自然治癒力

コンビニで帯津良一先生の「自然治癒力」(サプライズBOOK)という本を見つけ早速ゲットしました。

1章 自然治癒力は本来人間が持っている秘められた“力”

2章 心の持ち方しだいで難病も完治する

3章 ふだんの食事こそ自然治癒力を高める最高の特効薬

4章 呼吸法ひとつでストレスに負けないからだをつくれる

まさに天クリニックの診療の中で毎日お話していることが凝縮して書かれていました。

その中で「自然治癒力」についてはこう書かれています。

医者や薬が病気を治すのではなく、自然治癒力が治すのである

人間が持っている「秩序を整える力」

かの有名なアンドルー・ワイル博士は、「呼吸器系」や「消化器系」といった見える器官とは別に「治癒系」というものがあるはずだと主張しているそうです。

帯津先生はその治癒系が「からだの中の空間にある」とおっしゃています。先生は外科医でしたから手術をした時に腹膜を持ち上げるとその中には何もない。その空間に何かあるのではとおっしゃっています。

私達気診を学ぶ者にとって治癒系は身体のまわりに存在してることをご存じですね。別名オーラとも呼びます。身体のまわりの気が曇ったり晴れたり、つまりきれいに澄んでいる時は治癒力が発揮され、曇って淀んでいる時自然治癒力はうまく働かない。

だから天クリニックでは気診を使って気が調いクリアな状態になることをご指導しています。

気が調う養生法を行い

気が調う漢方薬を合わせて

気を乱してしまうサプリメントや食事は止めて頂き

感情で気が乱れないように平常心を保てるよう伴走する

天クリニックは「自然治癒力をアップさせるクリニック」だと改めて認識致しました!