覚醒医療シンポジウムご報告(2)

続いて登場されたのは映画監督で俳優,声優もされているスペシャルゲストの白鳥哲さん。

以前にもお話を伺ったことがありますが、今回更にパワーアップされていました。

今エドガーケーシー療法を取材して映画にしていらっしゃいます。

ご自身も脳腫瘍が消えた体験を踏まえてのお話は迫力がありました。

映画「リーディング」 来年あたり公開になるようで楽しみです。

 

もうお一方のスペシャルゲスト、光田秀さん。

日本エドガー・ケーシーセンター会長。

エドガー・ケーシーが残した資料を現在翻訳中で近々出版されます。

エドガー・ケーシーというと未来の予言のイメージがありますが、実は病気を治す方法を数多く残されているそうです。

それらは現在にも通じるものもあるようです。

本の出版が楽しみです!

 

そして天クリニックでもお世話になっている朝日舞先生の「カルマ焼きーファイヤーセラピー」

中国から日本でただお一人、伝授された朝日先生

黄帝内経の秘宝と言われる「火の療法」は見たこともないこともありビックリされた方が多かったです。

中国での症例が数多く紹介されていました。

 

最後に私の登場。

今回ほど緊張したのは久々でした。

後からなぜだろうと考えてみたら、約15年の私の思いをこの30分で話そうと思ったからでした。

「覚醒」つまり「目覚めること」「気づくこと」がこの会のテーマです。

 

以下のことを一人でも多くの皆様に私が知りえたことをお伝えしたいと思っていました。

 

◎見える身体の周りに目に見えない気の身体があること

◎気を調整すると身体の調子もよくなること

◎その気を捉え判断することができる

そしてそれは訓練すればどなたでもできるようになる

◎噛みしめが全身に影響している

まず噛みしめを改善することが大切

◎漢方が気で合わせるととても効果がある

◎玄米信仰があるが、状況によってはマイナスに働く

◎養生が大事!

◎人間の身体には治す力がある、そしてその力で常識では考えられない治癒力を発揮し病を治すことができる。

◎気が調うことが自然治癒力をアップすることだと思う。

◎気は外からの刺激、自分の感情や考え方でも変化する

 

今の常識ではないことも次々お話させて頂きました。

症例とその患者さんのお手紙も読ませて頂き、皆さんにより身近に伝わるように致しました。

 

でもすぐに常識が変わるとは思っていません。

まだまだ時間がかかるかもしれません。

でもそのことに気づく人がある人数に達すると、意識が変わるのです。

今私の行っていることが当たり前の世界になっていくのです。

 

30分という短い時間にすべてお話致しました。

これからは、現実の世界に見える形で今回のような医療を実現できる場所を作っていくことが必要となります。(天クリニックはそうですが)

そしてそのことが検証されてようやく、気の医療が標準となり自然治癒力をアップする医療が実現していくことと思います。

まだまだ長い道のり、一歩ずつ進んでいきたいと思います。

 

以上ご報告でした!

 

明日から大阪講座行ってきます。