認知症シンポジウムのお知らせ

ご興味ある方はどうぞ!

第10回シンポジウム「認知症と向き合う ~すこやかに老いるために~」
http://www.tr-networks.org/usr/NPO-usr-504-162.html

日時:2017年3月4日(土)13時~17時 (開場:12時15分)

場所:東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂(M&Dタワー2階)
(〒113-8510東京都文京区湯島1-5-45)

主催:特定非営利活動法人 健康医療開発機構
後援:、厚生労働省、 文部科学省(予定)経済産業省(予定)
特別協賛:鹿島建設株式会社  東日本旅客鉄道株式会社
協賛:株式会社アインホールディングス みらかホールディングス株式会社、星槎グループ(国際学園・世界こども財団)

入場無料:定員500名
参加対象:一般

================================
参加申し込み:http://www.tr-networks.org/usr/NPO-usr-504-162.html
よりお申込みください。

アクセス不可能な場合は、メールまたは電話にてお申込みください。
メール:sympo17@tr-networks.org
(お名前、ふりがな、ご所属等、連絡先(電話、メール等)を明記してください)
電話:(03)5795-0096
================================

懇親会:講演終了後に登壇者を交えて東京ガーデンパレスにて懇親会を予定しております。
お時間がございましたら是非ご参加ください。

日時:2017年3月4日(土)18時より
場所:東京ガーデンパレス(文京区湯島1-7-5)
会費:5000円

【プログラム】 全体進行 宮野悟(東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター教授、健康医療開発機構 理事、事務局長)

●第1部 科学の観点から/Science「認知症医療の現状と最先端の医療開発」 進行/岩坪威

基調講演1  「アルツハイマー病の分子病態と超早期治療に向けての研究開発」
岩坪威(東京大学大学院医学系研究科 脳神経医学専攻 神経病理学分野 教授、J-ADNII
主任研究者)

講演その1  「米国における認知症研究成果の社会還元と啓発活動」
井原涼子(東京大学医学部附属病院 早期、探索開発推進室、神経病理学 特任助教)

講演その2  「アルツハイマー病疾患修飾薬のグローバル研究開発の最新動向」
後藤太郎(日本イーライリリー株式会社 研究開発本部 精神神経疼痛領域 医学部長)

基調講演2  「認知症医療、ケアの現状と課題」
三村将(慶應義塾大学医学部精神神経科 教授)

●第2部 社会学的アプローチから/Society 「認知症と生きる」
講演とパネルディスカッション 進行/清水昭(葛西昌医会病院 院長)

講演その1 「認知症施策/最近の動向」(仮題)
新美芳樹(藤田保健衛生大学脳神経内科学 助教)

講演その2 「超高齢社会への対応ー生涯現役社会の構築を目指してー」
江崎禎英(経済産業省 商務情報政策局ヘルスケア産業課長)

講演その3 「認知症の患者さんとその家族をサポートする漢方」
渡辺賢治(慶應義塾大学環境情報学部、医学部兼担教授)

講演その4 「メディアからみた認知症」
飯田祐子(読売新聞東京本社社会保障部)

——————————————————————————