月別アーカイブ: 2014年1月

顎から治そう!~気診体験談 続花粉症~

 先日日本経済人懇話会で、「極道の妻たち」の家田荘子さんのお話を伺いました。彼女は今僧侶となって活動もされています。

 榛名女子学院とう少女ばかりの少年院での取材のお話では、様々なことをして入ってきた少女たちが、最初は嫌だ嫌だと言って入ってくるのに、更生が済んで、出ていく時には、出るのが嫌だと言って泣くのだそうです。それはそこにいらっしゃる先生方が、話をしっかり聴いて下さり、そして変わらなければならないことは、何回でも何か月でも言い続けるのだそうです。そこで彼女たちの気持ちが変わるのですね。早く逮捕されてよかったと思うそうです。更生率は90%。子供たちの目がきれいになってくるのだそうです。

 悪の道に入るのは、家庭での居場所がなくなったと感じ、家を出ると悪い大人たちが甘い言葉で、彼女たちを誘惑し犯罪に巻き込まれていることが多いそうです。

 更生した彼女たちを見て、今度は親の更生が始まるそうです。そうすると家庭に居場所ができるんですね。


 講演の最後に家田さんはこうおっしゃっていました。慈悲の心がある世の中になるといいなあ。慈は喜びを分かち合う、悲は悲しみを分かち合うことだそうです。



 さて花粉症で苦しんだ男性の体験談の続きです。



「私の花粉症」は、平成20年春から軽減し始めた。2007年(平成19年)10月に、歯科医師・小倉才子(現在は、左羅さん)先生が開設された「気診健康センター」(現心と身体と気を元気にする気診研究所)を知人に紹介され受講を始めた。11月3日開講の「自分でできる気診講座(初級)」から出席し、翌年2008年の秋頃まで毎月受講をさせていただいた。


気診学で実践したことは

①呼吸法(気を整える・・・をとる)



②体に良いもの合わないもの選択(胸鎖乳突筋による診断)

   

③身体を温めることの大切さ 

④身体のストレッチ(特に、顎のストレッチ・・噛みしめない)


⑤身体の特性・構造との因果関係 など等を多岐にわたり学習

いろいろな実例や実技を通じて、「自己診断と現状把握」を学習体験重ねた。


特に強調されていた、呼吸法や温め、顎ストレッチの行動特徴を、日々の生活習慣に加えて「体質改善」に努力した。

 また、小倉先生から適時に「遠隔気診」をしていただき、軌道修正やアドバイスを的確にいただき、日常の生活様式の中に浸透させました。


特に私の場合、ひそかに「花粉症改善が優先順位NO1」でしたので、呼吸法の徹底実践や冷え防止や温め、そして気の調整、顎のストレッチなど、指摘されたことを、健康管理のため、毎日忠実に実行した。


翌年の、平成20年春一番の頃は、例年通りの花粉対策5点セット「点鼻薬スプレー+目薬+鼻炎を抑える錠剤+テッシュペーパー」の携帯を準備していたが、なんと!薬を例年のように激しく多用することなく、緩やかな改善が見られた。


例年と違い、症状がいつもと異なった状況に「驚きと喜び」が交錯した。改善の背景は、気診との出会いで救われた瞬間でした!



■その後、花粉症関連のグッズから開放!気診効果で体質改善の成功に感謝です。

さらに、断続的に「気診講座」や「心と身体と気を元気にする気診メルマガ」などでご指導を頂いていますが・・・今は「花粉症発症時代を忘れ」スギの木が多数配置されているゴルフ場や野外への出掛け、快適に「春から初夏5月のゴルフプレー」を楽しんでいます。


気診の学習を活かし、さらにブラッシュアップしたいと考えています。

顎から治そう!~気診体験談⑧花粉症~

気診講座で元気になった方の手記です!


花粉症歴、約30数年間の憂鬱さを「気診健康学習」で、晴らす!



■花粉症の主な経過

私は、1947年生で現在66歳(男)。20代はゴルフや野球などの屋外スポーツを楽しみ、  

花粉症多発時期の春先でも、症状も無く健康的に行動していた。


1978年頃(32歳)に初めての転職を経験、仕事環境も変り新しい業務への挑戦の日々、過労と精神的ストレスが祟り、十二指腸潰瘍となってしまった。幸い緊急手術には至らず、点滴や複数の薬漬けと食生活の改善へシフトした。

その翌年、1979年の1月下旬頃から、風邪症状が続き、内科に通いながら、耳鼻科も並行、通院、そこで、告げられた病名が、「アレルギー性鼻炎」で、花粉症との付き合いが始る。



翌1980年の春先に「スギの花粉症ニュース」があちらこちらで、流れた時代でもあった。


その症状は、「くしゃみ+鼻水+鼻づまり+涙目+かゆみの5点」いずれも症状が激しく、夜中は、それらの症状で不眠不快となり、睡眠不足が続く日々でストレスが増幅した。

睡眠不足のためか、昼間の仕事への集中力が欠けるなど悪影響が出ていた事を振り返る。

人と対面するときや、会議などの時に「症状5点」が出ると、もう最悪であった。

その程度は、軽度・重度の開きこそあったが、憂鬱を超え苦痛の日々であった。

私の発症開始時期は、毎年2月の節分を過ぎ「春一番」予報が出るときであった。


「花粉症が到来」と体が敏感に反応して、その憂鬱度が最高潮に達する。

1970年代に、3人娘のキャンデーズが歌う「春一番」の「もうすぐ春ですね♪♪」が流行していた。



私は、流れているその歌を聴くと、反応して「激しい戦慄を覚えた」・・・つらい症状5点対策のため、憂鬱な翌春を迎える準備で、前年の12月頃から、耳鼻科通いである。



当時は、予防措置のため、花粉症に良いと思われる対策を可能な限り講じた。

当時の週刊誌でアレルギー性鼻炎に良いと「漢方薬のKメーカーの小青竜湯」情報がでた。また「アロエエキス」などにも挑戦した、効果はそれぞれ散発であったが、少しは効いていたように記憶する。

花粉アレルギーを一時的に沈静化させる速攻薬を含め「目薬+点鼻薬スプレー+調合された飲み薬+テッシュペーパー」を欠かさず携帯する日々であつた。

私の場合、発症ピーク期間は、「春一番が吹く時節から桜の花が散る4月中旬」で、遅くも5月の連休明けまでであったが、その80日間程の体調は最悪であった。

大好きなゴルフも封印していたが、形振り構わずマスクを装着してプレーをしたのを思い出す。スギの木が密集しるゴルフ場では、風で「黄色い花粉」が帯状のように飛び交い、それを見て「最悪の症状」になり、途中で棄権したこともある。


■花粉症からの開放への道は、2007年秋の気診入門講座から始った!

30数年も苦しめられた花粉症の改善が進んだのは、「気診」との出会いからです。


                      次回につづく

「四つの空 いのちにありがとう」 上映会と銀座なでしこ会白坂亜紀さんとランチ

 じんましんもほぼよくなり、漢方効くなあと改めて実感しています!


 さて銀座なでしこ会 健康部門今年最初のイベントです。

 プロデューサーの鈴木中人さんもご参加頂けることになり、とってもすてきな会になりそうです。皆様のお越しをお待ちしております!!


銀座なでしこ会健康部門企画 

 「四つの空 命にありがとう」の上映会

   &銀座なでしこ会代表 白坂亜紀さんとランチ


内容:4組の家族の「小さないのちの物語」
 いのちに向き合い、困難を乗り越え、幸せになるための物語


    長女を亡くした父親が語り継ぐ、いのちのメッセージとは?
   小学6年生で白血病を発病した大学生が抱く夢とは?
   老舗料理店の女将、その笑顔の向こうにある思いとは?
   体重326グラムで生まれた少女から発せられる生きる力とは?

 いのちの大切さ、家族の絆、生きる、本当に大切なことをみつめます。
 お子様とご一緒にどうぞ。




日時:平成26223日(日)

   12:0013:20 ランチ会

   13:3015:30 上映会+コーヒータイム 

          鈴木中人さんコーディネートによるお話会




会費:ランチ会+上映会+コーヒー  5000円(なでしこ会員 4500円)

   上映会+コーヒー   3000(なでしこ会員 2500円)

    中学生以下の方は上映会  1500




場所:ランチ会 トラットリアマルタ 中央区銀座6718 

        デイム銀座2F

   

   上映会  同じビルの8階のお部屋




お申込・お問い合わせ

 info@kisin-kenko.com 社)心と身体と気を元気にする気診研究所

電話 03-5860-4441(パナセアの碧)平日9:00~18:00  

  

=銀座なでしこ会健康幹事小倉宛 上映会ご参加希望とお伝え下さい=


 

顎から治そう!~気診体験談⑦~

 今日は自分の体験談。

 会食が続いたら、ついに身体が悲鳴を上げたようでじんましんが出ました。

 子供の頃、カニを食べるとじんましんが出ていたので、体質でもあるんでしょうね。その上、このところ本来グータラの自分にお尻を叩いて動いておりましたので、疲れもあったのでしょう。


 どうも原因は海老らしい・・・。

 だんだんかゆくなってきて、そんな時は香蘇散!と家中探したのですが、なくて我慢しておりました。六味丸を飲むと少しはかゆみが治まりました。

 夜甲殻類じゃないから大丈夫かなとたらちりを食べたら、また一気に出てきました。手足がボコボコに。かゆい!!!


 顎マッサージに鎖骨下に、呼吸法。

 ちょっとは治まるけどでもかゆい。

 でも全部出ちゃえば大丈夫なのよね~と。


 表面は熱いのに背中はぞくぞく。

 あーこれは風邪の一種でもあると分析。

 お風呂に入って温まったら何故か楽になりました。

 そのまま眠ったら朝にはほとんど引いていました。


 でも完ぺきではないので、ちょうと額田病院見学日。

 朝一、先生に香蘇散を処方して頂きました。

 「魚介食べちゃだめでしょう。タラも」

 と笑われる始末。

 そうか白身だし大丈夫だと思ったのよねえ。

 1包服用すると身体がすーっと楽になりました。

 しばらくするとお肌もすべすべに。

 そういえば皮膚がガサガサしていたっけ。


 お昼はおでんにサラダ。

 ちょっと嫌な予感はしたのですが、食べたらまた若干かゆい。

 あ~!!はんぺんはすり身だったし、

 サラダにカニかま入っていた!!

 かにの偽物でも身体には影響があるんですね~。


 しばらく粗食にしましょうね!

 と先生方に笑われながら帰ってきました。


 食は重要ですね!!しばらくすべて気診してから食べようっと。

 

顎から治そう!~気診体験談⑥遠隔~

昨日は漢方の勉強会「無門塾」の新年会でした。

 新年会とはいえ、4時間にわたる勉強会の後にお食事会です。


 栃本天海堂の姜先生のお話は日本の生薬事情についてでした。

 日本の生薬の生産はここ20年減少の一途をたどっています。このままいくとなくなってしまうかも。

 栃本さんは農家を応援して、種苗を維持することをされているそうです。

 

 中国からの輸入が多い中、中国国内での消費が増え生薬が、日本に回ってこなくなる可能性もそうです。


 漢方はとても効きます。質の高い日本製の生薬を残す努力が必要と思います。ただそれらは原価が高いので、保険で扱うものでは採算が取れません。

 

 質が良ければより効果が高いでしょう。

 安いものを選択するか、高くてより効果がある方を選択するか、そんな時代になってくるかもしれません。



 さて体験談。遠隔気診は距離が関係なく届きます。アメリカ在住の方からの体験談です。


 アメリカ在住の私が小倉先生に出会ったのは、丁度4年前の今頃で40歳の誕生日を迎え、心身ともにボロボロで藁にもすがりたいという状況下の時でした。
 鬱を患っていた日本にいる私の母が最初に小倉先生に巡り会い、通えないので遠隔治療というものを受けていると聞き、遠隔は海外でも大丈夫なのかしら?と思いながら、すぐさま私もお願いしたいと思い、先生に自分の全身写真とその時に抱えていた不定愁訴を片っ端から書いてメールで送り、

 直接にお会いする事もお話しする事もないところから、遠隔治療が始まりました。
 不定愁訴の内容は、とにかく疲れやすい、体力がない、疲れやストレスからの胃の不快や痛み、生理前後の不快症状と痛み、アレルギー症状と、これらが主だったと思います。

 先生からのご指示は 噛み締めをやめる、鎖骨・あご・ソケイ部等のマッサージ、足湯でした。
 遠隔治療が始まって数週間で好転反応が出ました。同時期に私の夫も遠隔治療を始めていたのですが、夫も全く同じ時期に好転反応が出ました。風邪の症状とかなり似ていたと思います。

 遠隔治療は最初は毎日して頂いていました。敏感でないので、気を感じることはありませんでしたが、こちらの時間の夕方が日本での朝で、小倉先生が気を送って下さる時間になるのですが、それ以前は夕方からがその日の疲れが出て、辛くてしんどかったのですが、徐々に少し元気に夕方以降を過ごしていることに気付きました。
 そして、少しずつ、色んな症状が緩和していき、元気になってきたと自覚もありました。

 今までずっとあまり元気でない人生を送ってきたので、元気 とはこんなに素晴らしいものかと、元気な人はこんな風に感じながら生活しているのかと、今までかなり損をして生きてきたと思いました。そして自分が元気になれるとは思っていなかったので、自分が元気になれたことにも驚き感激しました。

 遠隔治療は毎日から週3日に変わり、週1日になり、9ヶ月後には終了して一人で出来る養生を続けていく状態になれました。

 現在も何かあるといつも遠隔治療をお願いしています。
効果抜群です!!

私は元々目に見えない力を疑っていなかったので、遠隔治療を疑ったこともありませんが、この効果には本当に驚き、私の人生を救って頂いたと心から感謝しております。そろそろ44歳になりますが、今までで一番元気に毎日を過ごせていると実感しています。
毎日が楽しいです。
まさか私の人生にこんな日々がやって来るとは。。。
本当にありがとうございます!

自然療法クリニック

 梅原司平さんのミニコンサートとってもよかったです!!

 懐かしい友人たちもたくさん参加して、古い歌から新しい歌まで、トークを取り混ぜての楽しいひと時でした。


 一番好きな歌がユーチューブにあったのでどうぞ!合唱です。

 また世界に発信している「折り鶴」という歌も素晴らしいです。こちらも合唱ですが聞いてみてくださいね!


 人として


 折り鶴



 さて自然療法クリニック、着々準備を進めております。

 1月中には登録予定ですので、2月から診療開始致します。

 東洋医学とカウンセリングのクリニックです。

 詳細後日お知らせ致します。


 


 

顎から治そう!~気診体験談⑤~

 イベントのお時間に誤りがありましたのでお詫びし訂正致します。


 明日11日 梅原司平さんのコンサートは16:30~トラットリアマルタです。

 すみません!!


 さて下記の記事もご参考にして下さいね。心地よく楽しいなあとか穏やかだなあと感じながら生きることは、脳内ホルモンが影響しているんですね!

 考え方を変えたり、捉え方を変えると、状況は変わらないのに気持ちが変わります。カウンセリングの中ではそんなこともお話しています。


 癒しホルモン


 さて今回の体験談です。なぜ離れた人に気が届くのかはまだわかりませんが、遠隔気診は気に敏感な人にはかなり効果があります。


40代女性

 疲れがひどく3分も歩くことができないという症状に苦しむようになったのは今から7年前です。かかりつけの外科医は色々な薬を試したり、検査をしたり、大学病院を紹介してくれたりと手を尽くしてくれましたが、病名も治療法も見つからず、私は途方に暮れていました。そんな中、知人から気診の話を聞き、早速予約をとりました。指定された気診健康センター(現 社)心と身体と気を元気にする気診研究所)へ行くと治療ではなく、講座でした。


「自分でオーラをきれいにする方法」をやってみると、みるみる元気に。その帰りはあまりに気分がよかったんで散歩をしたくなり、何と1時間も歩いていました。しかし翌日は具合が悪く、調子に乗りすぎないように気をつけることを肝に銘じました。

 それから月に1度の講座と気診に通いました。着いた時はげっそり疲れているのに、帰りは元気という日々を半年過ごしました。外出先で動けなくなった時は遠隔気診で対応して頂いたことは数知れず、そうして無事家に帰りつきました。

 養生法も毎日欠かさず行いました。顎ストレッチと湯気吸引、身体を温める大根や生姜も食事に取り入れました。その後スペシャリスト養成講座も受け、自己調身の方法も学び、1年が終わるころには、長時間歩くこともでき、寝込むこともなくなってきました。




 小倉談ーかみしめて冷えて身体が緊張されていました。温めて弛めて呼吸などで気(エネルギー)を増やすことで症状は改善しました。現在初級講座の講師をして下さっています!かみしめが全身に影響することが確信に至った症例です。

 




 

顎から治そう!~気診症例④~

 日経おとなのOFF 大人の不調に効く「漢方 ツボ押し 呼吸法」

 とってもまとまっていてわかりやすかったのでお勧めです!!

 毎月お世話になっている吉祥寺東方医院の三浦於菟先生も登場しています。

 ちょっと字が小さいのが辛いですが。

 コンビニで売っていましたよ。


 さてイベントの追加ご案内です!


手相教室

からだ塾   1月27日(月)



本日の症例です。


70歳女性 冷え、めまい、たちくらみ、身体が揺れる、右頭部のもやもや感、頭痛、耳鳴り、肩こり、背中の張り、首こり、胃腸の不調、よく眠れないよく夢を見る、目がかすむ、目が乾く、肋骨下が苦しい、便秘、夜トイレに起きる

 現在高血圧のお薬を飲んでいらっしゃいます。

 

 気診をすると、頭の上から足の先まで厚く雲がかかって気が滞っています。さてどこからアドバイスしたらよいものか・・・。12月に初めていらしたのですが、目標は春までには台所に立てるようにしましょう!と申し上げました。

 まずは養生法アドバイスです。

 呼吸法。ゆっくり吸ってゆっくり吐く。難しい呼吸法は無理なので、普通の深呼吸をして頂きます。次は温め。湯たんぽを使って温めて頂きます。腰回りや足を温めて、エネルギーを増やします。そしてもちろんかみしめていらっしゃいましたから、いつもの顎マッサージ。マッサージするとものすごく痛いそうで頑張ってマッサージしてくださいました。次は鎖骨下マッサージと鎖骨下マッサージ。冷えやめまい、夜トイレに起きるなど水回りが悪いと思い、腎を元気にしていただくために、耳のマッサージもお願いしました。

 1か月後、少し改善、でもほとんどの症状は残っています。次にするのはサプリメントの選択です。体調が悪いと周りの方がたくさんサプリメントを紹介してくれるんですね。嫌と言えない人は、何でも飲んで更に悪化させています。どんなに良いものでも合う人と

合わない人がいて、必要な時と必要でない時があるのですから、親切が仇になってしまいます。10種類飲んでいたサプリメントは2種類に致しました。

  次のステップは、「嫌なことは嫌と言う」です。

 気を使って我慢していると、ストレスをため込んでなかなか気が巡らないんですね。

 そこで、自分の思っていることをきちんと伝えられるようになって頂きます。その時にポイントは感情を入れないことです。特にご家族は感情的になって話すと喧嘩になってしまうので、事実を事実のままに伝えることをお勧めしています。こうしてご主人にも物が言えるようになり、ストレスはだいぶ減りました。

 次はまわりの人の気に引っ張られないよう注意します。こういう方は、人の影響を受けやすいんですね。おしゃべりしているだけで具合が悪くなったりします。そういう方にはなるべく近づかないようにお願いします。元気になればそんなことは問題にしなくてよいのですが、具合の悪い時は重要なことです。

 こうして、少しずつ気がクリアになってきて春前には台所に立てるようになりました。最初は毎回ご主人か息子さんが着いていらしていたのですが、今はお一人でいらっしゃれます。遠隔気功も毎日から週に3回に減りました。SOSのお電話も随分減りました。

 そして最近、また一段階良くなりました。それは何故かというと依存心を手放したんですね。調子が悪くなっても、まずは落ち着いてご自分で対処できるようになりました。こことここをマッサージして、呼吸法をすれば大丈夫とわかって下さったんですね。

 毎月一皮ずつ向けて心も身体も軽くなっていらっしゃるようです。