桂枝加竜骨牡蠣湯~神経過敏~

 昨日の「幸せ脳」の作り方。

 よかった、ありがとうと思うと、ドーパミンというホルモンが出るのだそうです。

 それが幸せと感じるホルモンですね。

 反射的に出るようになると、どんな時も幸せを思えるようになるのですね。それがさらに幸せを引き寄せるようになると思います。


 志賀先生


 さて本日の漢方は、桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

 体質虚弱、神経過敏、易疲労

 桂枝湯に竜骨、牡蠣を加えたもの。

 男性不妊症、脱毛症、動悸に用いるとあります。

 小児夜尿症にも用いるようですね。

 精神的な不安もありです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です