月別アーカイブ: 2013年11月

潤腸湯~やや虚証の方の便秘~

 明日は銀座パルプ会館にて銀座ファームエイドに参加しております。

 健康相談(無料)しています!

 色々な催しがあるので、お立ちより下さいね!

 なでしこブースです。10:00-16:00までです。

 お時間ありましたらいらして下さいませ。

http://www.farmaidginza.com/




 さて先日、「月と暦のカレンダー」読書会ありました。

 なぜか満月の日にクレームが多い・・・。

 そんなことから月に興味を持った大手会社の社員さんが企画されました。


 少し前まで、日本人は月の暦で生きていたんですね。

 1月は新月から新月までのひとつき。

 

 来年は朔旦冬至(さくたんとうじ)という、太陽と月のお誕生日が一緒になる年だそうです。19年に1度だそうです。


 詳細はこちら→月と太陽の暦制作室



 さて漢方。

 潤腸湯(じゅんちょうとう)は一般に老人や虚弱な方の便秘薬だそうです。

 でも大黄が入っているので、ひどく虚弱な人向けではないそうです。

 

 桃仁、杏仁、麻子仁は種子で、これらの油脂成分が通便効果になります。

                   初学者のための漢方入門より







 



大黄牡丹皮湯~瘀血の便秘~

 昨日に続きもうひとつ薬膳講座のお話を(*^▽^*)


 最近キレる子が多いですね。子供だけじゃなくて大人も。痛ましい事件が続いています。

 薬膳からいうと酸性食品ばかり食べているとキレるようです。身体をアルカリ性にすること。そして精神を安定させるにはカルシウム。それには海藻や緑の野菜が必要です。


 紀元前7世紀の中国では、食医というのが一番評価されていたそうです。未病を食事で治すお医者さんですね。


 そうそう甘いものは身体を酸性にするんですよ。その上身体が酸性に傾いていると酸性のものを求めるようです。悪循環ですね。

 どうしても甘いものをやめられない人には、最近ゴマとはちみつを混ぜたゴマハニーをお勧めしています。薬膳の武先生お勧めの一品です。

 ゴマ・ハチミツ・はとむぎで必要な栄養素のほとんどをカバーできるそうです。

 美味しくて満足度が高いので、お菓子を止めることができています。

 もちろんそれは甘いものが身体に負担になっている方へのご指導です!


 口から入れるものが身体を作っているわけですから、食事はとても重要です!!

 

 さて今日の漢方は大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)

 比較的体力があり、下腹部痛があり便秘がちとあります。

 月経不順に使うこともあるようです。瘀血~血のよどみ~ですね。

 右下腹部が痛くなるようです。虫垂炎の初期に用いることもあるそうです。


 便秘も色々ですね!

桂枝加芍薬大黄湯~腹満~

 昨日は薬膳講座でした!東京薬膳研究所の武鈴子先生の熱い講座に皆様、聞き入りました。

 今回は初めての方が多かったので、目からウロコのお話ばかりだったようです。

 その一端を!!


 秋は肺が弱ります。空気が乾燥しているからでしょうね。

 肺は大腸と裏表の関係です。そして鼻に開竅しています。

 肺を元気にする食べ物は、香辛料です。

 鼻がつんとしますね!鼻が通ることが重要なんですね。


 タンパク質は腸の中で腐敗しますから、それを防ぐ香辛料が必要なんですね。

 肉食の民族は、必ず香辛料を何十種類も取りますよ。

 そうして腐敗を防ぐわけです。

 お刺身にはわさびが必要なのと一緒です!


 というお話を時間を延長してお話下さいました。

 香辛料是非お使い下さいね!!


 別の本では、アルツハイマーになる割合がインド人は、アメリカ人の4分の1とありました。これもカレー大国香辛料のお蔭かと思います。

 気診で見ると頭の上の雲がとれるんですね!


 

 さて今日の漢方は桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

 桂枝加芍薬湯(腹痛などに温める漢方)に大黄を加えたものです。

 

 体質虚弱、便秘、腹満腹痛の漢方です。陰証で虚証、冷え性の便秘の場合です。下剤を飲むとお腹が痛くなっちゃう方やすっきり出ない方向けの漢方ですね。

大黄甘草湯~便秘~

 ダライ・ラマ法王の講演会よかったですよ~。

 昨年よりずっとシンプルでわかりやすかったです。

 

 これまでの社会の物中心、お金中心の世の中から、内面においての平和を求める社会を作っていくために、教育が大切であるということ。

 グローバルな問題は、各自が責任を背負って解決していくこと。

 狭い視野から広い視野に。

 1つの角度から見るのをやめて、多角的に物事を見ること。


 そういったことで、一人一人の心の平和が訪れる・・・そういったお話でした。

 いかに実践していくか、それが課題ですね!

 ちなみに司会は早見優さんでした(^∇^)


 さて漢方。寫下剤の初めは「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」


 本を見ると、便秘とだけ書いてあります。

 通常の便秘の第一選択薬だそうです。

 中間証とありますから、体力中程度ですね。


 便秘の場合、本当に腸に問題があるかどうかが重要です。

 風邪をひいて冷えて巡りが悪くなっている場合は、葛根湯でも便秘が改善する場合もありますし、食べ過ぎなどで季肋部が硬くなってそうなる場合もあります。その場合は柴胡剤で改善します。(私の場合です)


 症状だけから便秘薬!と飲むのは危険かなあと思っています!

 

気診スペシャリスト養成基礎講座 募集開始

 今日は午後からダライ・ラマ法王のお話を聴きに行きます!

 法王の気を感じることもとても楽しみです!!


 さて来年の「スペシャリスト養成基礎講座」ご案内ができました。このスタイルでの募集は今回が最後となります。次回は内容、料金共に改定を行いますので、ご希望の方は今回受けて下さいませ。お待ちしております!


 

平成26年  スペシャリスト養成基礎講座


12期生 募集(定員 各8名) 平成262月スタート



本格的に気診を勉強したい方向けの専門講座です。

気診は様々な分野で活用することができます。東洋医学を始め、食、健康食品、日用品に至るまで、気で判断することができます。またカウンセリング時に応用することも可能です。まずは気診に必要な基礎知識を学びながら、気の判定法を身につけていきます。合わせてご自身の身体および気をよくしていきます。

 

 専門家として気診ができるようになるためには、最低3年ほどかかります。まずは気診の気を使うことが重要です。

 

(日時) ①第三木曜コース 14:0017:00

       220日スタート

     ②第三土曜コース 15:0018:00

       215日スタート


(講習会場) 一般社団法人 心と身体と気を元気にする気診研究所

 中央区銀座6-7-18デイム銀座1003号室メトロ銀座駅B5出口より徒歩4分 マツモトキヨシ角曲りシャネル先



(講師)小倉左羅 (歯科医師)



(ご用意いただく物)筆記用具



(費用)1回払い  10万円+テキスト代3000円=103,000

    2回払い  55000×2+テキスト代3000

毎回払い 1回目10300円 2回目以降 10000

     再受講の方は半額になります。

 *12月中にお申込み・お振込みの方はテキスト代割り引き致します。



(お申込み・お問い合わせ)

一般社団法人 心と身体と気を元気にする気診研究所

  TEL 03-5860-4441 (パナセアの碧 平日9:0018:00)

メール info@kisin-kenko.com


    

寫下剤(しゃげざい)

 サプリメントについて注意喚起の記事がありましたのでどうぞ!

 ご自分の身体は素直ですから、頭じゃなくて身体に聴いてあげてくださいね。


サプリメント

 さて漢方は寫下剤に入ります。寫下剤とは下剤のことです。

 漢方では裏を攻める方剤を言います。邪を大便と共に体外に排出するのです。


 漢方にはとてもたくさんの寫下剤があります。それだけ便秘の病態には、種類があるのでしょうね。

 その方の状態、冷えているのか、熱がこもっているのか。体力があるのかないのか。

 そういったことを判断するのが大切です!


 下痢をしたり吐いたりすると大変と思う方もいるのですが、

 下・・・下す

 吐・・・吐かせる

 汗・・・汗を出させる

 

こういったことは治療として行われるんですね!


 


 

12月イベント チャリティ他

 いいお天気ですね!

 

 12月もイベントが目白押しです。


 その前に

 11月26日(火)10:30~12:30 薬膳講座

  キャンセルが出まして空があります。今からでも大丈夫です!


 

 12月1日(日)10:00~16:00  銀座ファームエイド

   なでしこ健康部門で健康相談で参加予定です!


   銀座ファームエイド


 12月5日(火)①14:00~16:00   ②18:30~20:30

   横田千枝先生の「お灸で元気!」講座


 12月12日(火))①14:00~16:00   ②18:30~20:30

   小倉左羅の「気診で養生講座」


  上記詳細はこちら→心と身体が元気になる自然療法講座


 

 そして今年最後のイベントは、三回目を迎える


 「福島応援チャリティイベント 2013」


パナセアの碧&社)心と身体と気を元気にする気診研究所主催


銀座なでしこ会 健康部門協力でお送り致します。



(日時) 1222日(日)



(内容) 

(1) 施術説明

  (2) 下記①~④からお好きな施術を1つ(30分)

    または2つ(15分)選択下さい

    ①ツボを探してお灸で元気!(15分) 

        ~横田千枝(鍼灸師)~

    ②あなたに合う香りでアロマオイルハンドマッサージ(15分)  

        ~白鳥絵里(鍼灸師・アロマテラピスト・気診)~

    ③気診&元気になる養生ご指導(15分)

        ~小倉左羅 (歯科医・気診)~

    ④姿勢カウンセリング ロルフィング(30分)  

        ~金 貞子(ロルファー)~



(3)音叉グループヒーリング(皆様でご一緒に) 

      ~SAWA(音叉ヒーリング)~



  (4)質問&交流&お茶タイム



(費用)3000



(時間) 90分の入れ替え制になります。ご希望の時間をご連絡下さい。

 1回目 10:3012:00

 2回目 12:3014:00

 3回目 14:3016:00

 4回目 16:3018:00 

   

(場所)中央区銀座6-7-18 デイム銀座1003号室

    パナセアの碧&社)心と身体と気を元気にする気診研究所

   地下鉄銀座駅B5 マツモトキヨシ角曲り、シャネルの先



 =今回の売上金は「命を守る森の防潮堤」作りに全額寄付致します=


(お申込み・お問い合わせ)  *チャリティ希望とお伝え下さい。


  TEL 03-5860-4441(平日9:0018:00) パナセアの碧


   以上ご予約・お問い合わせは info@kisin-kenko.com まで。


   皆様のお越しをお待ちしております!!


 

六味丸~腰痛~

 先日生まれて初めて気功整体を受けました。

 気診は気功の要素もありますが、気を診断することがメインなので、気功(気を調える)ことは周囲の気をきれいにするので、長い時間をかけて身体の中に気を入れることはありません。


 ご縁があった気功整体の先生の気がとてもきれいだった上、月に2回行っている吉祥寺の東方医院の近くだったのでお邪魔してきました。


 うつぶせでまず気を入れてくださいます。すぐに身体が気持ちよくなってきました。さらに私の弱い所を修復して下さっている感じです。

 かゆい所に手が届くという感じでとても気持ちよかったです!

 あーこうやって気で身体が改善していくんだなあと思いました。


 「お疲れですね~」

 と言われちゃいました。

 「お役目がございまして」

 と私。

 多少無理でもしなければ、見えないものの存在があるという風には常識はかわらないんですよね!


 割引券を頂いてきましたので、ご希望の方はお声掛け下さいませ。

 初回 基本コース 7000円→3500円です。


禧福庵(きふくあん)


 

 さて今日は補腎剤の六味丸。先日の八味地黄丸から、桂枝と附子を取ったもの。私現在ちょろっと飲んでおります。なぜちょろかと言いますと、たくさん飲むと胃に障るんですね。なのでちょっとにしております。

 腰のあたりが楽になります。


 飲み始めはじんましんでした。手と首に発疹が出てどうしようと思った時に、六味丸をなめたらすーっと楽になって、かゆみが減りました。皮膚もすべすべになってびっくりしたのです。

 あー腎が元気がないんだなあと思い、それからちょっと飲み始めました。疲れにくくもなりましたよ。


 教科書には、排尿困難、頻尿、むくみ、腰痛、かかとの痛み、足のしびれ、寝汗、頭痛、めまいとあります。そんな症状はありませんでしたが、快適です。


 腎の働きが弱ると水を回すエネルギーが足りなかったり、水そのものがたりなかったりするんですね。水分もとりつつということが大切です。