風邪(ふうじゃ)を取る

今日は2年生2回目の東洋医学の気診講座。

「風邪(ふうじゃ)を取る」です!

気診ではとっても重要かつ永遠に付いてまわるテーマです。

風邪がうまく取れるかが、気診の結果を左右します。

風邪は24時間四六時中、くっついたり離れたり・・・。

まず風邪を捉える練習をします!

そして風邪を取る練習。

くっつくもの早いけど、軽ければ取るのも簡単。

顎マッサージ他養生法でもよく取れます。

 

せっかく取れた風邪もちょっとしたことでまたくっつきます。

「噛みしめ」もその原因のひとつです!

顎って本当に重要で全身の状態に関わっているんですね!!

ちょっと風邪っぽい気がしたら顎養生やってみてくださいね。