身体はセンサー

天クリニックは気診+養生+漢方が基本診療ですが、お身体のケアを加えた方が改善が早いです。

そこで世界の伝統医療、自然療法の先生方にいらして頂いています。

患者さんからどの療法がいいですか?と尋ねられた時、患者さんと一緒に決めています。

本日の患者さんは気診を勉強中の方でしたので、一緒に気診で決めてみました。

IMG_2527

右側の手が私です。患者さんは自然療法の先生方の案内に指を置きながら気診していきます。自分に合った療法の所で胸鎖乳突筋は柔らかくなります。同時に私もどれが合うかわかります。

なぜその療法の内容がわからないのに身体は自分に合うものがわかるのでしょうか?身体は何かを捉えるセンサーを持っているのでしょうね。

漢方も療法も自分に合うもの、合わないものを選別する能力を人間の身体はもちあわせているようです。

その本能とも言うべき能力を最大限に引き出すこと、そうすれば身体はよくなる方向にいくと思っています。

これまで10数人この方法でやってみましたが、患者さんと私の意見が一致しなかったことはありません。

気診をまだ習ったことのない方は指をさして、体が心地よいものを感じて選んで頂いています。

世界の自然療法を受ける、受けないに関わらず、この選択は天クリニックにいらしている方には行いますのでよかったらお声掛け下さいね!

http://clinic.ama-jissen.com/staff.html