五臓を元気に!~肺~

夏が終わり秋になると空気が乾燥してきます。

その燥に弱いのが「肺」です。

肺は大腸と陰陽の関係で、鼻、皮膚に繋がっています。

肺は呼吸器ですから、元気にする養生法は「呼吸」

そしてその前に、湯気を吸って潤してあげる方が呼吸がしやすくなります。

 

秋になってするよりは、日々温かいものを飲むときはまず「湯気を吸って下さい」とお話しています。

そして呼吸法。肺にとってだけでなく自律神経を調えることも、気を充実させることにとっても呼吸は大切です。

悲しみや憂いの感情とも関係があります。

胸が塞がる、胸が潰れる思いとか、まさにそのままを示しています。

 

肺を元気にする味は辛いもの、鼻を通してくれると覚えます。

香辛料をイメージするといいですね。

色は白。大根はピッタリです!

 

漢方の中でも、身体を乾かしてしまうものがありますから注意しましょう。

 

湯気&呼吸を毎日の養生に加えてくださいね!