ISLIS学会報告

原村から山越えをして佐久市の春日温泉で開かれているISLISの学会に参加致しました。

こんな山道通って、たどり着くのかしら?とドキドキしながらの行程です。

今回は「癒しと不思議の科学」

様々な異業種の先生方の発表や症例報告、実技、実演が行われます。

和歌山の統合医療、西本クリニック院長、西本真司先生先生のお話だけ伺えました。

先生も何年か前に体調を崩して西洋医学ではどうにもならず、東洋医学や自然療法を色々されて今は元気になられたそうです。(私も8年前、体調を崩しほとんど実家で寝ていました。今より10kgも体重が少なかったです。先生の思いがよくわかります)

漢方や気功も取り入れて行っています。

先生のお話で、やはりお医者さん仲間には相手にされないとのこと。

道を外れたなと言われたそうです。

もっと広い目で色々な療法があることをみてほしいとおっしゃっていました。

西本先生もお医者さん仲間に理解されるかどうかより、患者さんがよくなるかどうかだけを考えて動いていらっしゃいます。

その西本先生にも気診を体験して頂きました。

すぐに胸鎖乳突筋が反応されました!

漢方やサプリの選択に是非使ってみてくださいとお願いしました。

体験者10名中半分くらいの方は胸鎖乳突筋が反応しましたね。

私が掴めば全員反応していましたが。

全く初めてにしては上出来かなと思います。

そして最後は楽医舞セラピーの朝日舞先生の「神舞」

写真を撮りたかったのですが、身体がしびれて動けなかったです。

舞先生の時はいつもそうなんですが、気持ち良い、心地よいしびれが全身にやってきます。

 

そんな感じで今年も国際生命情報科学会(ISLIS)の合宿が終わりました。

次回は2017年3月19日(土)20日(日)

「未知なる科学への挑戦」

東邦大学 医療センター大森病院にて行われます。

ご希望の方は是非ご参加下さい。(非会員前売り5000円)