月別アーカイブ: 2016年9月

ご報告④ 気功と健康

世界最大の気功団体代表の台湾の李承忠先生のお話は本当に興味深かったです。

少年時代から医学に励み、中医学、鍼灸、気功導引、養生治療、延年不老術に精通しているとのことです。

生物能医学気功と名付けられた気功法は、現在数万人が毎日行っているそうです。

指導員は1000名以上。

その中から今回は120名位の方が日本にいらして楽しい気功を披露してくださいました。

楽しく気を巡らせることで、心も体も活性化するものと思われます。

私も脳波の話をしたのですが、先生もこんな写真をアップしていました。

img_2880

気は意識もかかわると思っています。

李先生のお話を短くまとめてみます。

今社会の中で、互いに争いストレスが大きくなっています。生活習慣は小さくなり人の心は空虚で、不安、堕落、イライラ、憂鬱などに包まれていて、運動する時間も少なくなっています。

心が病んでいる方も多く、再び治る力を身につける場もありません。

毎日神経が張り詰めて、生命を抑圧しています。

それらのことから、病気は増えています。

人類の健康指数はどんどん下降してますます病人は増えています。

病気になると家庭には損失で、さらに社会は膨大な経済負担を強いられます。

社会の状況をいかに変えたらいいか、、先ず個人でできることを始めなければならない。

色々病気の予防には自己の心身鍛錬が必要である。

いかなる薬も身体を鍛錬することに勝るものはない。そして自分を救う。

ストレスを解決し、病から遠ざかる。

医療は病気を治療するところから、次第に予防へと変化してきた。

たくさんの人に気功健身運動を広げてきた。

人々の身も心も健康になれば、家庭が幸福に満ち安心して仕事ができ、社会も平和となることでしょう。

健康には気が不可欠と改めて思った次第です!

 

さて以下は瓦割の動画です。

迫力ありましたよ。

全日本少林寺気功の女性の方が瓦割を披露してくださいました。

上からではなく、すぐ近くから10枚の瓦を見事に割っています。

気の力だですね!

img_2882

 

ご報告③ 潜在意識開発による治癒力向上

イタリアから見えたジョゼッペ・パテルニーティ・ルポ先生のお話も素晴らしかったのでご紹介します。

気功、太極拳、生体エネルギー療法の指導者で、イタリア後任の按摩師のジョゼッペ先生。

img_2893

全ての病気は自分自身の意識を見出して自分自身の気をあげることで改善していく。
まるで錬金術のように自分の中から見出していく。
形を変える
意識を目覚めさせて金に変えるのである。
宇宙は全てエネルギー。
私たちは全体の中に一つになって生きている

しかし感情に左右されている
意識を目覚めさせ、自分自身を知ることである。
今ここを生きること。
悪い感情を避けエゴを外す
パーソナリティは自分でためこんだもの
社会を通して動き回れるもの
それは本当の自分?
自分のエッセンスーソウルー霊
人生のミッションはshen神と共にある
言葉で表せない
全てのもののベースである。
神(shen)とのコネクションが大事
人生のミッション
個人的 心の中にあり
全体 二重性の中にコネクション
全体と個人の両方に生きる

志と情趣、パッション
何をしてよいか
いい面と悪い面
調和ができていれば問題なし
神に近づけるように
意ー一番大切
あなたの魂は計画を持っている
必要なのは雑音をコントロールすること。

過去をくよくよすることが問題。
実際にあってほしいと現実の差
その道を本当に歩きたい人は他の人にまどわされないことが大切

以上箇条書きですが何か感じて頂けたら嬉しいです。

今の私にはぴったりのメッセージでした(笑)

ご報告② 座禅奥義

少林寺武術氣功健康大会を主催された、嵩山少林寺第34代最高師範の秦西平先生のお話も伺うことができました。

img_2898

 

気診の修行も座禅。

座禅で到達するところが、そのまま気診能力につながります。

当日来ていた気診メンバーには、必ず秦先生のお話を聴くようお伝えしました。

短いたった1時間でその奥義は伝えきれないとは思うのですが、先生は一番大切なことを惜しみなく教えて下さいました。

そして一緒に座禅。

短い時間でしたが、身体が溶けていくような感覚を味わうことができました。

その先に思考もなくなる瞬間があることも教えて頂きました。

以下は先生のお話を簡単にまとめたものです。

 

気は人間の生物エネルギー、生命エネルギーである。
人間の本質で場のような形(もの)

目に見えない存在で中身には生命情報が組み込まれている

気の修行で能力開発することができる

座禅は今を集中すること

自分の本質は何?
脳と精神が変わる

座禅に入れる、入れないは何か?

表面意識は外れ、潜在意識が出てくると座禅に入れる
表面意識と潜在意識のどちらが主導しているか?
潜在能力は奥にある。
どのように引き出されるか?
それが自己開発

実際の方法
1目を閉じて静かに考えを止める
2脳の中の雑念を外す
3奥の方で何が変わるか?
一番の敵は自分である

座禅、自然に浮かぶ
精神の雑念消す方法

考えひとつ、他に入らなければ雑念は消える
万念→一念
まずはひとつのことに集中すれば深いところにいく
自分の身体と意識にいける
悟りは時間がかかるがやってみること。
1数息
呼吸を数える
雑念出たらやめる
心は動かさない
2鼻先に集中
下丹田に集中ー気のボールを作る
集中できるかどうかが人間能力開発
潜在意識でないと潜在能力は開発されない

そこにいけばあなたの心は不安に支配されなくなる
何のために生きているか、自分のこと忘れられたら不安はなくなる

第5回世界少林寺氣功武術健康大会 ご報告①

レセプションパーティーから3日間の「第5回世界少林寺氣功武術健康大会」が無事終了しました。

今回もとても充実した時間を過ごさせて頂きました。

ご参加できなかった方にも参考になると思いますので何回かにわたってご報告させて頂きます!

まだ興奮が残る昨日のご報告。

気診のワークショップをさせて頂きました!

img_20160926_151220

観客はスタッフさん含め、50名ほどいらしたでしょうか?

その中で20名ほどの方が気診を体験して下さいました。

もちろん全員できました!

少林寺からいらした方にも体験して頂き感激です!

img_3919

実は気診の創始者小田一先生は、達磨大師がお好きで、よくその絵を描かれていました。

達磨大師は今回の嵩山少林寺で「面壁九年」、壁に向かって九年間座禅して禅宗を開いたのです。

少林寺気功は長い座禅修行で健康を害する僧侶たちの運動不足を補い、武術修行の一環として積極的に取り入れられたとのことです。

何だか不思議なご縁を感じた一日でした。

他にもイタリアの方、台湾の方にも体験して頂きました!

気診は世界共通だと思った次第です!

 

 

気を調えるキーワード④

今日も雨模様ですね。すっきり秋晴れが恋しいです!

さて今日のキーワードは 「一枚ずつ」

調子が悪くなるのにはそれなりに時間がかかっていると思います。

急に具合が悪くなったわけではないでしょう。

無理をして、冷えすぎて、ストレスためて・・・

そうして時間をかけて現状があるにも関わらず、

1,2回でよくなると思っている方がいます。

そんなことはないですね。

確かに気は瞬間的に変化するのですが、それを維持する自分の身体ができていなければ

残念ながらずっとよい状態を保つことはできません。

若い人、そして調子が悪くなってからそれほど時間が経っていない方は早くよくなります。

でもそうでない方、長い時間をかけてしまった方は同じくらいの時間をかけてよくなると言われています。

でも考え様によっては年齢が上がるのに改善があるということは、それはよくなっているということだと思うのです。

一枚ずつ皮をむくように、少しずつ軽くなっていくことを目指しましょう!

さて今日の夜は、世界気功フォーラムのレセプションパーティー

海外の気功師の皆様の前で「気診」をご披露してきます。

気の診断は本場中国にもないみたいなので、どんな反応を示されるか楽しみです!

 

気を調えるキーワード③

また台風が心配ですね。

明日、明後日は休診となります。

実家にお墓参りに行ってきます。

 

さて本日のキーワードは

「感情的にならない」

気診の学校1年生、3回目は「感情がいかにオーラを崩すか」ということを実体験して頂いています。

東洋医学の古典には七情と言って、七つの感情が病の原因であると書かれています。

感情が病気を作るということです。

それを気診体験の中で感じて頂くのです。

信じられないほど、怒りや悲しみ、憂いなどといった感情で気が変化します。

長期間、強い感情を持ち続けたら病気になると書かれていますが、全くその通りだと思いました。

病気を宣告されたら、パニックになるかもしれないし、怒りがわき出してくるかもしれません。また悲しみに打ちひしがれるかもしれませんが、そんなことをしている場合ではないのです。

身体が改善の方向に行くように、自然治癒力が賦活される方向に行くように、できることをしていかなければなりません。

自分の感情で、自分を壊したら元も子もないですよね、とお伝えします。

ちょっと冷静になって、平常心に戻りましょう。

そこがスタートです!

気を調えるキーワード②

今日の東京は雨。

本日天クリニックは診療しています。

いよいよ今週末、世界気功フォーラムです。

24日講演(15:20~15:40予定)と25日(14:10~15:00予定)です!

 

気を調えるキーワード②は「必ず理由がある」

病になるとどうしよう!と気持ちが混乱してしまうと思いますが

まずは冷静に見つめてみいることが大切です。

なぜ? 疲れていたなあ、無理したなあ、暴飲暴食したなあ、ストレスため込んだなあ、怒ってばかりいたなあ、甘いものばかり食べちゃったなあ・・・

必ず理由があります。

まずはそれを改善する。

そして次に身体が本当に望んでいることをしてあげる。

身体に聴いてみてください。

休みたい?ストレス発散したい?甘いもの控えたい?

身体はどうしてほしいか訴えていますので

頭で考えないで、身体に聴いてくださいね。

気持ちを静かにしないと身体の声は聴こえてきません。

瞑想とか座禅とか精神を落ち着けてみてください。

きっと聴こえてきます!

気を調えるキーワード①

「焦らない」

先日、自然治癒力アップ目的でがんの方が見えました。

たくさんの情報、たくさんのアドバイス、お医者さんのお話

たくさん入りすぎて何をすればよいのか迷ってしまう。

まずは焦らないこと。

落ち着いている方と、気持ちが急いている方では、治り方が違います。

 

今自分が何をしなければいけないか、

一歩ずつ焦らずすることをオススメします。

養生ーつまりセルフケアが一番大事です。

呼吸法、温め、緩めること・・・

身体に心地よいことを実践してみてくださいね。

 

さて10月のイベント、「総合健康学フェスタ」が新宿であります!!

9人の異業種の先生方とコラボです。

先日打ち合わせで皆様にお会いしました。

どの先生のお話も興味深く、とっても楽しいイベントになりそうです。

人数に限りがございますのでお早めに事前登録お願い致します。

私は気の流れをみて養生法をアドバイス致します。

お申込はこちら ↓

%e7%b7%8f%e5%90%88%e5%81%a5%e5%ba%b7%e5%ad%a6