巡るものがなければ

5月29日(月)~31日(水)は天クリニック内装工事のため休診となります。

お電話は繋がりますので何かありましたらご連絡下さいませ。

 

さて気の異常が浅い人と重い人、

重い人は中まで気の異常があるお話をしました。

そういう方はたいてい、気が足りなくなっているのです。

忙しすぎて気の不足=エネルギー不足=

使いすぎて足りない、

身体だけじゃなくて心も使いすぎるとエネルギー不足になります。

気は使いすぎると減ってしまいます。

だから一番初めにすること。

それは、“気を補う”ことです。

気が足りなければ、血も水も回りません。

気が主導的に血と水をめぐらせると古典にも書かれています。

 

気を補うのに一番よいのが漢方だと私は思っています。

もちろん呼吸や食事も重要ですが、落ちきってしまったら緊急事態なので引き上げる力のある漢方がよいと思っています。

もちろん合う漢方を選択しなければいけません。

そしてある程度気が充実し、血と水が巡り始めたら、身体への施術を開始します。

鍼灸やアロマなど様々な方法の中からお一人お一人に合うものを探します。

無いものは回せない、それが私の考え方です。

身体へのアプローチを加えれば、効率的に巡っていきます。

 

まずは漢方で巡るものを増やしてから、身体のケアで巡らせる、それが天クリニックの順番です。