新・気診で元気!ブログ

 旧ブログ の復活をしたいと思っていましたが、ついに諦め、新しいブログに移行することと致しました!


 こちらもよろしくお願いします!!


 今日は七夕。でも雨ですね。ちょっと残念ですね。


 さて先日の「気診症例発表会&東京薬科大学、名誉教授、志田信男先生のご講演」はとてもよかったです!


 皆様着実に成長されていました!

 ぎっくり腰の症例や、遠隔気診の効果を調べた先生、初級講座を担当したその報告、ご自身の体験や遠隔気功症例、禁煙体験などバラエティーに富んでいました。


 また志田先生のお話は、とても高尚なお話でした。一部ご紹介しましょう。

 「実存的」とは何か?


 「がん」は人間として生物としての「人」の「生き方」「存在の仕方」に直接関わる病気である。

  性格、「気」の持ち方、「元気」-根源的なエネルギーに関わる。


 人間は単なる機械としての存在ではない。

  intelligent design (英知による設計)


 物質・身体・精神の相関はますます明らか


 とすればガンは特定病院によらない


 ガンは必ずしも死にいたる病ではない


 ガンに対する対処法ー患者は高度の自己決断を迫られる


  自分で自分の生き方を決める!


 1) 西洋医学の標準治療のみを選ぶか?

 2) 1)に代替医療を加えるか?

 3) pyysical mental, spiritual な面から全人的統合医療を探るか?

 4) 何もしないか?


 ガンは命の根源としての元「気」とエネルギーとしての「気」の相互に深くかかわっている。「気」には可能性と限界を含め、今後さらに研究を深めていく必要がある。



 気診でのご講演にぴったりの「内容にして頂きました!

 志田先生、ありがとうございました!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です