ある日の会話

2回目の患者さん。

私 「いかがですか?」

患者さん 「あまり変わってないです」

私 「そうですか・・・。では気をみてみますね」

患者さん 「はい」

私 「うーん、肩も軽くなっているし、顎の緊張も減ってますよ。首のあたりの緊張も取れていますね。

本当に変わってないですか?」

患者さん 「そういえば軽いです。歌の先生にも声がよく出るようになったと褒められました」

私 「そうですよね・・・(それってよくなったってことなんだけどなあ)」

 

悪くなった時も、良くなった時も身体の声に耳を傾けましょうね!

早めに気付くことがとっても大切です!!

そして改善しないところを数えるより、良くなった所を数える人の方が、どうも早くよくなるように思います。