異質な気

何度も見えている患者さん。

気がいつもと違う。

私の手にビリビリというか変な重さを感じる。

普通の気じゃないなあ~

気診の創始者、小田一先生の本には「異質な気」の存在について書いてある。

その方ご本人に由来するものではない。

(風邪を引いているとか、感情が乱れているとか・・・)

私たちの間では「頂きものをしちゃった」と言っている。

他の方からの気、意識、念である。

それがぶら下がるように、または覆いかぶさるようにくっついてしまう。

自分のエネルギーが十分あれば跳ね返せるが、療養中の方にはそれは難しい。

そこで気診の創始者、小田先生のお写真をしばらく持って頂いた。

だんだん身体が温かくなっていって抜けていった。

 

あの世にいらしても小田先生は人を救っておられる。

ますますご尊敬致しております。