1年経って

今日は東京暑い1日ですね。

私はというと、午後と夜と気診講座があって一歩も外に出られません。

帰りは21時過ぎだからたぶん涼しくなっているでしょうね。

 

さて先日ちょうど通院ちょうど1年の患者さんが見えました。

最初とっても強く噛みしめていて、何をやっても戻ってしまう。

愁訴もなかなか取れない。

取れたかと思うとまた復活。

そんなことを繰り返し1年。

ついに「楽になりました!抜けたみたいです」

という言葉を頂きました。

長いといっても1年。

実質通院回数は、最初月に1,2回、そのあとは徐々に延ばして2,3か月に1回ですから

トータルでも6回。

板のようにピンと緊張していたお身体がややふっくら張りのあるお身体に変化しています。

まるで一つ一つの縮んでいた細胞が息を吹き返し、ふっくら元に戻ったような感じです。

養生、漢方といった自然療法は、時間をかけて少しずつ変えていくのですね。

諦めずに気長に養生することがとても大切だと改めて思った次第です!