四逆散(2)~痛み~

 最も幸福感の高いのは90歳台以上の女性と阪大の研究が載っていました。

 ニュース


 多分ですが、幸せ、ありがたいと思って生活しているから90歳を越えても生きていらっしゃるのではないかしらと思いました。

 人生の終焉に近くなって幸せだなあと思いながら生きられたらいいですね!



 さて漢方は四逆散。

 友人の鍼灸院で出会った人が、身体中が痛くて、どこで調べても異常なしと言われるいうことで気を拝見しました。

 上から下までガチガチに緊張しており、まさに胸脇苦満でお腹は「竹の字」に硬くなっています。


 まずは表面の風邪(ふうじゃ)を取るのに桂枝湯。

 そして次に四逆散が合いました。


 手に持っているとふっと楽になり、離すとぐっと重くなる。

 ご本人に体感して頂き、クリニックを紹介しました。


 そして何より一番の原因はかみしめていたことだったんですね!

 かみしめると身体中の筋肉が緊張したままになってしまいます。口元を弛めると、筋肉の緊張は取れます。

 顎マッサージ、鎖骨下マッサージをご指導して続けて頂きました。


 身体の痛みはなくなり、今は漢方も変わりました。

 漢方と養生、よい組み合わせです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です