氣の呼吸法

 茅ケ崎、江の島行きは、何となく最初から不思議の連続でした。当初決まっていた茅ケ崎行きに、翌日江の島が決まったという形で、何かあるのかなあと思っていました。


 茅ケ崎の友人宅にそんなわけで泊めて頂いたんですね。お父様が早くに亡くなっていました。色んなお話をしている中で、私が話すことがお父様が生前おっしゃっていたことと同じ!!と言われました。

「軸をぶらさない!」


 あーお父様が私を呼んだのね!と思うんですね!


 自分のやりたいことの中心は決めて、何をやるにもそこに立ちかえるようにしないと、自分が何をしているか、これから何をしたいかわからなくなってしまうからです。


 私にとってはそれが気診で何をするにも気をみて判断するようにしています。気が違うからそれはしないと言っていると、どんどん世界が狭くなってしまうので、気の状態をわかってかかわるようにしています。


 またまたびっくりしたことに、そこのおばあちゃまが、合気道で有名な藤平光一さんのいとこさんだったんです!!



 エノスパの松村先生は、合気柔術の師範でもあります。これは合気道の元だそうです。


 というわけでおばあちゃまから、藤平光一さんの本をお借りしてきました。


氣の呼吸法


 これを読んでまたびっくりひらめき電球


人間は天地自然と一体である。

リラックスこそが最強の状態である。

自然体が一番。


 気診にはぴったりの内容でした。

 いつも呼吸法はご自分のやりやすい方法でとお話していますが、気診推奨の呼吸法は、藤平先生の呼吸法にしたいと思います。


 必要な時に、必要なことは降ってくるんですね~音譜





 


 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です