悩み事

 気診が何をとらえているのか、つまり気が何かってことはまだ解明されていないのですが、身体のまわりに確かに何かがあるってことは、やればらるほど確信に至ります。


 気診をしていると、その人の気持ちや状況までもが捉えられてしまうことがあります。

 先日、研究会でいらしている方を気診すると


 頭の上に気の異常(雲のように浮いています)

 胸の真ん中に気の滞り

 右季肋部にやや硬さ


「お悩みがあるの??」

「なんでわかるんですか?」


養生して、考え事を置くと、頭の上の雲が消えるんですね。

また浮いてきたら手放して。


自分の考ええ方ひとつで、気の状態はよくなります。

心も体も気を巡らせて、健康体目指してください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です