三黄しゃ心湯~のぼせ~

 昨日は月が綺麗でしたね!中秋の名月と満月がいつも一致するわけではないと初めて知りました。今年は一致していたそうです。


 さていよいよ明日が世界気功フォーラムです。

 多くの方にご協力頂いて、英語バージョンと中国語バージョンのレジメも作って頂きました。22日にブースに置きます。

 何だかとっても楽しみです!


 さて漢方はまだ清熱剤です。身体に熱を持っているということはよくないってことですね。どうしても冷えている人が多いため、冷えにばかり目が行きますが、漢方にはどちらのお薬もあるんですね。


 三黄しゃ心湯(さんおうしゃしんとう)

 漢方製剤の本によれば、体格、体力ともに充実した人が、のぼせ気味で顔面紅潮し、便秘を訴えている場合に用いる。

 気分がイライラして落ち着かず、精神不安や不眠を訴える

 心窩部に違和感

 鼻出欠、下血など。貧血には用いない


 熱を持っているとのぼせ状態になるんですね。頭から湯気が出ているイメージですね。熱を下さないとイライラもしてくるんでしょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です