覚醒医療シンポジウムご報告(1)

8月12日シンポジウム無事済みました!

お盆休みの中ご参加下さいました皆様ありがとうございました!

200名の定員に174名のご参加、盛会でした。

何よりすべての先生方のお話がどこかで繋がっていて、方向性が一緒なのだということを改めて感じることができました。

これから更に進めて、現実の世界に「自然治癒力をアップする」「魂の癒し」「エネルギーの医療」を広めていく必要性を強く感じました。

 

まずは玉祇沙羅さんの舞

また沙羅さんに出会いました。

とても気持ち良い気を感じました!

 

そして大会会長で帯津三敬病院名誉院長の帯津良一先生。

 

今までは身体の中を巡る気について意識をされていたのが、さらに広く魂の医療を考えておられるとのこと。大ホリスティック時代とおっしゃっていました。

とても不思議なのが、帯津先生と気診の創始者小田一先生はとても対照的なのですが、お二人共参考にされる本がが「ベルグソン」とおっしゃる。

やはりどこかで繋がってると私は密かに思っています。

気の質も異なり、東大と京大、帯津先生はお話が得意で、小田先生は不得意?

更なるステージを目指される帯津先生でした!

 

次は池川クリニック院長の池川明先生。

 

いつも楽しくわかりやすくお話してくださいます。

魂はどこに?

輪廻転生についての考察です。

明るく楽しくお話されるのがいつもいいなあと思います。

見えないことで証明できないことでわからないことなので。

 

一緒にいるだけで元気になると思います。

それってとても大切なことなのです!

 

続いてイーハトーヴクリニック院長の萩原優先生。

先生は本当に優しさが溢れていらっしゃいます。

気持ちの部分がとても大切なんですね。

お話を聴く、それだけでも人は癒されます。

その部分の医療がこれからますます大切になることと思います。

 

どの先生のお話もとても興味深く、勉強になりました!

 

(つづく)