気診上達のコツ⑤ ~三昧~

釣り三昧とか温泉三昧・・・

三昧という言葉はそんな風に使いますね。

 

気診の師匠、小田一先生は、気診気功法の開発に夢中になっているときは、話しかけても聴こえないほど集中しておりました。

三昧とは

「心をひとつの対象に集中して動揺しない状態。雑念を去り没入することによって、対象が正しく捉えられる」

=デジタル大辞泉より=

 

小田一先生の凄いところは、その集中力だと思います。

そしてその集中力があったからこそ、「気診」は生まれたのだと思っています。

さらに小田先生は気診をされている時、とても楽しそうでした!

 

夢中になって気診をする、そして楽しむ心境にまでなると気診の進歩は早いと思います。

 

肩の力を抜いて(緊張していたら胸鎖乳突筋の変化がわかりにくいので)、楽しむ気持ちで気診をしてくださいね。

*********************

さて新製品のお知らせです!

難波先生の酸素オイルバランスセラピー、高濃度酸素オイルが入荷しました。

細胞を活性化し、疲労回復、組織修復を助けます。乳酸の蓄積による血行不良を改善します。

チャリティで受けた方に大人気だったオイルです!

 

 

もう一点

ふくらはぎサポーターのグラファイトシリカが入ったクリームです。

母の膝の痛みが1回で取れたと喜ばれました。

注文を受けてから仕入れますので、ご希望の方は受付まで!