっている!」


「訓練すればどなたでもできますよ~」と私。


 そして養生ご指導。その場で楽になったり温かくなったり、汗が出る人も!!

 続いて、鍼灸師さんやロルフィングの金さんのケア。

 ご満足頂いてお帰り頂きました。

 終わり間際は、他のブースからお疲れモードの方が受けに来て下さいました。

 参加者もお勉強になったイベントでした!!


 さて本日の漢方も柴胡剤の四逆散(しぎゃくさん)

 四とは手足のことなんだそうです。

 その手足が逆ーこれは伸びないで縮むー気の流れのことでしょうね。

 ストレスがとっても溜まっている方は、身体がきゅーっと縮んでいます。そして手足に気が流れにくくなっています。

 肝に異常反応があって、身体全体が緊張しています。

 お腹は竹の字を書いたように硬くなっています。


 そんな方に合う漢方。

 クリニックでの症例。

 会社の社長さんで、若い方だったんですが、来院時イベント前とかで毎日3時間くらいしか寝ていない。疲れきっていました。

 ストレスがたまってややイライラ。

 かみしめていました!

 気診でみるとお腹に「竹」の字。

 季肋部と服直筋が緊張です。


 四逆散を手に持ってもらうと、身体がすっと柔らかくなりました!

 そのまましばらく診療台でお休みになりました。ちょうどお昼休みだったのでそのままお休み頂き、起きた時にはだいぶすっきり!

 漢方を飲んだわけじゃないんですが・・・。

 

 ストレスはため過ぎてはいけないですね!

 

 

 

 


 


 



柴胡加竜骨牡蠣湯(2) ストレス

 今日は表参道首藤クリニックで気診がスタートした日です。


 初めて患者さんが、水素温熱療法のお風呂に入っている所を見学させて頂きました。(知っている患者さんなので)


 そんなに熱くない温度なのにどんどん皮膚が赤くなって温まっていきます。

 気診で診ても気がクリアになっていきました。

 この状態を維持できるように、鍼灸や漢方でフォローできれば経過はよいであろうと思います。


 今後がとても楽しみなクリニックです!!


 さて柴胡加竜骨牡蠣湯は、ストレスがたまっている方に合うことがあります。竜骨、牡蛎はカルシウム。必要なんですね!


 比較的体力のある人で、精神不安、不眠、いらいらなどの精神症状があり、胸脇苦満のある場合


 頭痛、頭重、肩コリなどを伴う

 おへその横に腹部大動脈の拍動の亢進を認める


 医療用漢方製剤にはこのようにあります。


 ストレスがたまった状態を解消できる漢方ってすごいですよね!!

 

柴胡加竜骨牡蠣湯(1)~舌痛症~

 神田祭。神輿を担ぐにぎやかな掛け声と太鼓の音が聞こえてきました。

 大人の神輿に続き、子供神輿も。

 伝統文化が引き継がれて行くのがよいですね!

 お天気もよく気持ちよさそうです!


 さて漢方、柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

 ストレスがかかって、精神症状がある方出されます。


 この漢方は舌痛症の患者さんに効果がありました。

 舌痛症は、舌の辺縁がピリピリして痛み、お醤油などがしみるものです。

舌には器質的な変化は見られないのですが、慢性的に移行します。気のせいと言われることも多く、治りにくいものとされています。


 義歯などが合わないことにより起こることもあります。神経質で几帳面な性格の方に発症しやすいようで、、気にしすぎると痛みがひどくなるようです。


 80歳、女性  主訴 舌がひりひり痛い

 既往歴 糖尿病・不眠症

 現病歴 10年前より舌の先がピリピリ痛む。口腔外科にてうがい薬

 

 柴胡加竜骨牡蛎湯を1日に1/3包ずつ服用。

 合わせて、顎マッサージ、鎖骨下マッサージ、ソケイ部マッサージ、呼吸法指導。

 約3か月で、舌の痛み、違和感は全くなくなる。


 漢方は合うと少量で改善していきます!


 それから来週オトハク出展しております!16,17日はチーム気診も行っていますので是非お越し下さいませ。


  オトハク