気のケアと体のケア

母のお供で茨城の一言主神社に行ってきました。

弟が生まれた時からというのでもう50年も毎年参拝しているそうねです。

私は約50年ぶり。

その時のエピソードを初めて聞いたのですが、祖母たちと一緒に参拝を終え、近くのラーメン屋さんに。余程美味しかったのでしょうか、どうしても持ち帰ると聞かずに、ラーメンの器ごと購入して帰ってきたそうです。

どうも私は子供の頃から言ったらきかない性格だったようです。器も譲って下さったラーメン屋さんに感謝です。

さて車の中で母が右肩が痛いというので、肩関節のツボに気を入れながらをさすっていました。毎日一応気は送っているのですが、痛いところがすべて取れるわけではありません。

しばらくさすっているとツボの反応がだいぶ和らいできました。

家に帰って夕飯後、

「肩の痛みが楽になったんだけど、どこをさすってくれたの?お父さんに教えて」

というわけで父にツボを教えました。

やはり気だけでよりも体へのアプローチを加えた方が効果は高いようですね。

 

ご自分に合う体のケアを時々でもされるとよいと思います!