アツい大阪

大阪暑かったです!

新幹線を降りると東京と比較にならないくらい暑かったです。

そして講座も熱いです!

3回目にしてもう即戦力になりそうです。

今回は2年生「病態把握」と「病因」

気診をしていく上で一番大切な内容です!

まずは気の異常を捉えます。

空間の異常を捉えるときは、手の平をセンサーにします。

大雑把に頭の周辺、首から股関節まで、そして股関節から下。

これらを上から、天・人・地と呼んでいます。

次に細かいところを捉えていきます。

目、鼻、口、顎、首、胸・・・

その部分をイメージして、今度は指先をセンサーに使います。

イメージして、胸鎖乳突筋が硬くなったら、気の異常ありです。

特に強く硬くなるところが一番気の異常反応が強いところです。

 

鏡を前にして自分の気の異常を捉えていきます。

まずは自分を調えないと、他の人をみることはできません。

 

そして捉える範囲が重要です。

気診で捉える範囲は身体より離れた部分です。

身体に近い部分ではありません。

ここが捉えられるかどうか、それが気診ができるかどうかにかかっています。

人から人へ、伝授という形でそれは伝わっていきます。

アツい大阪講座に、明るい未来を感じて帰京致しました!

 

本日は東京台風。

患者さんはキャンセルで静かなクリニックです。

皆様どうぞお気をつけ下さい。