○建中湯

 寒いですね!

 漢方をちゃんと飲み始めてから、3年を越えました。

 寒いんですけど、身体の中までは冷えない感覚です。

 冬にも夏にも強くなったように感じています。


 東洋医学の病因論(病気の原因)には外邪というのがあるんですね。

 これは寒・暑・湿・風・熱・燥です。

 こういったものの影響を受けて、病気になってしまうわけですね。

 ですから影響を受けない自分になることが大切なんです。

 養生、漢方などで身体を調えておくと、外邪にも強くなりますよ。


 さて今日の漢方は建中湯。

 これも最初のころに出てきました。

①小建中湯

 虚弱な人の腹痛。小児の夜尿症など。小児虚弱体質。

 お腹の中から元気にするのでしょうね。


②黄耆建中湯

 小建中湯に黄耆を加えたもの

 体力低下した人。とってもエネルギーがない人に最初に出る漢方ですね。


③大建中湯

 虚証の冷え性で、腸内にガスがたまり腹痛あり 腹部膨満感

 腸閉塞にも効果あり。


④当帰建中湯

 虚弱な婦人。貧血、冷え性、腹痛、月経痛

 胃腸虚弱で瘀血あり、腰痛あり(男女とも)


 以上4つがあります!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です