月別アーカイブ: 2019年8月

気診講座にて~痛みを取る~

茅野は朝夕涼しかったです!

諏訪大社にお詣りに行ってきました。

心地よい空間でした!

 

 

さて気診臨床研究会では3年生まで終了した方が20数名復習がてら勉強しております。

内容は

座禅

自己調身

症例

様々な商品や素材の気診

生薬や食材の勉強

 

気がぶれないように一緒に学ぶのは気診にとってとても重要なことです。

 

自己調身では、ご自分の気を様々な方法で気を調えます。

時々どこかが痛くなった方は、参加している方にとってとても勉強になります。

 

右足の外側が痛くなった方、歩くのも辛そうです。

外側というのがポイントになります。

後ろ側なら膀胱経、内側なら腎経・肝経・脾経、そして外側は胆経という経絡が流れています。

 

外側が痛いので胆経。風邪(ふうじゃ)が深く入ったのかなと考えます。

案の定、プールで泳いでいたら痛くなったとのこと、冷えだけじゃなくて筋肉使い過ぎも関係あるかも・・・。

というわけで少陽病の漢方―柴胡桂枝湯を合わせると痛みが軽減します。

漢方の気を入れて調えていきます。もちろんご自分で!

 

自分で改善するのがとても大切なことなのです。

 

最後に肩と腰に気を入れてバランスを調えます。

最初とは全く違って、動きが良くなります。

 

自分で自分を調身する、それが気診講座の目標です!

気診講座にて~銀の指輪~

8月10日(土)午後より16日(金)午前まで夏季休暇となります。

午後から茅野の友人宅に行ってきます。

避暑になるかなあ。

そして久々に原村にも顔を出します。

コミュニティハウスのリングリンクで皆様おススメの「美しき緑の星」観てきます。

 

さてとっても気に入った手作りの銀の指輪を購入したのです。(自分で)

右手の薬指にしてみたら、何だか調子が崩れたので気をみたら、身体がとっても硬くなっていました。

そこで今度は左手の薬指にしたら心地よくなりました。

気を診たら気は調っていました!

 

そこである講座でもやってみました。

何と!男女で逆だったんですよ。

女性は左手薬指にした方がよくて、男性は右手薬指にした方が気が調っていました!

 

気の流れに男女差があると以前から聴いていたのですが、もしかしたらその影響かもしれないです。

また金の指輪であったらどうかとか、色々調べてみる必要がありそうです。

色々なことが身体にに影響しているんですね!

 

では皆様、まだまだ暑いです。

体調管理に気をつけて素敵な夏休みをお過ごしください。

気診講座にて~苦味~

気診講座はいつも楽しい時間です!

テキスト通りのお勉強に加え、旬な事の気診も楽しみです。

例えば今月で言えば、「夏」は「暑い」、こんな季節は東洋医学でいうと「心」が弱ります。

「心」を元気にするのは「苦味」、苦味は身体の熱を冷ます効果があります。

というわけでこちらにあるとっても苦~い様々なお茶を皆で気診してみます。

でもここで個人差が出るのです!

 

暑いところで働いている人、クーラーをあまり使用していない人にとっては「苦味」のお茶は合うのですが、クーラーの中で冷え切っている人には合いません。

皆それぞれなんですね!

合っていると美味しいと感じるし、身体に染み込むように入っていきます。

感性を高めて自分の身体が必要なものを選ぶこと、とても大切だと思っています。

気診の時間

毎日暑いですね!

急な変化は身体に影響しますね。

一気に夏バテ漢方が増えています。

 

さて月初は“気診の学校”の授業が集中してあります。

講座の中では必ず「座禅」を行います。

これが私にとって、とてもありがたい時間で自分の中がとても静かになるのです。

1年生では10分、2年生は15分、3年生は20分、研究会は25分近くを目安に行っています。

座禅の年数を重ねるととても心地よい状態になります。

その静かな状態で気を診るのが大切で、自分の中が揺れ動いていては気診に誤りがでます。

 

天候や自分の気分で、自分の中が振り回されないように気診の修行はずっと続きます!