恐れの感情

「五臓を元気に!」でお伝えしたいのですが、東洋医学では臓腑と感情は関連があります。

感情に巻き込まれていると、残念ながら何をしてもすぐに気は乱れてしまいます。

 

ですから、私は口を酸っぱくして、

「まず現状を受け入れてください」

「その上で何ができるか、何をしたらよいかです」

「過去を後悔せず、今できることをしましょう」

「あれこれ思っても、良い方向には変わりません」

「ご自分の感情でご自分を傷つけないでください」

 

そんお話を致します。

さらにどの漢方が合うかで、どんな感情で気が乱れているかわかります。

とっても不思議です!

「肝」であれば怒り、抑肝散とか抑肝散加陳皮半夏が合います。

「腎」であれば恐れ、六味丸や八味丸が合います。

 

いつも漢方で感情の判断をしています!