口呼吸と倦怠感

「漢方の臨床」投稿記事です。

(症例1)32歳 男性

【初診】 平成27

【主訴】 体が重いので養生を教えてほしい

【既往歴】なし

【現病歴】

最近仕事が忙しくなってきたら疲れやすく、だるい、やる気がでない、不安感。鼻水、目がかゆい。口内炎、胸が詰まる、首こり、背中が張るなどの症状もある。15年前から花粉症。

【経過】

(初回)

気診 冷え、肝気鬱血(右++ 左+) 水毒+++ 瘀血++。

養生 湯気を吸って鼻を通すこと、そして意識して口呼吸を鼻呼吸をすること。

漢方 朝コタロー補中益気湯2つまみ位 夜コタロー桂枝茯苓丸1/5包0.4g位

(2回目)

体が楽になりだるさがとれてきた。

気診 冷え 水毒++ 瘀血+

漢方 朝 桂麻各半湯 1つまみ 夜は前回と同様

(3回目)

体が温かくなったとのこと。しかし年度末のこともあり、酒席が増えまた季肋部(右++左+) 瘀血++

漢方 朝 桂麻各半湯 1つまみ+ツムラ 柴胡桂枝湯 1つまみ

夜はこれまでと同様

(4回目)

お仕事のストレスがあり少し冷えを感じる。ただ花粉症がとても楽になっているとのこと。口呼吸はだいぶ改善。だるさはなく体が軽くなっている。

漢方は前回と同様で継続中。

*「湯気を吸う」 温かい飲み物を飲む時に顎の下にカップを持っていき、そこで鼻呼吸。顔全体が潤ってきます。鼻が詰まって鼻呼吸ができない方に特にお勧めしています。