神秘湯~残っていた咳~

 暑い位のお天気でしたね。

 明治神宮に行ってきました。

 参集殿で、地球交響曲第八番のプレリュードを拝見してきました。第六番の上映と龍村監督のトーク。

 地球の息吹を感じるものでしたね。

 盛んに、目に見えないもののお話をされていました。


 さて漢方。

 漢方の先生の所へ、勉強に行った時、私自身を診て頂きました。

 たまたま、先生が間違えて私のお腹の上に漢方を置いたのです。その瞬間、私の身体がすっと楽になって、

「今の漢方何ですか?」

と伺ったところ、神秘湯(しんぴとう)でした。


 随分以前に引いた風邪の名残で、時々咳が出る、痰がからむというのがあったのですが、たいして気にはしていなかったのですが、その漢方で楽になりました。そこでほんの少しの間その漢方を飲んでみました。

 残っていた咳も消えました。

 

 本を見てみると、喘息や気管支炎のお薬でした。

 麻黄、杏仁、厚朴、陳皮、、甘草、柴胡、蘇葉

 理気薬が厚朴、陳皮、、蘇葉と3つも入っています。

 すっとしたのはそのせいかなと思いました。


 先生が間違えて載せて下さったお陰でとても楽になりました。

 漢方は本当に不思議です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です