1年がかりで

昨年初めに初診の患者さん達、1年ちょっとが過ぎました。

最初は、何がどうしてこんなになってしまったの??というくらいの気の状態で日にちが経ってもなかなか変化しなかったり、少し良くなるとまた落ちてしまったりという繰り返し。

私でも本当によくなるのだろうか?と思うほどでした。

でも最初は2週間に1度、段々に1か月に1度と間をあけられるようになってきて1年。

1年前とは別人のような気の状態になりました。

何より少し落ちても自力で上がる力が付きました。

そんなに長いことダウンしていなくて済むようになりました。

 

実際には1歳年を取ったわけですから、更に悪化する可能性もあるのですが、良くなった、楽になった、元気になった、動けるようになった・・・ということはよくなったということですね!とお話しています。

気の異常が表面だけなら、2,3か月もすればよくなります。

気の異常が少し体の中まで入っていても数か月すればよくなります。

でも気の異常が奥まで入っていると、やはり時間はかかるようです。

気長に養生して、1枚ずつ剥いていく、そんな繰り返しがとっても大切なんだと思います。

 

気持ちを落とさず、前向きに、ちょっと楽しみつつ養生していくことがポイントだと思います!