3年生 鍼灸クラス

熊本の地震に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。自然はたくさんの恵みも与えてくれますが、時に残酷な事態を起こします。早くおさまってくれることを祈ります。

昨日は3年生、本日は2年生と講座が続いく第三週の土日です。

鍼灸クラスは、鍼灸師さんが主なので実際の臨床で使える気診を目指します。まずは徹底的に「脈診」ができるようになります。

これは手を触れてするのではなく、離れた所から捉えていきます。

一番反応の強い所の経絡上の、さらにまた一番反応の強いツボを使うと少ないツボで効果的に身体全体が弛みます。

昨日は実際のツボも気診で探しました。驚いたことに1mmずれただけで気の異常は取りきれません。

鍼灸師さんは大変だなあと思いました!

気功で気を入れる場合にはそんなに厳密ではなく、大きくロート状に開いたツボにポンと気を入れるのでそれほどこだわることはありません。

鍼だとピンポイントを狙わないと理想の気の状態にはならないです。

気診のできる鍼灸師さんだと、身体のまわりの気(オーラ)まで調えることができるのでとっても軽くなるでしょうね!