お水を気診

今日も蒸していましたね。

天クリニックはきちんと入っていらした方が暑いと思われる温度です。

夏にきちんと汗をかかないと、秋から冬に身体の中の水毒が増えるように思われます。

さて先月お話したように、研究会でお水を気診致しました。

皆様にお持ち頂いたのでその数20種類くらい。

でもまだまだたくさんありますね。

でもその中で、気の反応のよくなったものは3,4種類です。

一番よかったのは

 

「観音温泉の水」(伊豆奥下田)

柔らかくて皆さん気が通りました。

 

次は「富山の水」

これはペットボトルでしたが富山ではこのお水が水道水として使われているそうです。

そして「ZEROを入れたお水」

これは合う人と合わない人がいました。

そして天クリニックで使用している「天然水スウィークレーのお水」もよかったですね。

 

日本人には軟水の方が合うようですね。

 

判断の基準は、気が頭から足まで通るかどうかで判断しました。

よいと判断されなかった水は、足の方に気の異常反応が出ました。

水は腎に関係するからかと思います。

 

身体の60~70%は水分です。

摂取する水は少しこだわるとよいでしょうね!

 

来月は今回の大阪行きで知ったお水の浄化ボトルも使って調べてみたいと思います。

 

またご報告致します!