月別アーカイブ: 2019年5月

体験談⑩~胃の気

東洋医学では胃の気が大事と言われています。

そう言われてみれば食欲があって胃の調子がよいと元気ですね。

逆に食べられないと元気は出ません。

 

胃のところは気診でみると「水毒」です。

胃がポチャポチャしてお水が溜まっていると消化器系が弱っていると考えます。

その水の溜まり方が気でみると色々なんですね。

(これは最近わかりました)

胃のあたりにお椀を伏せたような反応の時は、「六君子湯(りっくんしとう)」

これは私も何年か前に飲んでいました。

結構合う方多いです!

 

お皿を伏せた感じだと「平胃散(へいいさん)」

最近私はこれが好きですね!

 

みぞおちのところに細い円柱のような反応だと「茯苓飲(ぶくりょういん)」

 

もっと広範囲で大きな円柱の反応だと「五苓散(ごれいさん)」

 

結構弱っているなあというと「四君子湯(しくんしとう)」

 

水もお怒りも溜まっていると「抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)」

 

気も水も溜まっていると「香蘇散(こうそさん)」

 

たくさんたくさん水が溜まって気持ち悪かったりすると「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」

 

他にも苓桂朮甘湯や防已黄耆湯、猪苓湯などなど水の漢方はたくさんあります。

私も全部は飲んだことないですが、その中から一番合うものを気で選んでいきます。

(反応はあくまでも私の気診で捉えたものです)

お知らせ

5月というのに暑いですね。

今年の夏はどんな感じでしょうか。

以下お知らせです!

 

「明日の医療を支える信頼のドクター2019年版」が発売されました!

新しい時代に「気」という見えない身体にアプローチする医療がスタートするきっかけになればと思っております。

是非読んでくださいね!

クリニックでも販売しております。

 

☆それから、会社にご勤務の皆様へ。

皆様の会社が福利厚生のリロクラブに入っていれば天クリニックの診療代が会社の福利厚生費から出ます!

会社員の方調べてみてくださいね。

 

☆戸隠リトリートまで1か月をきりました。

お申込受付中です。

詳細こちら↓

戸隠リトリート

 

☆リトリート翌日に予定していた長野1年生は先方のご都合により秋に延期致しました。

また日程が決まりましたらご連絡致します。

 

☆その他の外部イベント

5月29日(水)30日(木)

 

5月31日(金)西洋×東洋医学のイベントです!

小倉も参加します。

6月17日(月)

インドの仏教指導者は日本人です。

佐々井秀嶺様の講演があります。

CCF20190524.pdf日本経済人懇話会

 

 

 

 

 

 

 

 

オーラ・キレイ

今アジア健康長寿+文化村構想で色々コミュニティ作りのお勉強をさせて頂いています。

先日はペットとの共生を目指す獣医さんのお話。

その後私も出演させて頂いた地球環境TVでした。

お世話になっている志賀先生や、以前屋形船に乗せて頂いたドクター中松、楽しいお話を伺えました!

【地球環境TV】

(話題のゲスト)
①【志賀一雅】
脳科学博士『奇跡の地球共鳴7.8hz』著者。アルファ波の活用。

②【おおみなくちのみこと+横尾 靖】
縄文時代から5000年の歴史を誇る北海道小樽フゴッペ岬の『金吾龍神社』。宮司+修復師。

③【ドクター中松】
世界の発明王。国際発明協会・世界天才会議主宰、国連アースデイ日本代表、イグノーベル賞受賞、ガンジー平和賞受賞等…。

こちらでフェイスブックから映像観られます。

1時間くらいです。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=389659588558368&id=506696696519790

こちらはどなたでも参加できます。(毎月第3火曜日19:00~参加費1000円か持ち寄り1品)

 

中松先生、ずいぶん以前に末期がんの宣告。ご本人が公表されています。あと2年と言われてもうだいぶ経ちます。

手術も放射線も抗がん剤も無理と言われ、先生はご自身で10個も新しい治療法を発明したとか。詳細は伺わなかったのですが。

でも先生お元気なんですよ。車いすでしたが、歩けますし顔色もよいし、今もプールで泳いでいるとか・・・。

職業柄つい気を診てしまいます。

「オーラ・キレイ!!驚き!」

今でも研究は続けていらっしゃるし、気持ちも落ちていないし、心は安定されている。

だからお元気なんだなあと思いました!

ご一緒にお写真撮らせて頂いたのでこちら ↓

 

まずますのご活躍をお祈りしております。

体験談⑨~骨が・・・

東京、強い雨が降っていますが明るくなってきました。

ある日のこと、腰に激痛が・・・。骨が裂けるような痛み・・・。

昔から腰には弱みのある私。

漢方をみるとどれも合わない。

さてどうしよう・・・。

 

そんな時、以前患者さんがカルシウムで骨の痛みが取れたのを思い出しました!

天クリニックで扱っているのは、ウチダさんの「イオン化カルシウム」

イオン化されているので吸収されやすく、私のようにすぐ胃に来る人でも大丈夫。

飲んだらすぐに改善しました!

 

そういえば、直前に小魚をバリバリ食べていました。

 

年齢的にも、ストレスの多い時期だったこともあり、とても身体がカルシウム欲していたようです。

きっとビタミンやミネラルが足りなくて色々症状がでていることもあるだろうなあと思ったのでした!

 

(写真は珍しいチューリップ。患者さんが送って下さいました)

 

 

 

食材の組み合わせ

奄美大島からはにんにくや黒糖だけじゃなく、様々な植物の見本が届きました!

これらを組み合わせて、気診でより効果的なものを作ろうと考えています。

面白いことに合うものは調和し、合わないものは反発するのです。

不思議ですね!

 

お菓子にするか、サプリにするか、色々ご相談中です!

それがとっても楽しいので、戸隠のリトリートの実習でもやってみたいと思います。

 

デザイナーフーズご存知ですか?

参考になります。

 

What is Designer Foods?

 

 

では素敵な週末を!!

 

 

 

奄美大島から届きました!

研究会などでお試し頂き、大好評でした奄美大島の黒にんにくと純黒糖などが到着しました!!

にんにく1粒で身体がぱっと温かくなったり、気のパワーが増えたり・・・。

純黒糖では瘀血が取れてビックリ。

甘いもの好きの方にも食べても気が崩れないお菓子ができそうです。

 

商品のご紹介です!

<黒にんにく>(徳之島産の島にんにく)

遠赤外線でしっかり長期熟成したプルーンみたいに甘くて臭いも残らないです。

私はにんにくを食べると胃が重くなるのですが、これは大丈夫でした!

食べると身体が温かくなります。

にんにくは

45g 640円

 

<カカオ黒にんにく>

お菓子感覚で食べられます。

にんにくの効能と最近話題のカカオのコラボです。

カカオのポリフェノール効果の血管を拡げる作用、動脈硬化予防作用、美容効果が期待できます。

35g 640円

 

<純黒糖 くろうさぎ>

お口の中でとろけます。

何よりびっくりしたのが瘀血の反応が取れることです。

ミネラルが豊富で100g中のカルシウムは240mg、鉄は4.7mg(五訂日本食品分析表より)

また黒糖の黒い部分に含まれるフェニルグルコシドには糖の吸収を抑制そ血糖値の急上昇を防ぐ働きがあるそうです。

オクタコサノールは中性脂肪と悪玉コレステロールの生成抑制効果があり新陳代謝を高めます。

なるほど瘀血の取れる理由がわかります。

50g 320円

 

<ボルトジンユ>

写真には載せていませんが、こちらの植物優れものです。

でもとってもとっても苦いので必要な方にお薬だと思って!とご紹介しようと思っています。

抗がん剤の副作用で胸のあたりが苦しかった方が、なめたら楽になったのです。

アフリカ東部原産のスーパーハーブでシソ科の多年草です。

シソは漢方でも毒出しに使っています。

カルシウムなどミネラル成分が豊富で高血圧予防や血糖値を抑える効果が期待されているそうです!

30g  1620円

 

<健泉茶>

とってもまずいボルトジンユを含んで飲みやすいお茶になっています。

神の草と呼ばれる日本山人参(日向当帰)も含まれています。

0.7g 30包 3240円

 

奄美大島の商品初めての販売記念、黒にんにく+カカオにんにく+純黒糖の3点セット1200円です!(6月末まで)

 

体験談⑧~ざわざわ感~

日曜日はよいお天気の中、午後から漢方のお勉強会。

4時間みっちりでした!

もうかれこれ10年近くになるでしょうか。

私がとっても調子を崩していた頃(たしかこのお話は以前にも書きました)、無門塾の田畑先生に出会いました。

動くこともままならず、身体は重く、時々突き上げるようなざわざわ感。

実家に帰って静養。

母が作ってくれるご飯を食べて、あとは寝るだけ。

帰るところがあることがありがたい日々。

田畑先生の出して下さったのが「柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)」

これも柴胡が入っているから、上がってしまった気を下してくれるのです。

更に乾姜が入っているので強烈に温まります。

この時は煎じ薬で飲んだのですが、本当に身体に染み渡り「効くなあ」と思いました。

3日もすれば身体は温まり、1か月もする頃、あーよくなったと感じました。

あの気持ち悪い、「ざわざわ感」が取れました。

この柴胡桂枝乾姜湯が合う患者さんがいらっしゃると、あの頃を思い出し辛いだろうなあと思います。

精神的にも参っているとどうもこれが出るようです!

すっかり元気になった私はまた東京に戻って、お仕事スタートしました。

私が自分で色々体験したことで、患者さんがどんな状態かわかるのでこれも必要なことだったのかなと思っています。

 

体験談⑦~年と共に

とっても香りがよい桂枝茯苓丸の丸剤を服用してずいぶん経った頃、朝目覚めると気持ち悪いという日が続きました。

はて?何かしら??

思い当たることもなく、考えておりました時、桂枝茯苓丸が変わったのかしら?と思いました。

あまりにも香りがよく美味しいと思って飲んでいたので全く気づきませんでした。

たった数粒でしたが原因はこれでした。

やめたらすぐに気持ち悪いのは治りました。

 

その頃、一緒に飲んでいたのは「六味丸」1~2丸

今はほとんどこれだけです!

六味丸や八味丸は腎虚の漢方です。

腎は年齢と共に虚していきます。

それが“老化”です!

 

いかに腎を守り、衰えを阻止するか、それが老化を緩やかにしていくものと東洋医学では考えます。

腎が衰えると、そこから繋がっている膀胱(つまり泌尿器系)、骨、耳、脳、子宮や卵巣などの生殖器がダウンしていくと捉えます。

さらに元気がなくなり、腰から下の力もなくなり、腰や膝が痛くなったり・・・

すべては腎をいかに元気にしておくかにかかってきます。

東洋医学でいう男性の年齢のピークは32歳、女性は28歳。

そこからは少しずつ下降していきます。

私も人生の後半にだいぶ入り、今は六味丸は手放せません。

真冬は時々温める効果が強い八味丸です。

 

ただこの漢方は胃に触るので、ほんの少しにしています。

人生後半に六味丸!かなり多くの方にお飲み頂いています。

 

年齢の件、養命酒さんのサイトに詳しく出ていたのでご参考にどうぞ!

https://www.yomeishu.co.jp/sp/x7x8/baisu/