五臓を元気に!~腎~

「五臓を元気に!」も最後の腎になりました。

この腎がとっても重要なんですね。

肝腎要の腎ですね!

エネルギーをまわす元です。

お年寄りだけでなく、小さなお子さんまで今は腎がエネルギーダウンしている方が多いです。

腎がダウンしていると、だるくて動けなくて身体が冷えて、水が回らないので乾きます。

 

腎が繋がっているのは、耳と骨。

ですが実は東洋医学でいうと、脳も髪も子宮や歯も腎に繋がっています。

さらに腰や膝も腎と関係しています。

つまり「老化」に関わるのです。

老化防止には「腎」が大切です。

 

冷えたり、甘い物を食べ過ぎたら腎がダウン致します。

 

普通は寒い冬にダウンするのですが、今時は冷房や冷たい物の影響で夏も「冷え注意!!」とよく言っています。

塩不足や、合わない塩も腎に影響を及ぼします。

 

では腎を元気にするものは、黒いものと鹹(かん)-塩からいものです。

塩は適度に必要ですね。

薄すぎると思われる方も元気がないですね。

 

原村でブルーベリー狩りをしてきましたが、ブルーベリーも腎、脾、肺に帰経しています。(帰経ーそこを流れて元気にするという意味)

血行改善、抗酸化作用、老化防止、、眼精疲労やドライアイ、かすみ目などに効果ありです。

主な栄養素はアントシアニン、カテキン、食物繊維、ビタミンE

 

原村にお越しの際は是非ブルーベリー狩りもいらしてください。

8月からはブラックベリー(これが一番私には美味しかったです!)

カシスやシーベリーもありました!

30種類ものベリーの畑で美味しく楽しい時間でした。

 

黒くなる前のブラックベリー